Looking at Moses and Seeing Christ

ダウンロード
2017年10月15日英語礼拝メッセージ日本語訳
171015english_service_japanese.pdf
PDFファイル 288.2 KB

English service on October 15, 2017

Messenger: Pastor Jim Allison

Bible passage: Acts 7:36-41

 

“Looking at Moses and Seeing Christ”

 

If you were here for last month’s morning English worship, or read or listened to the message from the Open Door Web site or the printed copies by the front entrance, you may recall that we began a message about coming to know Christ through the life of Moses.  Last time we noted who Moses was: (a) a deliverer, or savior, (b) a prophet, and (c) a priest.  He was also (d) a ruler, and we will get to that today.  Then I’d like to explore with you some of the particular things Moses did.  In all this, we find strong hints of who Christ will be and what He will do when He comes into the world in New Testament times and into our lives today.  We also see the heart of God in the kind of character He has and things He continues to do in every generation throughout time.

 

The final thing to see about Moses’ identity in the Bible story is this: he is a ruler.  In his time, the Hebrews are controlled by Egypt, just as in Jesus’ time the Jewish people are under Rome’s power.  But God acts to put Moses in place as the leader of His people (Exodus 19:9).  

 

The LORD spoke to Moses. He said, “I am going to come to you in a thick cloud. The people will hear me speaking with you. They will always put their trust in you.” Then Moses told the LORD what the people had said.

 

Not in a political way so much as a greater, spiritual way, God later sends Jesus to be not only a nice person but the King, the One who has final 

authority over all things.  When He stands before the most powerful earthly leader where He lives, Christ says, “You are right to say I am a king. In fact, that’s the reason I was born” (John 18:37).

 

 

What kind of leadership do Moses and Jesus choose?  In Moses’ case, he sees people leading by force as he grows up in the king’s family.  But when Moses uses his power to kill a man, his whole life is in danger, and he has to run away to the land of Midian.  There he learns a different kind of leadership, in part by working as a shepherd.  When God calls him to lead His people out of Egypt, Moses moves from shepherding sheep to shepherding people.  He can then draw on the skills God has built in him during those lonely years of training. 

 

Here again, Moses is a shadow of the slowly approaching Jesus.  In John 10:14, He says, “I am the good shepherd. I know my sheep, and my sheep know me.”

 

One key part of being a ruler is being a judge.  Moses judges based on God’s Law.  Moses is known as the great Law-giver because, through him, God teaches His people how we must live.  The most famous example of this is the 10 Commandments.  The Lord commands, for example (Exodus 20:8b-10): 

 

Remember to keep the Sabbath day holy. Do all of your work in six days. But the seventh day is a Sabbath in honor of the LORD your God. Do not do any work on that day. The same command applies to your sons and daughters, your male and female servants, and your animals. It also applies to any outsiders who live in your cities. 

  

Moses decides how to punish people who do not follow God’s Law.  Then when the job becomes too much for him to do alone, he leads in setting up systems for other leaders to share in the work of judging fairly and wisely.

 

As a ruler, Moses also makes planning decisions.  For example, he sends 12 men to spy out the land the Hebrews will enter (Numbers 13:1ff) and chooses 70 leaders for certain, important religious tasks (Exodus 24:9, for example).  

 

 

When we get to Jesus’ time, we see Him sending out (you guessed it!) 12 apostles, then later choosing 70 (some translations say 72) workers to spread His teachings and help people in His name.  He says about His role as judge (John 9:39), “I have come into this world to judge it.”  Then He gives a specific example of who is guilty and who not.  About God’s Law, Christ says (Matthew 5:17), “Do not think I have come to get rid of what is written in the Law or in the Prophets. I have not come to do that. Instead, I have come to give full meaning to what is written.”  In all these ways, Christ fills in the picture of a truly good ruler, which Moses has outlined long before.   

 

Next, let’s turn our attention to several key experiences that appear in both Moses’ and Jesus’ life.  First, they are adopted.  Moses is born into the Hebrew family of his father, Amram, and his mother, Jochebed (Exodus 6:20).  But he is taken into the king’s family and raised as his daughter’s son, or the king’s grandson (Exodus 2:1-10).  The hand of God is on his life from the beginning, putting him in a position to be a deliverer and ruler.  It seems impossible for something like this to happen, but by the power of God, it is made possible.  

