Moses, a Shadow of Christ

ダウンロード
モーセ、キリストの影 .pdf
PDFファイル 389.1 KB

English Service on September 17, 2017

Messenger: Pastor Jim Allison

Bible Passage: Acts 7:18-35

Title: Moses, a Shadow of Christ

 

To understand life and the world, including yourself and other people, you have to understand Christ, God tells us in His word.  Even more than listening to the news, thinking our own thoughts, and listening to a variety of people’s opinions, we need to know what God tells us, first and most.  And He has chosen to speak uniquely through His Son, Jesus.  So the Bible even tells us, “Christ is your life” (Colossians 3:4).  It’s all about Christ.  Even more than many Christians realize, the whole Bible is about Jesus.  That’s why we are looking at Him recently through the lens of various Bible characters from the Old Testament. 

 

You can’t understand the New Testament without the Old Testament.  Likewise, you can’t truly see the meaning of the Old Testament without looking ahead to see how it links with the New Testament and Christ.  The two are much like two hands: they were meant to work together.  It’s not a question of which is good or better or important.  You don’t want to lose either one of them.  They both are God’s word, and He has His own purposes for giving each of them to us.     

 

Let’s begin looking at the life of Moses.  Like Joseph’s story, Moses’ is quite long, so I want to avoid trying to fit too much into one message.  Today let’s look at some of the many similarities in who Moses and Jesus are in the Bible stories.  Next message, we will focus on some of the common points in the things they do.  In all this, we will see how God through the life of Moses prepares the world’s people for the coming of Christ.

 

1. First, Moses is a deliverer, a savior.  He is sent by God to save, to set people free.  

 

1A. He himself is saved as a small child.  Acts 7:18-21 describes how, when Moses is very young, the king begins in effect killing all the baby Hebrew boys.  Moses has been sent by God to save His people, but the child’s own life is in great danger.  Yet God finds a way to save the one who later becomes a savior, in one sense.  

 

This same kind of situation appears, as you remember, in the Christmas story.  King Herod is having all the baby boys of Bethlehem killed (Matthew 2), yet God makes a way for the family to escape to Egypt.  Both Moses and later Jesus find a place of escape in Egypt and later are led out of Egypt as part of the process of God’s leading His people to safety, salvation, life.  Both spend time outside their native land but return to save when told that the person who had sought their life was dead (Exodus 2:23, Matthew 2:19-21).  They eventually become leaders of the nation Israel, though leaders of different types and they also have opposition.  Finally, they lead their people to the Promised Land (Exodus 3:8, John 14:1-3).  For the Hebrews, that is the land we call Israel.  For the followers of Christ, the Promised Land is Heaven (which Israel symbolizes in important ways).

 

1B. Moses brings the message of the Passover lamb, the sacrifice that saves God’s people.  In Exodus 12:13 God says through Moses, “The blood on your houses will be a sign for you. When I see the blood, I will pass over you. No deadly plague will touch you when I strike Egypt.”  When Jesus comes, He Himself becomes the sacrificial lamb when He dies on the cross.  The events of that day take place around the Passover holiday in Jerusalem.  I Corinthians 5:7b teaches, “Christ has been offered up for us. He is our Passover lamb.”

 

1C. Moses leads God’s people to be saved through water.  Exodus 14:29-30a says, “But the Israelites went through the sea on dry ground. There was a wall of water on their right side and on their left. That day the LORD saved Israel from the power of Egypt.”  That theme of God’s people being saved 

 

through water has been there at least since Noah’s time, and it continues into the New Testament, with Jesus’ own baptism as a model for people whom God saves to follow.  I Peter 3:21 talks about “. . . the baptism that now saves you . . . .  Jesus Christ has saved you by rising from the dead.”

