Seeing Christ Through the Life of David

ダウンロード
ダビデの生涯を通してキリストを理解する
20171119message.pdf
PDFファイル 261.1 KB

English Service on November 19

Messenger: Pastor Jim Allison

Bible passage: Matthew 21:9-11 

Title: “Seeing Christ Through the Life of David”

 

We are continuing in a series of messages about Old Testament characters whose lives are shadows of the coming Christ.  We call them types, meaning that certain things about the form or nature of their lives show us key things about the life of Christ.  In the Bible, God uses these people to prepare the world’s people for the coming of His Son, Jesus.  If you have listened carefully as we’ve learned about Adam, Abraham, Isaac, Joseph, and Moses, you are probably seeing a pattern forming.  In many cases, these people are (a) prophets, (b) priests, and (c) kings of various types.  These are the key roles that Christians have understood Christ to play.  Jesus appears in each of these roles in the short Matthew 21 story we just now heard.  Looking at Jesus through these three lenses again today will help us see not only David but Jesus Christ more clearly.  We can meet Him in the life of David.  In that way we can understand some essential things about the heart of God and what has been important to Him in every age and culture and individual’s life.

 

Of course this does not mean that in the Bible David is like Christ in every way.  No, Jesus does not kill anyone, as David kills the giant Goliath.  Jesus does not lie to a priest as David does in I Samuel 21.  Christ does not pretend to be insane, as David does in that same chapter.  He does not commit adultery or try to cover up that sin by having his partner’s husband killed, though David does.  So, as with every human, the great part of David’s story is not David but the God who loves Him and uses him for some remarkably good things, despite his weak and bad points.  

 

First, in the Bible David is a prophet.  That is, he receives the word of God and tells it to people.  He handles special messages from God.  They may be, for example, warnings about things to do or avoid doing, or predictions of things that will happen many years in the future.  At the end of his life, David looks back and says, “The Spirit of the Lord spoke through me. I spoke his word with my tongue” (II Samuel 23:2).  

 

David is a poet and a musician.  When he is a young man serving King Saul, he plays music when the King feels bad, and it lifts his spirits and helps him feel better (I Samuel 16:23).  David often writes the word of God as lyrics of songs, and many of them are there today in the Book of Psalms.    

 

You may recall during the Easter season this year when we began this journey of looking back into the Old Testament to find the risen Christ.  Remember that the Bible tells us His disciples do this when He comes back to life.  In this process, they realize that they have not yet even come close to understanding fully the Jesus of Nazareth they have been with for about three years.  For example, as we learned, when they look into Psalms 22 and 69, both written by David, they find remarkably clear images of the events of Christ’s death on the cross.  

 

(a) Of course there are the words of 22:1, which Jesus quotes, “My God, 

my God, why have you deserted me?”  (b) Verse 7 describes people laughing at, shouting at, and making fun of “me” (David, Christ).  Verse 8 continues, “They say, ‘He trusts in the Lord. Let the LORD help him. If the LORD is pleased with him, let him save him.’”  When we get to the New Testament, Luke 23:35 tells that when Jesus is on the cross, “The people stood there watching. The rulers even made fun of Jesus. They said, ‘He saved others. Let him save himself if he is the Christ of God, the Chosen One.’”  (c) In Psalm 22:15 David writes that his mouth is so dry, his tongue sticks to the roof of it.  Psalm 69:3 has very similar words.  Then in 69:21 he says that his enemies give him vinegar to drink when he is thirsty.  Very similar things happen at the death of Christ many years later.  There we see Jesus suffering with thirst in John 19:28 and being offered vinegar to satisfy that thirst in Luke 23:36.  (d) Psalm 22:16 says people pierce “my” hands and feet.  Jesus is nailed to the cross (which means His hands and feet are pierced) in Luke 23:33.  (e) In Psalm 22:18 they gamble for “my” clothes and divide them.  Soldiers likewise gamble for Jesus’ clothes in Luke 23:34.

 

Luke in Acts 2:30-32 looks back on David’s life and tells us more about it and His promise, given by God, that the Christ, or Messiah, will come.  He says:

 

But David was a prophet. He knew that God had made a promise to him. He had taken an oath that someone in David's family line would be king after him. David saw what was ahead. So he spoke about the Christ rising from the dead. He said that the Christ would not be left in the grave. His body wouldn't rot in the ground. God has raised this same Jesus back to life. We are all witnesses of this.      