 

Likewise, Jesus’ true Father is God, the Bible teaches us, but when He is sent into this world to be its Savior and Lord, He is taken into the home of Mary and Joseph, in effect adopted by them.  It seems just as unlikely for the only Child of the King of Heaven to live in a humble carpenter’s family as it did for a child of slaves to grow up in the palace.  But Almighty God is at work.    

  

Second, both Moses and Jesus have a period of years when they are not well-known, living quiet lives out of the spotlight.  Remember how Moses runs away from Egypt after killing a man?  He ends up living in the remote area of Midian, leading not a great nation but sheep.  Yet God has not given up on him, even if he feels like giving up on himself.  God uses this as a time of training for Moses, giving him experience in playing his role in God’s time and God’s power.  It is also a time of calling, as Moses receives and, with difficulty, accepts God’s 

 

 

command for him to be the man to lead the Hebrews out of Egypt.  

 

Christ, too, has a period of years in His life when He is not well-known or popular.  He apparently spends His life until about age 30 not in the public eye but quietly working.  Jesus is probably making a living as a carpenter, but he is also learning in preparation for the work of delivering people, which God has sent Him to do.  Like Moses, He spends part of this time in the desert.  Very little is written about it in the Bible, though it seems to be an important time in foundation-laying for His whole life, as it was for Moses’.             

 

Third, both Moses and Jesus have a special period of 40 days apart from other people, alone with God.  In this time, they receive a powerful vision for the life and work God has for them, as well as spiritual power to carry it out.  For Moses, it is 40 days and nights on Mt. Sinai, or Horeb (Exodus 24:18).  There he receives the 10 Commandments.  It is an outline or summary of the deep commitment of love and faith that God is making to the Hebrew people and calling them in return to make to Him.  

 

Matthew 4:1-11 tells us that Jesus also spends 40 days and 40 nights alone with God, out away from people.  Like Moses, He is in the wilderness, and the time of testing there prepares Him for a life of faith in God and loving commitment to Him and the work He is giving Christ to do.    

 

Fourth, Moses and Jesus both have experiences on a mountaintop of being especially close to God.  As a result of this spiritual encounter, they are changed even physically, and their faces glow with a radiance showing the glory of God.  Exodus 34:29 tells us about Moses when he goes up Mt. Sinai, spends time in communication with God, then comes back down.  It says, “His face was shining because he had spoken with the Lord.”    

 

Similarly, in Luke 9:28-36 we read about Jesus going up a mountain with three of his leading disciples and having a time of especially direct and 

 

 

powerful encounter with God in prayer.  Verse 29 says, “As he was praying, the appearance of his face changed. His clothes became as bright as a flash of lightning.”  

 

Our Lord’s life, like Moses’, is one of prayer.  Christ spends His days in communication not only with the people around Him, not only in communion with nature, not only in dialogue with His true inner feelings.  First and most, He stays in contact with God, His Father.  That is the kind of life He calls us, as His followers, to live.  When we follow Him, as the British writer Os Guinness says, we learn not only how to read opinion polls but read a compass.  Living in communication with God gives us not just a sense for what is good in the eyes of the people around us.  It gives us an inner compass, a guide for what is true.  We can orient our lives according to it with confidence, knowing that God’s truth does not shift and change, no matter how much values and events in the world around us do.   

   

On that mountaintop, two famous characters from the Old Testament appear with Jesus and the disciples.  One is Elijah, who represents the prophets of the Bible, and who is the other one?  Of course, you know it, right?  It’s Moses, who represents God’s Law.  Moses was sent to give God’s people His rules for living.  Jesus says He came, as you remember from a few minutes ago, to fulfill the Law.  He hates legalism because it kills faith and can damage people badly.  But He loves the Law because He loves God, who gives it so that we as His people can live in health, strength, wholeness, and community—in other words in His shalom.

