When Life Doesn't Make Sense

ダウンロード
人生に納得のいかないとき.pdf
PDFファイル 1.2 MB

English Service on June 18

Messenger:Pastor Jim Allison

Title: "When Life Doesn't Make Sense"  Bible passage: Genesis 22:1-18

 

       This story.  It has fascinated and frustrated people all over the world for thousands of years now.  I don’t want to make a tsumaranai hanashi today, so I’ll try to make a tsumaru hanashi.  But what does that even mean?  I don’t know.  It doesn’t make sense, does it.  Many people who read about Abraham and Isaac feel a little like that.  It sounds strange, or crazy, or even evil for God to tell someone to kill his son as a sacrifice.  But then again there is a lot about life that doesn’t seem to make sense, isn’t there?  Does it not seem that way to you?  Maybe that is one reason this story has stayed with us so long.  It offers us some strong hints about what can help us when life doesn’t make sense.

       To begin to get a handle on Genesis 22, let’s remember that God’s purpose in this is to “put Abraham to the test” (v. 1b).  He never plans for things like killing a child to become what His people do.  His purpose is to see what is really in Abraham’s heart, and He decides to go about it in a remarkable way.  

       And this is far from the only time God tells his people to do something that sounds crazy to them at the time.  This is the God who later will tell Moses (a shepherd with a criminal record in Egypt) to go to the King of the most powerful country in that part of the world and command him to set His people free to leave the country.  This is the God who will command Daniel to break the law by refusing to bow down to the king.  He will do this knowing that to disobey this law means He can be killed for it.  This is the God who will see all the terrible things happening in the world and decide that what we really need is for Him to send His only Son from heaven into this world as a baby.  He will live as a carpenter’s son and a traveling preacher, then get executed as a criminal and come back to life again.  What a plan!  That all seems to make no sense.  Not to us, at least.

       Why does God’s command in Genesis 22 present such trouble for Abraham?  It is partly because he knows the Lord as the giver of life and the God of love.  How could taking the life of this child possibly be something a God like this would want?  The command seems to go against the very character and heart of Yahweh.

      But we have to remember that in Abraham’s culture and time, the life of the child is completely under the father’s control.  In this world, Abraham has the right to take Isaac’s life if he chooses.  We do not accept that in our cultures today, but many did at that time.  It is not correct to say that God welcomed the idea then, judging from the way the story turned out.  In a time in history when the normal thing to do is human sacrifice, God steps in and says no in this case.  This is remarkable to the people in Abraham’s time, just as it is striking to us that God would even tell someone to take the life of another person.  

       But the question of making a human sacrifice is not the only problem Abraham has with God’s command.  More specifically, God has made a clear promise to Abraham.  Hebrews 11:18 tells us, “God had said to him, "Your family line will continue through Isaac.”  God’s plan is to raise up a special people who will bring His love and teachings to all the world.  So if Isaac is killed, won’t that directly cancel the plans that Almighty God Himself has made?  This can’t be right, can it?        

       We come to worship on Sundays to help us feel uplifted and empowered.  But God’s first command to Abraham no doubt leads him to feel terrified and dread the future.  We want people to meet God at Open Door in an “at home” atmosphere and go home with joy in their hearts.  But after meeting God, Abraham is probably shaking and maybe crying.  As one preacher said, instead of giving people nice, soft chairs to sit in at worship, maybe we should pass out crash helmets.  

        You fill in the blanks, OK?  “Take your ____, your only ____. ____ is the one you love. Take ___. Go to Moriah. Give ____ to me there . . .” (v. 2a).  What words did you fill in?  “Take your money (your time, your education, your qualifications, skills, good reputation, whatever you feel like you cannot live without).  . . . Give (it) to me . . . .”  What do you hear God asking you to place in His hands as you give Him first place in your life? 