 

When Christ does come, as David has prophesied, He also gives the word of God in prophecy to people.  For example, in Matthew 24:1-2, soon before dying in Jerusalem, . . . 

 

Jesus left the temple. He was walking away when his disciples came up to him. They wanted to call his attention to the temple buildings. “Do you see all these things?” Jesus asked. “What I'm about to tell you is true. Not one stone here will be left on top of another. Every stone will be thrown down.”

 

History tells us that in A.D. 70, Jerusalem was attacked by the Romans and the Temple destroyed.  It is as Jesus has predicted.

 

So David and Christ are prophets, but why is this important to us?  Why does God choose to tell us this among all the things He could teach us?  

 

Surely it is at least in part because we need to know that there is a sure word, a reliable word, a word we can always trust as true.  Especially as people living in the Information Age, we are constantly receiving many words.  A flood of them comes into my e-mail box every day—far more than I could ever read carefully or understand, much less need or want.  But even when we are drowning in words, we often don’t have the right word, a true word.  It is difficult to know which ones we can believe.  Even the news seems often to be more a stream of arguments and opinions and sales pitches than clear, objective truth.  Sometimes it is even fake news.  That leaves me feeling pretty lonely and unsure and unfulfilled, even afraid sometimes.  I need a reliable word, a healing word, a hopeful word, a loving word.  Do you feel that, too?  

 

God lives above all the confusion and dishonesty of our world.  And in His love and wisdom, He chooses to come into our world and speak to us.  From long before it happens, He makes a promise, and He keeps it.  That is a basic theme of God’s word, the Bible, from start to finish.  The natural world He made is like that, too.  It works in reliable, predictable, repeatable ways.  They are His rules, and He can make exceptions if He chooses.  We call those miracles.  But normally He chooses to make things work systematically, rationally, in ways that make sense if we learn about them carefully.  Scientists learn to test nature, prove it, and rely on that knowledge to learn other things.  As Keisuke-san told us last week, they may for example use understanding of the way it works to make a useful product like a yoghurt container cover.  David points to Christ, Christ points to God, and God is the God who gives us His word.  For that we are here to praise Him today.  Lord, help us to listen and live by the truth and the power of your word.

 

Second, David is a priest.  This is probably not the role he plays the most.  More than doing the daily routine work of a priest, he serves as the head of the priests, directing and ordering them.  But he also does some certain, important things as a person who stands between God and people and works to bring them together.  

 

In one case he leads the ceremony held when the ark of the covenant is brought to Jerusalem.  This ark is the box with the 10 Commandments inside it.  It is a symbol of God’s special relationship with His people, the promise by which they are to live in a deep, unbreakable relationship with each other.  Jerusalem (Zion, or Mt. Moriah) is the place God chooses to make His special home, where the Temple will be.  David makes a set place for the worship of God.  So the ceremony to bring the stone tablets with the basis for the Law of God on them to this place has great meaning.  You can read how David leads in this in II Samuel 6 and I Chronicles 15.  It describes, for example, the animal sacrifices in the ceremony.  Then it says, “After David finished sacrificing those offerings, he blessed the people in the name of the Lord” (I Chronicles 16:2).  

 

David’s work here links closely with Christ’s.  Jesus not only loves Jerusalem in a special way, as God’s home.  After He returns from earth to heaven, He also sends His Spirit, to make each believer’s heart into God’s home.  In that way, each believer’s body becomes what the Bible calls “God’s temple” (I Corinthians 3:16-17). 

 

There is another way that David, as a priest, leads people in the worship of God.  It is through the songs he writes, which I mentioned before.  On the day of the ceremony in Jerusalem we just noted, the story continues (I Chronicles 16:7-11):

 

That day was the first time David gave Asaph and his helpers this psalm of thanks to the Lord. Give thanks to the Lord. Worship him. Tell the nations what he has done. Sing to him. Sing praise to him. Tell about all of the wonderful things he has done. Praise him, because his name is holy. Let the hearts of those who trust in the LORD be glad. Look to the LORD and to his strength. Always look to him. 

            

Jesus is like David in that way.  The overarching purpose of His life is to lead people to the worship of God.  When we are rightly related to God, our Father, we will naturally worship.  Thanks and praise will come from our hearts when we see clearly who He is and how He works in our individual lives and throughout our world.  He is the fountain from which truth and beauty and goodness spring.  