 

Fifth, like Jesus who will follow him, Moses is rejected by many of his own people.  Often, his own do not receive him.  For example, when the Hebrew people do not have enough water to drink, they complain against his leadership (Exodus 17:3).  They say, in other words, “Hey, Moses, we’re dying out here, thanks to you.  Why did you bring us into this desert, anyway?”  He 

 

 

prays to God (Exodus 17:4), “What am I going to do with these people? They are 

almost ready to kill me.”

 

Jesus has similar problems, even though He, too, is clearly sent by God to the people he is trying to help.  In Luke 4, when He teaches the Bible in a way that they don’t like, v. 29 tells us, “They took him to the edge of the hill on which the town was built. They planned to throw him down the cliff.”  And of course it is the religious leaders of Jesus’ own country who pressure the political leader in charge to put Jesus on the cross and kill Him.  So John is not joking when he writes about Christ in 1:11 of his gospel, “He came to what was his own. But his own people did not accept him.”

 

Let’s remember that next time we feel that people don’t understand and accept us as they should.  When we have to face the pain and loneliness of rejection, Jesus has the ability, based on His own personal experiences, to truthfully say, “I know what that feels like.  I’m with you.  Keep going.”  When we have met the Christ whom Moses foreshadows, we can never be completely alone.  And we will always, always, always be accepted by the one whose opinion of us counts more than anyone else’s.  

 

Sixth, Moses gives us a hint of what Jesus will be like when he goes to people outside his own ethnic group and links his life with theirs.  In Exodus 2, as we have already seen, Moses has to leave Egypt to escape the king’s punishment.  There in a foreign land, he sits down at a well after a long journey (v. 15).  That leads to an encounter with a young woman and her sisters.  Moses stands up for them when trouble comes, goes home with them to meet their father, and eventually marries one of them, Zipporah.      

 

  Fast forward over a thousand years, and we see Jesus leaving His own ethnic group and sitting down beside a well as He journeys through Samaria (John 4:6).  He meets a non-Jewish woman there and begins a conversation with her.  It shows her, the people of her town, and the many of us who have 

 

 

read the story of that day in later years an important teaching: God in Christ has 

come to save people of not only one ethnic group but anyone who is willing to come to Him in faith.  And the Bible uses a name to talk about us, the people who enter a love relationship with Jesus, trusting Him to guide and empower our lives.  It is the bride of Christ (Revelation 21:2).  

 

If you ever feel it is difficult to have a good, healthy, positive view of yourself, remember how Jesus sees you.  As Pastor Sasaki reminded us last week, we live by grace.  That means that when God looks at us, He sees not the ugliness of our human selfishness and sin.  Because of the cross of Christ and His amazing love, He sees us as clean, pure, beautiful.  He feels about us the way a man deeply in love with a woman feels on the day of their wedding.  In other words, He is saying to us, “You are loved!  Don’t ever forget it!”

   

Seventh, in story after story in Moses’ life, God works in miraculous ways.  For example, when He is calling from the burning bush, telling Moses to go and set His people free, Moses has trouble believing Him.  Then God tells him to put his hand inside his coat.  He does, and it comes out with a skin disease, leprosy.  He puts it inside again, and it comes out healthy as before (Exodus 4:6-8).  This example points forward toward the many miracle stories in the life of Christ.  In two of them (Mark 1:40-42 and Luke 17:11-19), God uses Jesus to heal people of the same skin disease Moses had, leprosy.  

 

What is the point of all this?  It is not just to make exciting stories or impress people with cool tricks.  God tells Moses about this in Exodus 3:12 something that holds true throughout the Bible.  He says, “I will be with you. I will give you a miraculous sign. It will prove that I have sent you. When you have brought the people out of Egypt, all of you will worship me on this mountain.”  In other words, one key reason for the miracles is to show that the person who does them is sent by God.  Anyone can talk big, but the power to do miracles shows that God is behind the one performing them.  And an overarching purpose to the miracles is to lead people to worship God.  The 

 

 

point is not the miracles.  They are only here to help us see the world correctly, that is, that God is in control of all things.  When we truly see that, humble praise and thanks are natural and appropriate responses.          