 

And the teaching of being saved through water is not only about baptism.  Jesus says (John 4:14) “But anyone who drinks the water I give him will never be thirsty. In fact, the water I give him will become a spring of water in him. It will flow up into eternal life.”  Then when Christ died on the cross, John 13:34b tells us that “. . . One of the soldiers stuck his spear into Jesus’ side. Right away, blood and water flowed out.”  There again water and salvation are linked.  

 

I Corinthians 10:4 shows another thing about God’s saving through water.  It recalls the people who walked through the Red Sea and says, “They all drank the same supernatural water.”  It is talking about another Moses story.  In Exodus 17, the children of Israel are in the desert, and they have no water.  It looks like they could die.  They complain to Moses, who takes the problem to God.  He tells Moses to strike a rock at Mount Horeb.  When he obeys, water comes from the rock for people to drink.  I Corinthians 10:4 explains that story by saying, “They drank from the supernatural rock that went with them. That rock was Christ.”

 

1D. Through Moses’ prayers, when the Hebrews don’t have enough food, God gives them manna to eat.  In Exodus 16:4b He says, “I will rain down bread from heaven for you. The people must go out each day. Have them gather enough bread for that day.”  God shows His care for people in need and His power by meeting their physical needs.  When we get to the New Testament, Jesus teaches (John 6:35b), “I am the bread of life. No one who comes to me will ever go hungry.”  In Christ, God meets His people’s physical needs and, most of all, those of our spirits.  

 

1E. When God’s people are again in danger, this time being attacked by snakes in the desert, God uses Moses to save them.  Numbers 21:9 reports, “So Moses made a bronze snake. He put it up on a pole. Then anyone who was bitten by a snake and looked at the bronze snake remained alive.”  Here is God at work again, setting His people free from what threatens them.  

 

But that is not all.  As a good Jewish man, Jesus knows this story.  And in it He sees something about Himself.  In John 3:14-15 He says, “Moses lifted up the snake in the desert. The Son of Man must be lifted up also. Then everyone who believes in him can live with God forever.”  Christians understand Him to be talking about the cross.  He knows His time to die there is coming, but He also knows God will use it for something incredibly good.  The Bible often presents a snake as a symbol of evil and sin.  On the cross, Jesus actually becomes sin in one real way, II Corinthians 5:21 teaches.  It says, “Christ didn’t have any sin. But God made him become sin for us. So we can be made right with God because of what Christ has done for us.”

 

In this way, Jesus walks down the path which Moses has helped mark out for Him much earlier.  Through Moses’ life, after his death, the Hebrews finally reach the Promised Land.  In an even greater way, Christ’s cross is necessary, but through it, God has opened the way to heaven, to eternal life, to the ultimate Promised Land.  Jesus death has brought new life for you, me, and all who accept the Good News of it.  You and I need to know that we have a God who is powerful to save.  He has made a way for us to be delivered, set free, saved from all that pulls us down and holds us back.  Whether it is addiction, depression, a bad view of ourselves, racial injustice, gender discrimination, our own resentments, or whatever it is, He is One in whose hands we can place all that keeps us in bondage, in slavery, in Egypt.  He calls us, too, to the Promised Land, through the Deliverer, the Savior He has sent for us. 

 

2. Second, besides being a deliverer, Moses is a prophet, a giver of God’s word.  For example, in Exodus 19:3-6, we read:

 

Then Moses went up to God. The LORD called out to him from the mountain. He said, “Here is what I want you to say to my people, who came from Jacob's family. Tell the Israelites,  ‘You have seen for yourselves what I did to Egypt. You saw how I carried you on the wings of eagles and brought you to myself. Now obey me completely. Keep my covenant. If you do, then out of all of the nations you will be my special treasure. The whole earth is mine. But you will be a kingdom of priests to serve me. You will be my holy nation.’ That is what you must tell the Israelites.”