 

The fact that we often don’t worship, at least from our hearts, shows that we cannot see God’s work or appreciate it properly.  It’s like I have mud on my glasses, or the wrong lenses, or eyes that are too damaged to see well with any lenses, or someone tricking me into thinking I am seeing something I am not, or all these problems happening at the same time!  Jesus came into this world to live and die for us because we need Him to help us see God rightly.  And God is too good to miss, Jesus knew.  To Him, showing us the way to truly see God and worship Him was even worth dying for.  He’s that good.  That is why, in Luke 19:40, when some people try to stop others from worshiping as Jesus enters Jerusalem on a donkey, He says, “I tell you . . . if they keep quiet, the stones will cry out.”  God, help us to see you, know you, love you, and as a result worship you from hearts full of awe and joy and thanksgiving.

 

Third, David is a king.  This means a number of things, and I don’t think we’ll have time to see them all today.  Also, they appear in the Bible’s Christmas story at various points, so I’ll save part of this as a Christmas gift for you next month.  But let’s see some main things today.  

 

For one, being a king means David is a shepherd over God’s people, Israel.  When he is growing up, his job is literally being a shepherd, and like Joseph and Moses, this gives him some good training for later leadership.  

 

Jesus says, “I am the good shepherd. The good shepherd gives his life for the sheep” (John 10:11) and “I know my sheep, and my sheep know me” (John 10:14).  

 

We read about this shepherd-sheep relationship often in the Bible, but what does it mean?  Ezekiel 34 and 37 give us perhaps the clearest understanding.  God is angry with the leaders of His people, Israel.  His harsh words seem to apply especially to the spiritual leaders, people we would call pastors in our Christian community.  (These are scary words for me to read as one of Open Door’s pastors!)  

 

God goes down the list of bad things the so-called shepherds are doing, or failing to do.  (a) They are taking care of themselves and not the sheep (v. 2).  They get things from the sheep (for example butter, wool, mutton), but they don’t give the flocks what they need (v. 3).  (b) They don’t strengthen the weaker sheep.  They don’t heal them or bandage their wounds (v. 4).  (c) They don’t search for and bring back the ones who get lost (vv. 4-8).

 

He also says what good shepherds do.  They look after the sheep and search for them when they are lost (v. 11).  They save them (v. 12) and bring them out of the places they have strayed into and gather them into their own land (v. 13).  They let the sheep eat and lie down to rest (vv. 13-14).  They bandage the ones that are hurt and strengthen the weaker ones (v. 16).  They judge fairly between one sheep and another (v. 17).  They keep some sheep from bullying or mistreating the others (vv. 18-22).

 

God promises to take out these bad shepherds and send a good one in their place.  He says in vv. 23-24:

 

I will place one shepherd over them. He will belong to the family line of my servant David. He will take good care of them. He will look after them. He will be their shepherd. I am the Lord. I will be their God. And my servant from David's line will be prince among them. I have spoken. I am the Lord.

    

God has done a similar thing in choosing David as King of Israel to replace King Saul, who did not obey God’s teachings.  In a larger sense, God decides to do the same type of thing in sending Jesus to lead His people.  They will then be under the control of a reliable, wise, and strong leader.

 

The Lord in Ezekiel 37:24-25 continues His promise about this great ruler who is to come.  

 

A man who belongs to the family line of my servant David will be their king. All of them will have one shepherd. They will follow my laws. And they will be careful to keep my rules. They will live in the land I gave to my servant Jacob. That is where your people lived long ago. They, their children, their children's children, and their children after them will live there forever. And my servant from David's line will be their prince forever.

 

That is good news, isn’t it.  When we have Jesus as our prophet, priest, and king, we can live with real hope.  When the flood of words we receive each day are not enough to lead us to the truth, Christ brings us a word from our all-knowing and unchanging God.  When human leaders, whether in the church or other parts of society, do not provide the kind of leadership we truly need, Jesus continues to serve as our priest and king.  Let’s hold tightly to His hand as He leads us through the challenging and uncertain times we are in today.  Let’s pray.

 

Father in heaven, thank you for always being adequate for every need we have.  In your wisdom, you prepared the world for many years through David and others, then sent us your one and only Son, Jesus, as our prophet, priest, and king.  Help us to understand Him more fully in each of these ways.  In this way, lead us to know, love, and serve you more faithfully each day.  In Christ’s name, amen.