 

There are more connections between Moses’ and Jesus’ life, but we have seen enough today to know that God is telling us something important through them.  Moses points us to Christ, and Christ points us to God.  Our Father in Heaven wants you and me to live in a rich, deep personal relationship with Him.  He has shown us what it is like through the lives of the great role models of Moses and Christ.  That life with God has been made possible through Christ’s death, His resurrection, and the Holy Spirit’s coming to living in the hearts of believers.  God offers the gift of this life to all who will receive it.  So let’s go to Him now in prayer.

 

God of all times and places, looking back at the way you have worked over many centuries to draw the world’s people to yourself in your love and goodness, we give you quiet thanks and praise.  We also hear you renewing the promise to us today, “Come near to God, and he will come near to you” (James 4:8).  Moses did that.  Christ did that.  Help us to draw near to you, closer and closer each day.  Teach us the kind of praying, paying close attention to your word, and living with deep inner strength, which we see in their lives.  In all the ways you choose, help us to learn to live more and more as members of your family.  In Christ’s name we pray, amen.          

 

References

 

Botting, D. (February 2, 2015). “Moses: A Type of Christ.” MaranathaBelleville. Maranatha Christian Reformed Church. Woodstock, Ontario, Canada. Retrieved September 10, 2017 from https://www.youtube.com/ watch?v=N2avkX2IpbE

Kelly, R. (April 9, 2014). “Moses As a Type of Christ.” Liberty Faith Church.

 

 

 

Norwood, Missouri, USA. Retrieved on September 10, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=_v-tvNDkhyE

Tripp, J. (September 6, 2012). “Moses a Type of Christ.” Suncoast Bible Fellowship. Pinellas Park, Florida, USA. Retrieved on September 10, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=g_VWmCBi-1s&t =2660s

 

 

使徒の働き 7章36節〜41節

 

                        モーセを見て、キリストを理解する

 

  先月の英語礼拝に出席された方やオープンドアのウエブサイト又は教会の入り口に置いてある印刷されたメッセージを読んだ(聞いたりした)方は、私達が「モーセの生涯を通してキリストを知る」というメッセージに取り組んでいることを知っています。

  前回、私達はモーセが a「解放者」b「預言者」c「司祭」という面を持っていることを理解しました。そして今日は、d「統治者」であったということから始めていきたいと思います。

 

   それでは、モーセが行った特定の事象について一緒に探求していきましょう。

   これらの全てで、私達は、新約聖書の世界、また今日の私達の人生において、キリストがどんなお方で何をしようとしているのかを見つけようとする時に、大きなヒントを得ます。また、私達は、神様の持っておられる性質、また、時を超え全ての世代で神様が継続して行なっている御業の中に神様の御心を見ることができるのです。

 

    モーセは統治者でありました。彼の生きた時代では、ヘブライ人はエジプトに支配されて

いました。それはイエスの時代ユダヤ人がローマの支配下にあったのと同様です。しかし神様は、 モーセを神様の民のリーダーの地位に立てます。(出エジプト記19章9節)

  「主はモーセに仰せられた。「見よ、私は濃い雲の中で、あなたに臨む。私があなたと語るの

    を民が聞き、いつまでもあなたを信じるためである」それからモーセは民の言葉を主に告げ

        た。」

   政治的なやり方や偉大な、又は霊的なやり方によらず、神様はイエスをただ単に”良い人”だ

   けではなく、全ての事象の上の最終的な権威を持つ王として送られました。  

      キリストは、ご自身が生きている時代、地上で最も力のあるリーダーの前に立った時に、

        「あなたが言う通り、私は王です。実際のところ、それが私が生まれ理由です」

   (ヨハネ18章37節)と言われました。

 

    モーセとイエスはどのようなリーダーシップを選んだのでしょう? モーセの場合、王家の家

    族として育った、その力によって人々を指導しました。しかし、モーセがその力を使ってある人を殺した時、彼の人生は危機に瀕し、ミディアンの地へ逃亡を余儀なくされまた。  

    その地で羊飼いとして働くことで違う種類の指導力を学ぶのです。神様がエジプトから神様 の民を導き出すため彼を招命した時、モーセは羊を養うことから民を養うことへと動くのです。