 

This is what God wanted to say to His people, whom He loved.  Moses is His messenger. But his work does not end there.  In Deuteronomy 18:15 he says, “The Lord your God will raise up for you a prophet like me.  He will be one of your own people.  You must listen to him.”  Christians believe that he is talking about the Messiah, the Christ, who will come after him.  When Jesus appears in the New Testament, one of the key roles He plays is as a prophet, a messenger.  He speaks for His Father.  In His voice, we hear the voice of God.

 

3. Next, Moses serves as a priest.  One key part of this role is acting as a mediator.  That is, a priest stands between the people and God.  He works to bring them together, through teaching, praying, ceremonies, and more.  Through Moses, God makes a Covenant with the people of Israel.  That is a deeply important promise, like a marriage in many ways.  He gives Himself to them and chooses them as His people.  

 

Moses could stay apart from the Hebrew people.  He is in the royal family, and he could remain in a more comfortable place like the palace.  He could say no to getting involved in the messy political and economic problems of 

 

injustice and oppression.  But his heart for the people God loves will not let him turn a blind eye to them.  He is not like a tourist who is only visiting and plans go back home someday.  He has committed his life to the people God has sent him to serve.

   

For example, when the Hebrews make a golden calf to worship instead of God in Exodus 32, He is very angry with them.  He is going to send harsh punishment on them.  But Moses says no to God!  He prays (v. 32), “Now please forgive their sin. But if you won't, then erase my name from the scroll you have written.”

 

Moses here is a picture of Christ.  He also comes between God and us to join us together, the Bible says.  He intercedes to God for us, also.  Hebrews 7:25-26 tells us about Christ, “People now come to God through him.  . . . He prays for them.  A high priest like that meets our need.  He is holy, pure and without blame.  . . . He is lifted high above the heavens.”  In joining us to God through prayer, Jesus is helping us to live in the Covenant relationship God has begun with His people.  Just as Moses guided God’s people into the Old Covenant, Christ leads us to live in the New Covenant relationship with God.  

 

Today we have heard God’s word.  Let’s plant it deep in our hearts so that in God’s time and way it will bear the fruit He wants it to bear.  As Moses helps us to see, the Lord has sent us in Christ the savior, prophet, priest, and king that we and our world so badly need.  In a time of so much confusion and conflict over what can help us understand and have the power to build truly good lives as individuals, families, churches, and societies, this is good news.  I am thankful for the chance to give it to you.  Now let’s pray. 

 

All-knowing, all-powerful God who is present in all times and places, thank you for the view that your word gives us of your work throughout the centuries.  We praise you for being the God who is powerful enough to control 

 

the events of history.  Lord, help us to see your mighty work and as a result have a mighty faith.  Give us the kind of faith Moses and Jesus had, one strong enough to hold us firm in difficult times and inspire us to live the great lives that you have in your vision for us.  If you can do the great things we read about in Moses and Christ’s life, we know there is no part of our little lives or our world 

that you do not hold firmly in your loving hands.  So guide our thoughts, words, and actions today, all this week, and every day ahead.  With the power of your Spirit, fill them with your goodness, your beauty, your truth, and most of all your love.  We pray this in Christ’s name. Amen.  

 

References

 

Botting, D. (February 2, 2015). “Moses: A Type of Christ.” MaranathaBelleville. Maranatha Christian Reformed Church. Woodstock, Ontario, Canada. Retrieved September 10, 2017 from https://www.youtube.com/ watch?v=N2avkX2IpbE

Kelly, R. (April 9, 2014). “Moses As a Type of Christ.” Liberty Faith Church. Norwood, Missouri, USA. Retrieved on September 10, 2017 from

https://www.youtube.com/watch?v=_v-tvNDkhyE

Tripp, J. (September 6, 2012). “Moses a Type of Christ.” Suncoast Bible Fellowship. Pinellas Park, Florida, USA. Retrieved on September 10, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=g_VWmCBi-1s&t =2660s

 

 

使徒の働き 7章18節〜35節

 

モーセ、 キリストの影

 