 

Reference

 

Batzig, N. T. (Feb. 18, 2014). Jonathan Edwards on David As a Type of Christ. Feeding on Christ. Retrieved November 10, 2017 from http://feedingonchrist.com/jonathan-edwards-on-david-as-a-type-of- christ/

 

 

マタイによる福音書  21章9節〜11節

 

                        ダビデの生涯を通してキリストを理解する

 

  今日も引き続き、その生涯がやがて来られるキリストの影となっている旧約聖書の登場人物について、メッセージをしたいと思います。彼らをタイプと呼びましょう。その意味するところは、彼らの人生の形や性質、それらの幾つかが、キリストの生涯の主要な出来事を示しているというからです。聖書には、世の人々に、神様の一人子イエスの到来について備えるため、神様がこれらの人々を使っていることが書いてあります。これまで、アダム、アブラハム、イサク、ヨセフ、そしてモーセの生涯を通して学んできたことを注意深く見ていると、多分、あるパターンがあることに気がつきます。多くの場合、これらの人々は、(a)預言者 (b)祭司 (c)様々なタイプの王 です。 これらは、クリスチャンがキリストを理解するために重要なものです。

  私達が今聞きました、マタイによる福音書21章という短い話の中で、イエスは、これらの各々の役割として現れます。

  今日、イエスをこれら三つのレンズを通して見ることは、ダビデを理解することだけではなく、イエスをよりしっかりと理解する助けになります。

  ダビデの生涯を通してイエスと出会えるのです。このようにして、私達は、神様の御心についてのいくつかの重要な事象と全ての年代や文化、また個人の人生において、神様にとって何が大事なことかを理解することができるのです。

 

  もちろん、これは聖書において、ダビデとキリストが全てにおいて同様であるということではありません。イエスは誰も殺していませんが、ダビデはゴリアテを殺しました。イエスは祭司に嘘をついていませんが、ダビデは第1サムエル記21章でそうしています。キリストは正気を失った振りをしていませんが、ダビデは同じ章でそうしています。

  ダビデは不倫をし、それを隠すために不倫相手の夫を殺させていますが、キリストはそのようなことはしていません。

  他の全ての人間と同じように、ダビデの物語の偉大な部分はダビデ自身の故ではなく、その弱さや悪にも関わらず、彼を愛し、驚くべき良い事のために彼を用いた神様によるものです。

 

   まずはじめに、聖書の中のダビデは預言者です。彼は神様の言葉を受け取って人々に話します。

 神様の特別なメッセージを取り扱うのです。例えば、これから行う事についての警告や回避、または、数年後の未来に起こる事柄の予測です。(事前告知)生涯の終わりにダビデは振り返り、

 「主の霊はわたしの内に語り、主の言葉はわたしの舌の上にある。」と言っています。

 

   ダビデは詩人でありミュージシャンです。若い日にサウル王に仕えていた時、王の気持ちが沈んでいる時には音楽を奏でました。そのことで王の心は引き上げられ、慰められました。(第1サムエル記16章23節) ダビデはしばしば神様の言葉を歌詞にし、その多くは詩篇に収められています。

 

   今年のイースター時期に旧約聖書から復活のキリストを見出すというメッセージを始めました。覚えていますか? キリストの弟子達がキリストが復活した時、同じことをしたと聖書が教えていることを思い出してください。この過程において、弟子達は、3年もの間、キリストと共にいたにもかかわらず、ナザレのイエスの完全な理解に近づいてさえいなかったと悟るのです。例えば私達が学んだように、弟子達がダビデが書いた詩篇22編と69編を見る時に、そこには、キリストの十字架上の死について驚くべき明確なイメージを見つけるといった具合です。

 (a) これらは、まずイエスが22編1節で引用した「我が神、我が神、何故私をお見捨てになるのですか」や7節で人々が嘲笑し、罵声を浴びせ、「わたし(ダビデ、そしてイエス)を馬鹿にする様子が書かれています。8節では引き続き、「主に頼んで助けてもらうと良い。主が喜ばれるなら救ってもらえ。」と。新訳聖書のルカ伝23章35節で、イエスが十字架に架けられている時、「民衆は立って見つめていた。指導者達も嘲笑って言った「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら自分も救うが良い」(c)詩篇22編15節でダビデは「口は渇き、舌は上顎に張り付く」と書いています。詩篇69編3節では非常に似た言葉で書かれています。69編21節で、ダビデは、彼が渇く時、敵は酢を彼に与えると書いています。 非常に似た出来事がキリストの死の際に起こっています。イエスが渇かれた時(ヨハネ23章36節)に、それを癒すため酢が与えられました(ルカ23章36節)。 (d)詩篇22編16節では、人々は“私”の手足を槍で突き刺したとあり、ルカ23章18節は、イエスが十字架上で釘付けされた(イエスの両手、両足は突き刺された)とあります。(e)詩篇22編18節で彼らは“私”の衣を賭けて分けたとあり、ルカ23章34節で、兵士たちは同じようにイエスの衣を賭けたとあります。