     モーセは孤独な訓練の年々の間、神様がモーセの中に作り上げた技術を手に入れるのです。

     ここでまた、モーセは影としてゆっくりとキリストに近づいていきます。

     ヨハネ10章14節でキリストは言います。

      「私は良い羊飼いです。私は私の羊を知っており、私の羊も私を知っています。」

  

    統治者であることの大事な部分は、さばき司であるということです。モーセは神様から与え

 られた律法に基づいて裁きを行います。モーセは偉大な律法を与える者としてよく知られてい

  ます。何故なら、彼によって神様が神様の民にどの様に生きなければならないかを教えている

  からです。

       このことの最も有名な例は十戒です。出エジプト記20章8節後段〜10節に、

       「安息日を覚えて、これを聖なる日とせよ。六日間働いて、あなたの全ての仕事をしな

          ければならない。しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕

          事もしてはならない。あなたも、あなたの息子、娘、あなたの男奴隷や女奴隷、家

          畜、あなたの街の中にいる在留異国民も。」とあります。

        モーセは神様の律法に従わない人々をどのように罰するかを決定します。業務が一人で行

     えなくなる時には、他の指導者達が公平に賢く裁くことができるシステムを主導します。

         統治者として、モーセは計画決定も行います。例ととして、12人の斥候をヘブライ人が入

     植する予定地に送りこんだり(歴代史13章1節)、70人のリーダーを選んで、特定の重要 

     な宗教上の仕事をさせていました。(出エジプト記24章9節例示)

   

       イエスの生きた時代、イエスは誰かを送り出していますよ(もう。お分かりでしょう)。    

       12弟子です。

       その後に70人(他の翻訳では72人)を選びイエスの名によって教えを広め人々を助ける仕

    事をさせました。イエスは裁き司としての役割について御自身を、ヨハネ9章39節で

         「私はそれを裁くためにこの世に来ました。」と言い、誰に罪があり、誰に罪がないかの

    はっきりとした例を与えられます。

        神様の律法については、マタイ5章17節で

            「私が来たのは律法や預言者を排除するためだと思ってはなりません。廃棄するため

               ではなく、成就するために来たのです。」と言っています。

        全てこのような方法で、イエスは、遥か昔にモーセがその輪郭を示した、本当に良い統治

     者という絵を書き込むのです。

 

次に、モーセとキリストの両方の生涯において見られる、主要な経験(体験)について注意を  

   向けて見ましょう。 

      第一には、どちらも養子であったということです。

   出エジプト記6章20節で、モーセはヘブライ人の父アマラと母 ヨケベドの家族から生まれま

   した。しかし王家に取り入れられ王の娘の子供、王の孫として育てられました。(出エジプ 

  ト記2章1〜10節)

 神様の御手がモーセの生涯の初めから臨み、モーセを解放者、統治者としての地位に付けたの 

   です。こんな事が起きるなんて不可能と思えますが、しかし神様の力によれば可能な事です。

 

  同じように、イエスの本当の父親は神様です。そう聖書は教えています。イエスがこの世界の

  救い主、そして主として送られた時、イエスはマリヤとヨセフの家庭に引き取られたのです。

    事実上、彼らの養子となりました。天の王国における一人子にとって慎ましい大工の家族の

  中で生活するということは、奴隷の子(モーセ)が王宮で育つ事と同様に、ありえないことですが、全能の神に働きなのです。

  

  第二に、モーセ、イエス共に、無名の(知られていない)時、注目を浴びることなく静かに生

  活した時があったということです。モーセがある人を殺した後、エジプトからどのようにして逃れたかを思い出してください。彼は(エジプトから)遠く離れたミデアンの地で暮らすことに行き着きました。そこで導くのは人ではなく羊でした。そこにいても神様は、モーセ自身が自分を