あなた自身やそのほかの人々の人生とそれらが関係する世界を理解するためには、神様が御自身の言葉で語られるキリストについて理解しなければなりません。ニュースを聞くことや私達自身の思いについて考えること又は様々な人々の意見を聞くこと、これらの事よりももっと、私達は神様が私達に何を語っておられるかを最初にして充分に知る必要があります。神様は一人子イエスを通して語られるという他に類を見ない(独特)な方法を選ばれてきました。

なので聖書の記述においても  ”キリストはあなた方の命です。”(コロサイ人への手紙3章4節)とあるのです。

(聖書の記述は)全てがキリストについてなのです。多くのクリスチャンが理解するよりもっと聖書全体がキリストについて語っているのです。ですから、ここ最近数回に渡り、旧約聖書に登場する様々な人のレンズ(目)を通してキリストについて見てきたのですよ。

 

旧約聖書なしに新約聖書を理解することはできません。また同様に、旧約聖書がどのように新約聖書とキリストに関連するのかを先に見る事なくして旧約聖書の本当の意味を知ることもできません。この二つは両手のような関係、すなわち共に働くように意図されています。

どちらがより良いか又は重要であるかという問題ではありません。どちらか一つでも欠けるなんて望まないでしょう。どちらも神様の言葉であり、神様は御自身の目的を持って、それぞれを私達に与えて下さっているのです。

 

ではモーセの人生について見ていきましょう。

ヨセフの物語のように、モーゼのそれも非常に長く、一回のメッセージの中にその全てを盛り込むことは避けたいと思います。今日は、モーセとイエスがどのような人であったかを聖書から多くある類似点のいくつかを見ていきましょう。

次回のメッセージはこの両者が行ったことからその共通点を見ていきます。

これら全てから、神様がモーゼの生涯を通してやがて来るキリストのことを世界の人々に示しているのを私達は見ることができるのです。

 

1 まず最初に、モーセは解放者です。彼は救いのため、人々を自由にするために神様から遣

わされました。

 

1A  彼自身が幼少期に救われています。使徒の働き7章18節〜21章には、モーセが非常に若

かった時、王がヘブライ人の全ての男の赤ん坊の殺害をどのように実行に移したかが書かれて

います。

モーセは神様が神様の民(神様に従う人々)を救い出すために遣わされたのですが、その生

命は幼少期において大変危険な状態でした。

しかし、神様は、ある意味において、後に救い主となる彼を救う道を見つけるのです。

もうお気づきでしょうが、クリスマスの物語においても同様の状況が出現します。ヘロデ王

はベツレヘムの町の全ての男の赤ん坊を殺してしまいます(マタイ2章)が、イエスの家族が

エジプトに逃れるよう導かれます。

モーセも後にこられるキリストも、逃れたエジプトにおいて(生きる)場所を見つけ、後に

は神様が安全、救い、命のために神様の民を導かれる御計画の一環としてエジプトから連れ出

すのです。

どちらも生まれ出た土地ではない所で生活した後、殺そうとしていた王が今になって亡くなったと聞き、生まれた土地に戻るのです。

 

(出エジプト記2章23節、マタイ2章19〜21節)

どちらも最終的にイスラエルの国のそれぞれの意味での指導者となりますが、どちらも敵対

する者達がいます。

最終的に両者とも彼らに従う人々を約束の地に導くのです。(出エジプト記3章8節、ヨハ

ネ14章1〜3節)

ヘブライ人にとっての約束の地を私達はイスラエルと呼びますし、キリストに従う者達に

とっての約束の地は天国(イスラエルが重要な方法によって象徴するもの)です。

 