  

   使徒の働き2章30〜32節においてルカは、ダビデの生涯を振り返り、私達により多くの事を語り、また、神様から与えられたイエスの約束、すなわち、メシアであるキリストがやがて来られると言っています。

 

   しかしダビデは預言者でした。ダビデは神様がキリストについて約束したことを知っていたのです。ダビデは、後の自分の家系の誰かが王になることについて誓約しています。

  ダビデは後に起こることを見たのです。それで、キリストが死から復活することを語りました。また、キリストは墓の中で置き去りにされないで、その身体は地中で朽ちることなく、神様が、イエスを起こして再び命をお与えになりました。

私達はその全ての証人です。

 ダビデが預言したとおりキリストがこの世に来られた時、キリストは、神様の言葉を預言として人々に与えます。マタイ24章1〜2節、エルサレムで死なれる直前で、イエスが神殿を離れ歩き去る時に弟子達は神殿の建物についてイエスの注意を引きたかったのです。イエスは彼らに「これら全ての物が見えますか?」と聞かれ、「私がこれからあなた方に話すことは真実です。ここにある一つの石も他の石の上に残ることはなく、全ての石は崩されます。」と言われます。

  歴史は紀元後70年にエルサレムがローマから攻撃され神殿が破壊されることを私達に教えています。このことはイエスが預言していたことです。

 

  ダビデとイエスは預言者です。では何故このことが私達にとって重要なのでしょう。神様は、何故教えるべき多くの事柄の中から、とりわけこのことを選んで私達に語っておられるのでしょう?その理由の確かな一つは、私達が、確かな信頼できる言葉、すなわち私達がいつでも真実であると信頼できる言葉があると私達自身が知る必要があるからです。

  特に、情報化の時代に生活する者にとってはそうなのです。私達は常に多くの言葉を受け取っています。私のメールボックスには、私が注意して読み理解できるよりももっと多くの、さらには、不必要で望んでもいない情報が洪水のように来ます。私達が溺れるほど洪水のような情報を得ていた時でも、正しい(その場に相応しい)言葉、真実の言葉を得ているわけではないのです。

 どの言葉を私達が信じるべきかを知ることは困難なのです。ニュースでさえも、明確で客観的な事実というより、議論や意見を溢れさせるものや売り込みに過ぎないと思えるものもあるのです。 時には偽りのニュースもあります。結果として私はとても寂しくまた不確かで満足できなく、時には恐れさえ感じます。私は、信頼できる、癒してくれる、希望を持てる、愛に溢れた言葉が必要です。あなたもそう思いませんか?

  

  神様は私達の世界の全ての混乱と不正直、これらに優って生きているお方です。そして神様の愛と知恵によって神様自身が私達の世界に来て語って下さるという選択をされました。それが起きるはるか以前から、神様はそれを約束し、その約束を守っています。

  このことが、神様の言葉、すなわち聖書の始めから終わりまでの基本的なテーマです。

 神様が創造した自然世界もこのようなものです。そこには信頼と予測通りであること、反復性といった法則があります。これらは神様の決まりごとであり、神様が望めば神様は例外を作ることもできます。それは奇跡と呼ばれます。しかし通常、神様は、私達が注意深く学べば納得できるような、一貫した道理にかなう方法を選ばれるのです。科学者は自然(法則)を実験し、これを学び、証明し、そして得た知識を他のことを学ぶために信じて使います。

 啓輔君が先週話してくれたように、科学者は物の仕組みを理解することによって、使いやすい製品を作るのです。ヨーグルトの箱の蓋のように。

 ダビデはキリストを指し示し、キリストは神様を指し示し、そして神様は神様の言葉を私達に与えて下さいます。ですから、私達は今日ここで神様を賛美します。主よ、私達が、真実で力強い神様の言葉を聞いて、生きることができるように助けてください。