  諦めているようだったにもかかわらず、モーセを諦めていませんでした。

  神様は、神様の望む時に神様の力を使う役割をモーセが果たすために経験を積ませることで、

  この時をもモーセの訓練のために使われたのです。

  この時はまた、召命の時でもありました。モーセがこれを受け入れ、困難の中でエジプトの国

   外へヘブライ人を導く人となるという神様の命令を受け入れたのです。

 

    キリストも同じように、その生涯において、よく知られていない、有名でもない年月を過ご

   しました。キリストは30歳位まで、明らかに人々の目に止まることなく静かに働いていまし

   た。イエスは多分、大工として生計を立てていたと思われますが、同時に神様がお遣わしに

   なった、人を解放するという使命を果たすための準備をしていたのです。モーセと同じよう に、 この期間のある時期、荒野で過ごされますが、それは聖書ではほとんど触れられていません。しかしモーセの場合と同じように、ご生涯における基礎を築くための重要な時間であった

 と思われます。

 

  第三に、モーセもイエスも、特別な時として、40日間人々と離れ、ただ一人神様と共にいる時間を持ったということです。

 この時、両者ともに神様が用意した人生と働きのためのビジョンを、それを実行する霊的な力ととも受け取ります。

モーセは40昼夜シナイ山又はホレブ山(出エジプト記24章18節)におり、10戒を授けられます。

   これは、神様がヘブライ人と交わし、その応答としてヘブライ人が果たすよう神様が要求する、愛と信仰の根源的な約束についての概要、要約です。

 

   マタイの福音書4章1〜11節で、イエスもまた40日、40夜、人々と離れて神様と共に過ごされたと記載されています。モーセと同じように、イエスは荒野にいて、そこで試練の時が用意されていました。それは、神様とともにある信仰生活、神様との愛の約束、神様がキリストにお命じになった働きに関するものでした。

 

  第四は、モーセとイエスは共に山の頂きで、神様の特別近くにいることを体験したということです。この霊的な出会いは結果として、両者に身体的な変化さえもたらしました。両者の顔は神様の栄光を表す光で輝いていたのです。出エジプト記34章29節では、モーセがシナイ山に登り神様とまみえて下山した時に、「モーセの顔は主と話したので自分の顔が光っていた」と書かれています。 似ていることに、ルカの福音書9章28〜36節では、イエスが3人の指導的な弟人と山に登っていき、祈りの中で  神様と特に直接的で力強い出会いをされた事について書かれています。29節では、「祈っておられると、御顔の様子が変わり、御衣は白く光輝いた。」と書かれています。

 

   私達の主(しゅ)の生活は、モーセと同様に祈りの生活です。キリストは日々、周りの人々や、自然と語ること、真の内なる気持ちと会話されること、これらだけではなく、まず最も大事な事として、父なる神様との交わりに留まることをされました。キリストはまた、このような生活をするようご自身に従う者に呼びかけています。

私達がキリストに従う時に、英国の作家、オズ、ギネスが「私達は、世論調査の読み方だけではなく、羅針盤の読み方を学ぶ」と言っているように、神様と語りあう(コミュニケーションを取る)生活は、私達の周りの人々の目に何が良い事として映るかを知るだけではなく、真実は何かということを案内してくれる心の羅針盤を与えてくれるものです。

   これにより私達は、神様の真実が、私達の周りの世界の価値や出来事がどのようになっても、変わらないことを知り、自信を持って、私達の生活を正しい方向に向かわせる(正しい判断をする)ことができるのです。

 

   山の頂きで、2人の旧約聖書の有名な人物がイエスと弟子達に現れます。一人は聖書の象徴的な預言者エリヤです。もう一人は誰でしょう?もちろん、お分かりですね。神様の律法を象徴する、そうモーセです。モーセは神様の民に生きるための決まり(規則)を与えるために遣わされました。イエスは、立法を完成させるために来たと言います。数分前の事を思い出しましたね。

  イエスは立法主義を嫌いました。何故ならばそれは信仰を殺し、人々を酷く傷つけるからです。しかし一方で、イエスは立法を愛しています。何故ならば彼は神様を愛しているからです。その神様が、私達、神様に従う者が健康的に、強く、完全に、そして(神様の)コミュニティで、言い換えれば神様の尊厳の中で生きていくことができるように立法をくださったからです。               