1B  モーセは、神様の民を救う犠牲、過ぎ越しの子羊についてメッセージをもたらす者というこ

とです。

出エジプト記12章13節で神様はモーセを通して、

「あなた方の家に塗られた血はあなた方のしるしとなる。私はその血を見て、あなた

方のところを通り過ぎる。私がエジプトを打つ時、死に至る疫病はあなた方に触ること

はない。 」と語っています。

イエスの時代、イエスは十字架で死なれ、御自身が生贄のための子羊となりました。これ

はエルサレムでの過越の祭の休日の間に起きました。

第一コリント5章7節後段に、

「キリストは私達のために捧げられた、過越の子羊です。」とあります。

 

1C   モーセは神様の民を水を通して救うということです。

出エジプト記14章29節、30節前段に、

「しかしイスラエルの人々は海の中の乾いた地面を進んだ。彼らの右側と左側には水の

壁があった。その日主なる神はイスラエルの人々をエジプトの支配から救った。」

とあります。

神様の民が水を通して救われるというテーマは少なくともノアの時代から見られ、

新約聖書においては、イエスのバプテスマに続きます。神様の救いに預かる者の手本として

イエス御自身がバプテスマを受けました。

ペテロ第一の手紙 3章21節には、「今やバプテスマがあなた方を救う・・・イエスキリ

ストは御自身が死から起き上がることであなた方を救われた。」とあります。

 

水を通して救われるという教えはバプテスマだけではありません。

イエスは言われます(ヨハネ4章14節)、「しかし私が与える水を飲む者は決して乾

くことはありません。かえってその水はその人の内で泉となり、永遠の命となって溢れ

出るのです。」

イエスが十字架上で死なれた時、ヨハネ13章34節後段では、「兵士の一人がイエ

スの脇腹を槍で突いた。血と水が流れ出た。」とあり、ここでもまた水と救いがリンクし

ました。

第1コリント10章4節で、水を通した神様の救いの違う例が示されています。

紅海を歩いた人々が「彼らの全ては同じ霊の水を飲んだ」ことを想起します。

モーセのもう一つの話の参照です。出エジプト記17章では、イスラエルの子たちは荒野

にいて、飲むべき水がなかった。彼らは死んでしまうところであった。そこでモーセに不

平を言い、モーセはこのことを神に持って行った。神はモーゼにホレブ山の岩を打てとお

命じになり、モーセがそれに従うと民が飲むことができる水が岩から流れ出た。それで

人々は旅を続けることができた」とあります。第1コリント10章4節では、この話をこ

う言って説明しています。

「彼らは、彼らについて来た霊的な岩から飲んだ。その岩とはキリストです。」

 

1D  ヘブライ人が充分な食料が無くなる時、モーセの祈りを通して神様は食料としてマナをお

与えになりました。

出エジプト記16章4節後段で

「私は、あなた方のために、パンが天から降るようにする。民は外に出て、毎日、一

日分を集めなければならない」とあります。

神様は人々の必要に対し配慮し、人々の身体的な必要を満たす力を示すのです。

新約聖書のヨハネ6章35節におけるイエスの教えに

「私は命のパンなのです。私に来る者は誰でも決して飢えることがない。」

とあるように、神様は、キリストによって神様に従う人々の身体的な必要を満たすのです。

また何よりも私達の霊的な必要に対しても、そうなさるのです。

 

1E  神様の民はまたしても危険に陥るのですが(荒野で蛇に襲われる)神様はモーセを用いて

人々を救います。

民数記21章9節で、

「モーセは一つの青銅の蛇を作り、それを旗竿の上につけた。もし蛇が人をかんでも、そ

の者が青銅の蛇を仰ぎ見ると、生きた。」

とあります。 人々に脅威を与えているものから自由にするという神様の働きがありますが、

しかし、これが全てではありません。良識的なユダヤ人でもあるイエスはこの物語を知って

おられ、そこに御自身に関することを見ます。

ヨハネ3章14〜15節 でイエスは「モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子もまた上げ

られなければなりません。それは、信じる者皆、人の子によって永遠の命を持つためで

す。」

と語られます。キリスト者はキリストが十字架について語っておられると分かりますね。

キリストは死ぬべき時が迫っていることを知っています。しかし同時に十字架の死を

神様がとてつもなく良い事に用いられることも知っておられます。聖書において蛇はよく悪や

罪を象徴するものとして表されます。十字架においては、イエスは実際に現実における罪とな

られたのです。

第2コリント5章21節では

「キリストには罪がありませんでしたが、神はキリストを私達の代わりに罪とされました

それは私達が、この方にあって、神の義となるためです。」

と教えています。

 