 

  第二に、ダビデは祭司です。多分、ダビデが果たした役割で最大なものではなかったでしょう。祭司として日常業務をするというより、ダビデは祭司に指導し命令する、祭司長として働きます。ですが、神様と人間の間に立って、とりなすといった、ある種、重要な仕事は自身が担当します。

 ダビデが祭司として儀式を執り行った例として、エルサレムに契約の箱が運び込まれた際に行われたものがあります。この契約の箱には十戒が納められていました。これは民と神様との特別な関係のシンボルであり、民がお互いに破ることのできない深い関係で生きるための約束です。エルサレム(シオン、モリヤ山)神様の特別な家を作るために神様がお選びになりました。そこには神殿が建てられるのです。ダビデは神様を礼拝する場所を設定しました。なので、神様の律法に則ってこの場所に石片を運ぶための儀式は重要な意味を持つのです。第2サムエル記6章、歴代誌上15章に、ダビデがどのように儀式を行ったかを読むことができます。例えば、動物を生け贄にすることは、「ダビデがこれらの捧げものを生け贄として捧げ終わると、彼は主の御名によって民を祝福した」(歴代誌上16章2節)

 

 ダビデのここでの働きはキリストの働きと密接に関係しています。イエスはエルサレムを霊的な意味で愛しておられただけではなく、神様の家としても愛されていたのです。イエスが地上から天に帰られた後に、信じる者一人ひとりの心に神様の家をつくるため、ご自分の霊を送りました。このようにして信ずる者一人ひとりの身体は聖書で言う「神様の神殿」となります。(第1コリント3章16、17節)

  

 ダビデが祭司として、神様を礼拝するため人々を指導するときに使った他の方法があります。前に言いましたが、それは彼が書いた歌によってです。エルサレムでの儀式の日のことで、以下のようです。(歴代誌上16章7〜11節)

  「ダビデはその日その時、初めてアサフとその助手達に、主に感謝を捧げる詞を与えた。主に感謝し礼拝せよ。神が為された偉大な御業を国々に伝えよ。主に向かって歌いほめたたえよ。主の素晴らしい御業を民に告げよ。主をほめたたえよ。主の御名は清いからだ。主に信頼する者の心よ喜べ。主と主の力を尋ね求めよ。絶えず主を求めよ。」

 

  イエスも、この手段、方法によって見られるダビデのようです。 イエスの生涯の包括的な目的は、神様を礼拝するよう民を導くことです。私達が正しく父なる神様と連なっている時、礼拝することは自然なこと(当然なこと)です。私達が神様がどんなお方かはっきりと理解し、私達の世界において私達個人の人生に神様がどのように働かれるのかを理解すると、感謝と賛美が私達の心の中から出てくるのです。神様は真実、美しい、良いことが湧き出る泉です。

  私達には、時々神様を心から礼拝できないという事実があります。それは、私達が神様の働きを見ることができなくなった、ちゃんと感謝できなくなったということです。ちょうどメガネに泥が付いているような、または度の合わないレンズが付いているような、又は、どんなレンズを通してもよく見ないくらい、目がダメージを受けたような、誰かが、私が実際には見ていないものを見るように騙しているとか、これら全てのことが同時に起きてしまったかのようなものです。

 イエスは私達のために、この世に生きて、死ぬために来られました。それは、私達が神様を正しく見ることを助けて下さるイエスを私達が必要としているからです。神様は私達にとってなくてはならないお方(見逃すに惜しい方)であることをイエスは知っておられました。

  イエスにとっては、真に神様を見て礼拝することを私達に示すためには、死ぬことさえ価値があることでした。それほどにイエスは良いお方なのです。だからこそ、ルカ19章40節で、イエスがロバに乗ってエルサレムに入った時、礼拝する民を止めようとした者に、「あなた方に言います。彼らが黙っていれば、石が叫び出すだろう。」と言ったのです。

  神様、あなたを正しく見るため、そして知るため、愛するため、おそれと喜びと感謝を持って心から礼拝できるように助けてください。

  

  第三に、ダビデは王様でした。これは多くのことを意味しますが、その全てを今日見ていくには時間が足りません。これらの多くはクリスマスの物語にでてきます。で、この部分についてはクリスマスプレゼントとして来月まで取っておきたいと思います。今日はその少しの重要な部分を見ていきましょう。