 

5番目に、イエスに従う者がそうなるように、モーセは自分が導く多くの民から拒絶されます。彼が導く民はしばしば彼を受け入れません。例えば、ヘブライの民が飲み水が尽きた時に彼らはモーセの導きに対して不平を言います。(出エジプト記17章3節) 彼らは、「ヘイ、モーセ、お前のおかげで俺たちはここで死んでしまう。一体どうしてこんな砂漠くんだりまで俺たちを連れて来たんだ?」とこんな風に言うのです。

 モーセは神様にこう祈ります。(出エジプト記17章4節)「この民のために私はどうしたら良いのでしょう。彼らは私を殺そうとしています。」

 

  イエスも、ご自身が助けようとする人々のために神様から送られてたお方であることは明白であったにもかかわらず、似たような問題を抱えています。ルカの福音書4章では、イエスが人々の気に入らない方法で聖書を教えていた時、29節では「人々はイエスを街が建っていた丘の崖のふちまで連れていき、そこから投げ落とそうとした」とあります。そして勿論、イエスを十字架にかけて殺すよう、それができる政治家に圧力をかけたのは、イエスご自身が属する国の宗教的指導者達でありました。それ故、ヨハネが福音書1章11節でキリストの事を「この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった」と書いているのはジョークでもなんでもないのです。

 

    次に、人々が、私達が思うように私達を理解せず受け入れてくれない、そのように私達が感じることがあるということを思い出しましょう。

 私達が拒絶された痛みや孤独と向き合わなければならない時、イエスは、ご自身の個人的な体験から。「私は、それがどんな気持ちか知っている。私はあなたと共にいる。だから前に進み続けなさい。」と真に言ってくださるのです。

  モーセの予示するキリストに私達が出会った時、私達は完全に独りにはなり得ないと分かるのです。また、 私達は、いつも、いつも、いつも、他の誰の言うことより頼ることのできるお方によって受け入れられているのです。

 

 6番目として、モーセが、自分の属する民族以外の人々の元へ行き、その人々と自分の生活をリンクさせるのですが、その時にイエスがどのようなお方であるかのヒントが見えてきます。

 出エジプト記2章で既に見てきたように、モーセは王の処罰から逃れるためエジプトを脱出しなければなりませんでした。異国の土地で長旅の後、壁のところで座っていました(15節)。そのことで若い女性とその姉妹との出会うことができました。そしてトラブルに見舞われた姉妹に味方して助け、彼女らと一緒にその家へ行き、父親と会い、姉妹のうちの一人チッポラと結婚します。

 千年の時を早送りすると、イエスが、ご自身の属する民族と離れサマリヤを旅する中で、井戸のそばに座るという話があります。(ヨハネ4章6節)そこでイエスはユダヤ人ではない女と会い、話をします。このことは、彼女に、彼女の村の人々に、また、後にこの日の出来事を読んだ私達に、一つの大切な教え “神であるキリストは、一つの民族の民を救うためだけではなく、信仰により自発的にキリストの元に来るどんな人をも救うために来られた。”ということを示しています。

   そして聖書はそんな私達に対して一つの名前を使っています。すなわち、人生に導きと力が与えられると信じ、信頼してイエスと愛の関係に入る者は「キリストの花嫁』(黙示録21章2節)と呼ばれるのです。

 

 もし、あなたが今まで、自分のことを良く、健康的、また肯定的に見ることが難しいと思ったことがあるなら、イエスがあなたをどのように見ているのか思い出して下さい。

  佐々木牧師が先週メッセージで言われたように、私達は恵によって生かされているのです。

これが意味するのは、神様が私達をご覧になる時、神様は私達の人間としての身勝手さや罪といった醜さを見ているのではないということです。                   

 

キリストの十字架と驚くべき愛の故に、神様は私達を清い、純粋な美しいものと見ておられるのです。神様は、結婚式で新郎が深い愛を持って新婦を想うそのような気持ちで私達を想って下さっているのです。言い換えれば、神様は私達に「あなたは愛されている。それを忘れてはならない」と仰っているのです。