このようにして、イエスは、イエスが現れる遥か前の段階で、モーセがイエスのために

引いた線の上を歩かれるのです。

モーセの生涯を通して、彼の死後ではありますが、ヘブライ人はついに約束の地へとたどり

着きます。キリストの十字架はより大きな意味で必要です。十字架を通して、神様は

究極の約束の地である、天国、永遠の命に至る道を開けたのです。イエスの死は、十字架の福

音を受け入れるあなたや私そして全ての人に新しい命(人生)をもたらしています。

あなたも私も、神様が救いをなす力強いお方であると知る必要があります。

神様は私達が救われる、自由になる、私達を引き摺り下ろし、後ろ向きにさせる全てのもの

からの救い、これらのための道を作っておられます。それが、中毒のようなもの、憂鬱、自分

自身への悪い見方、人種上の不正義、性差別、私達自身の強い憤り、なんであれです。

私達を奴隷にして、自由を奪い取っているどんなことであっても、主の御手に委ねることが

できます。

 

その神様が、今私達に、私達のためにお遣わしになった救い主を通して、約束の地へと呼び

かけています。

 

2  二つ目に、解放者であることの他に、モーセは預言者、神様の言葉を与える者でありまし

た。

出エジプト記19章3〜6節には、

「モーセは神のみもとに上って行った。主は山から彼を呼んで仰せられた。『あなた

は、このように、ヤコブの家に言い、イスラエルの人々に告げよ。あなた方は、私がエジ

プトにしたこと、また、あなた方を鷲の翼に載せ、私のもとに連れて来たことを見た。

今、 もしあなた方が、誠に私の声に聞き従い、私の契約を守るなら、あなた方は全ての

国々の民の中にあって、私の宝となる。全世界は私のものだからである。あなた方は私に

とって祭司の王国、聖なる国民となる。これが、イスラエル人にあなたの語るべき言葉で

ある。』」とあります。

これは神様が、神様が愛される神の民(神様に従う人々)に言いたいことでした。

モーセはメッセンジャーです。彼の働きはここで終わりません。

申命記18章15節で彼は、「あなたの神、主は、あなたのうちから、あなたの同胞の中か

ら、 私のような一人の預言者をあなたのために起こされる。彼に聞き従わなければならな

い。」とあります。

キリスト者はモーセが来たるべきメシアであるキリストのことを言っていると分かります。

イエスが新約聖書の時代に現れる時、その一つの主要な役割は預言者としてのものでした。

イエスは父なる神のために語り、イエスの声により、私達は神様の声を聞くのです。

 

3  三つ目に、モーセは司祭として仕えます。その主要な役割は仲介者としてのものです。すな

わち司祭とは人々と神様との間に立って行動します。司祭は、教えること、祈ること、儀式そ

の他をすることで民と神様を結びます。モーセを通して、神様はイスラエルの民と契約を交わ

しました。これは多くの意味で結婚と同じで大変深く、大事な約束です。神様は御自身を民に

与え、神様の 民として人々を選ぶのです。

モーセはヘブライ人から離れていようとすれば、そうできたのです。彼は王家の家族でし

た。宮殿のようなもっと居心地の良い所にだって居られたのです。不正義、抑圧、政治、経済

等の難しい問題と関わることにノーと言っても良かったんです。しかし、神様の愛する民に向

けられた彼の心は、その民を見ないように目をつぶることをさせないのです。モー

セはただ一時のみ訪問しやがて家に帰っていく旅行者のような者ではなく、彼の人生を賭け

て、救いのため神様が自分を遣わされた民に関わり続けたのです。

 