  一つには、ダビデにとって王であるという事は、神様の民イスラエル人の羊飼いであるという事です。ダビデが成長する過程において彼は実際に羊飼いでした。ヨセフやモーセと同じように、後に指導する力を得るための良い訓練となったのです。イエスは言われました。「私は良い羊飼いです。良い羊飼いは羊のために命を与えます(ヨハネ10章11節)」「私は私の羊を知ってお、私の羊も私を知っています(ヨハネ10章14節)」

  私達は、この羊飼いと羊の関係について聖書で読むことができますが、それはどういう意味でしょう? エゼキエル書34章と37章がおそらく一番わかりやすい説明だと思います。

  神様はその民イスラエルのリーダー達に対して怒っていました。神様の厳しい辛辣な言葉が特に霊的な指導者(今日のクリスチャンの世界では牧師)に対するものです。(これらの言葉はオープンドアの牧師の一人である私にとって、読むのが怖いものですが)。

  神様は、いわゆる羊飼いのすべき事、すべきでない事について、その悪い例をリスト化します。

 (a) 彼らは自分の事はするが、羊のことはしない。(2節)羊から物を作る(バター、ウール、マトン等)羊が必要な群を与えない(3節)

 (b) 彼らは弱った羊を強めない。回復させず傷に包帯をまかない(4節)

 (C) 迷子になった羊を探して取り戻さない(4〜8節)

 

  神様は、何が良い羊飼いかについても語っています。良い羊飼いは羊の世話を良くして、迷った羊を探します(12節) そして迷い込んだ場所から、自分の土地に連れ戻します(13章)良い羊飼いは羊に食べさせ、休息のために横にならせます。(13、14節)羊が傷つけば包帯を巻き、弱った羊を強めます(16節)羊たちのいさかいを公平に裁きます(17節) 他の羊にいじめられたり、虐待された羊を保護(隔離)します(18〜22節)

 神様は悪い羊飼いを取り除き代わりに良い羊飼いを送ると約束しています(23、24章)

 

  神様はダビデを、神様の教えに従わない王サウルの代わりにイスラエルの王として選んだ事で、これと同様のことをしました。

  大きな意味で、神様はこれと同様にことをすると決断し、民を導くためイエスを送られました。

  そのことによって神様の民は、信頼に足り、賢く、強いリーダーの管理の下にいることになるのです。

 エゼキエル書37章24、25節に書かれている主は、やがて来るべきこのように偉大な支配者について約束しています。

  ”私の僕ダビデの家系に連なるある者が彼らの王となる。全ての者が一人の羊飼いを得る。彼らは私の律法を守り、教えを守ることに注意を払う。彼らは私の僕ヤコブに私が与えた土地に住む。そこはあなた方が遠い昔にかつて住んだ土地である。彼ら、彼らの子、孫、またその後n世代まで、その場所に永遠に住む。ダビデの家系から出る私の僕が彼らの永遠の王子となる。“      

 

  これは良き知らせです。私達の預言者、祭司、そして王としてイエスを私達が受け入れる時、私達は真の希望に生きることができます。私達が、毎日のように言葉の洪水にさらされていますが、それらは真実に導く十分なものではありません。キリストが私達に、全てを知って変わることのない神様からの言葉を持って来られます。教会やその他の社会におけるどんな人間の指導者も、イエスが継続して私達の祭司又は王として与えてくださる、私達にとって本当に必要な導きを与えてはくれません。私達が今生きている、この挑戦的で不確実な時代にイエス様が私達を導いてくださいますから、イエス様の両手をしっかりとつかんでいきましょう。

 

  祈りましょう。

  天におられる神様、私達の全ての必要をいつも十分に満たしてくださり感謝します。

 あなたの知恵により、何年もに渡って、ダビデやほかの指導者を世界に用意して下さり、そしてあなたの一人子イエスを私達の預言者、祭司。王として送って下さいました。

 今日学んだ全てのことにおいて、イエス様を十分に完全に私達が理解できるように助けてください。このことを通して、毎日あなたを知り、愛し、従うことができるように導いてください。

 

キリストの御名によって、アーメン。

 

 参考

 

 

Batzig, N. T. (Feb. 18, 2014). Jonathan Edwards on David As a Type of Christ. Feeding on Christ.  Retrieved November 10, 2017 from http://feedingonchrist.com/jonathan-edwards-on-david- as-a-type-of- christ/