 

 7番目に、モーセの人生の物語では、神様が奇跡的な方法で働かれています。例えば、燃える柴からの呼びかけで、モーセに神様の民を解放しに行くよう命じた時にモーセはその言葉を真に受けることができないでいたところ、神様は、モーセに自分の着物の内側に手を入れろと言われました。モーセがそうすると、らい病に冒された皮膚が現れたのです。そしてもう一度手を入れると以前のとおりに治っていました。(出エジプト記4章6〜8節)

 この例は、キリストのご生涯における数々の奇跡を前もって示しているものです。

  マルコ1章40〜42節、ルカ17章11〜19節、この二つの箇所で、神様がイエスを用いられモーセが行ったようにらい病を癒されたことが書かれています。

  

 これらのことの重要な点はなんでしょう? ただ単にエキサイトするような話をするため、人々にすごいわざを印象付けるためだけのものではありません。神様はモーセに、このことを出エジプト記3章12節で語っておられます。またこれは聖書のあらゆる場所で語られる真実を包括しています。

 神様は言われました「私はあなたとともにいる。これがあなたのためのしるしである。わたしがあなたを遣わすのだ。あなたが民をエジプトから導き出す時、あなた方はこの山で神につかえなければならない。」

 言い換えれば、奇跡が起こる一つの主な理由は、人々に、奇跡を行う者は神様が遣わした者であるということを示すことです。

  だれでも大言壮語ができます。しかし奇跡を行える力は、それを実行する人の後ろに神様がいることを示すのです。奇跡の重要な目的は神様を崇めるように人々を導くことです。重要な点は奇跡そのものではありません。奇跡は私達がこの世界を正しく見る、すなわち全ての物事を制御するのは神様である、ということを正しく認識する助けのためだけに、そこにあるのです。私達がこれを真に見る時に、へりくだった賛美と感謝をすることはごく自然な反応なのです。

 

  モーセとイエスの生涯にはもっと多くの関連性があります。今日、神様がこれらの関連性を通して重要なことを言っている、そのことを十分見てきました。

  モーセはキリストを私達に示しています、キリストは神様の事を示しています。私達の天におられる神様は、あなたや私が、神様と豊かで深い個人的な関係の中で生活することを願っています。 

  神様はモーセやキリストという偉大なお手本の生涯を通して、それがどのようなものかを示してきました。神様との生活は、キリストの死と復活、聖霊が信じる者の内で生きること、これらによってのみ可能です。

 神様はこのような人生の贈り物を、これを受け取る全ての人に提供しているのです。ですから祈りを持って神様の身許へ行きましょう。

 

  全ての時と場所におられる神様、あなたは幾世紀にもに渡り、世界の人々を、あなたの愛と善の中で引き寄せるために働かれています。そのことを振り返り見て、静かに感謝し賛美します。

  神様、あなたは今も、ヤコブ4章8節にあるとおり「神に近づきなさい。そうすれば神もあなたに近づかれます。」という約束を私達に新しくして下さいます。モーセが行い、またキリストも(このように)行いました。神様、あなたのそばに日々近づけるよう助け導いて下さい。ふさわしい祈り、あなたの言葉に細心の注意を払うこと、そして、モーセとキリストのご生涯に私達が見た深い内心の力で生きること、これらを教えてください。あなたが選ばれる全ての道において、もっと、もっと、あなたの家族として生きる方法を教えてください。                   

 

  キリストの御名によって、アーメン。

 

参考

 

Botting, D. (February 2, 2015). “Moses: A Type of Christ.” MaranathaBelleville. Maranatha Christian Reformed Church. Woodstock, Ontario, Canada. Retrieved September 10, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=N2avkX2IpbE

Kelly, R. (April 9, 2014). “Moses As a Type of Christ.” Liberty Faith Church. Norwood, Missouri, USA. Retrieved on September 10, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=_v-tvND khyE

 

Tripp, J. (September 6, 2012). “Moses a Type of Christ.” Suncoast Bible Fellowship. Pinellas Park, Florida, USA. Retrieved on September 10, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=g VWmCBi-1s&t =2660s