例として、出エジプト記32章に、ヘブライ人が神様を礼拝する代わりに黄金の子牛を作った

時神様は非常にお怒りになり、民に厳しい罰を下すところでしたが、モーセは神様にそれ

をしないように言ったのです。(32節)、「彼らの罪を赦してください。しかし赦さな

いのであれば、あなたが書かれた巻物から私の名前を消してください。」

 

ここでモーセはキリストのイメージとなっています。キリストもまた神様と私達の間で私達

と共にいるために来られましたと聖書は言っています。キリストはまた、私達を神様にとりな

して下さるお方です。ヘブル人への手紙7章25〜26節ではキリストに対して「民は今やキリ

ストを通して神の御許に来る…キリストは民のために祈られる…私達の必要を満たして下さる

大祭司。キリストは聖なる方、穢れない方、責められることのないお方…天の上までも引き上

げられるお方」と言っています。 祈りを通して私達が神様へ向かう時に共にいることによっ

て、神様が神様の民と始めた契約関係の中で私達が生きるよう助けて下さるのです。ちょうど

 

モーセが 民を旧い契約へと導いたように、キリストは私達が神様との新しい契約に生きるよ

う導いておられるのです。

 

今日、私達は神様の言葉を聞いています。その言葉を深く私達の心に植えつけていきま

しょう。それは神様の時と方法で実を結ぶためであり、神様はそうしたいと望んでおられ

るのです。モーセ(の行動)が私達の理解を助けたように、主は、私達と私達の世界

が大いに必要としている救い主、預言者、祭司、そして王であるキリストを送ってくださ

いました。大きな混乱と対立の時代において私達の助けになること、個人、家族、教会

そして社会にとって本当に良い生活を築くための力として、これは(キリストが来られ

たこと)良き知らせ(福音)なのです。今日このことを皆さんと分かち合えることができ

て感謝します。さあ、祈りをもって神様の御許へ行きましょう。

 

全ての時と場所におられる全知全能の神様、何世紀にも渡るあなたの御技を、あなたの

言葉で私達に見せて下さり感謝します。

歴史上の出来事を支配する十分な力を持たれる神様であることを誉めたたえます。

主よ、あなたの力強き働きを私達が理解できるように、そして私達が力強い信仰を

持てるよう助けて下ください。

困難な時にも堅く立ってたじろがず、神様が私達のために用意して下さっている良

い人生を私達がおくれるよう勇気つけてくれる、そのようなモーセやイエス様が持った

信仰を私達にもお与えください。

 

モーセやキリストの生涯から、あなたが偉大な事を為されると読みました。ですから私

達の小さな生活又は私達の世界のどんな部分でも、あなたの愛に溢れる御手が堅く握りし

めると私達は知りました。

どうぞ、私達の考え、言葉、そして今日及び今週全てにおいて、毎日の行動を前もって

導いて下さい。

聖霊の力により、あなたの善、あなたの美しさ、あなたの真実、あなたの愛の全てで

満ちますように。キリストの御名によって祈ります。アーメン

 

参考

 

Botting, D. (February 2, 2015). “Moses: A Type of Christ.” MaranathaBelleville. Maranatha Christian Reformed Church. Woodstock, Ontario, Canada. Retrieved September 10, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=N2avk X2IpbE

Kelly, R. (April 9, 2014). “Moses As a Type of Christ.” Liberty Faith Church. Norwood, Missouri, USA. Retrieved on September 10, 2017 from https://www.youtube.com /watch?v=_v-tvNDkhyE

Tripp, J. (September 6, 2012). “Moses a Type of Christ.” Suncoast Bible Fellowship. Pinellas Park, Florida, USA. Retrieved on September 10, 2017 from https://www.y outube.com/watch?v=g_VWmCBi-1s&t=2660s