       And the way God gives His command to Abraham gives a hint about the kind of faith He wants to build in His people.  He says to sacrifice Isaac “on one of the mountains I will tell you about” (v. 2b).  The Lord is not even going to tell exactly where this is to happen.  He wants Abraham to get in the habit of listening and going where he is led.  This is not the first time Abraham has heard words like this.  In Genesis 12:1-2, “The LORD had said to Abram, ‘Leave your country and your people. Leave your father's family. Go to the land I will show you. I will make you into a great nation. I will bless you. I will make your name great. You will be a blessing to others.’”  If God’s plan were that we make a clear-cut plan for our lives and work to carry it out and achieve our dreams, He would never do something like this.  But God is a lot more interested in teaching us to listen and follow His voice step by step.  Abraham knew this.  So (v. 3b) “Then he started out for the place God had told him about.”

What God seems to be so happy about at the end of the story is the attitude that Abraham takes when he faces life’s trial, when life doesn’t make sense.  When the Lord calls his name, Abraham answers simply and with an open heart and mind (v. 1), “Here I am.”  The Hebrew word used here is Hineni.  Abraham says, in effect, “I’m listening.”  He keeps this spirit throughout the story.  In v. 11b when he is ready to offer Isaac as a sacrifice and God’s angel calls his name again, he gives the same answer: “Hineni.”  When you and I have that will to be listening, open to God, ready to follow where He leads, He is ready to use us for good things, for great things.  

      When I hear that word, Hineni, I remember when our daughter Karen was born.  We asked Keiji-sensei, Pastor Tomita, to help us choose a name for her.  He prayed, and as he did, he felt he was being led to the story of the boy Samuel.  I Samuel 3 tells us that as the child sleeps one night, God calls his name, and he answers, “Hineni.”  Through listening and obeying God’s voice as he understands it, Samuel finds God’s unique calling for him and his place in the world.  That is our prayer for our daughter and each person in God’s world—that we will all be ready to listen and respond in faith when He calls us.  

       What else could God be trying to tell us through this mysterious story?  One hint comes in the name of the mountain where the sacrifice takes place: Moriah.  Where is that, exactly?  Experts on the Bible do not all agree, but II Chronicles 3:1 tells us, “Then Solomon began to build the temple of the Lord. He built it on Mount Moriah in Jerusalem.”  If it is talking about the same Mount Moriah as Genesis 22, it is talking about the place where the sacrifices of animals come to be given for many, many years throughout the Old Testament.  It is also very close to Calvary, the hill (or small mountain) where Jesus’ life was given as the ultimate Sacrifice for the sin of human beings.  

      So aside from the question of the exact place Mount Moriah was, the place the Abraham and Isaac story takes place is no accident but rich in symbolism and meaning.  It is important to our God that you and I have a way for our hearts to be made clean, for our guilt to be taken away, for us to live in the freedom of knowing we have been forgiven and made acceptable to Him.  He deeply desired that even in Abraham’s time, as Genesis 22 shows, and He made it possible in the fullest way through the cross of Christ.

       Are the links between today’s Old Testament story and the New Testament gospel of the cross and resurrection starting to come into focus for you?  Are you beginning to see how Abraham’s father-son relationship with Isaac is like God the Father’s relationship with His Son Jesus in some key ways?  We get another part of that when we read that the events on Mount Moriah took place “on the third day” (v. 4).  Jesus was brought back to life on the third day.  The day Isaac went to Mount Moriah was to become a kind of resurrection day for him—a death and resurrection day all rolled into one, we might say.  God is not spelling it all out for us word by word at this stage.  We are still in shadow territory.  But step by step we are moving closer to the cross, and the blurry image of the real person, Christ, is becoming slowly clearer. 

        Verse 4 tells us that on this third day “Abraham looked up. He saw the place a long way off.”  What must he be feeling as he looks at that mountain, knowing that the closer they get to it, the closer they are to the death of his son?  The writer does not tell us directly.  The words are tightly focused just on what happens.  Yet despite this, the human feeling comes through.  It is very easy to feel the dread and the fear that Abraham must have in his heart.  Yet God leads him not to escape it but to face it.  He does this with a firm and deep sense of dependence on the one thing he knows he can count on when life doesn’t make sense: the unchanging love of God.  

        When we get to v. 13, the father and son have reached the mountaintop, Abraham has been obedient, and God has stepped in to stop the human sacrifice.  At this point again we read, “Abraham looked up.”  This time he sees the same mountain he viewed earlier that day with such dark feelings.  But now that he sees the mountain from the viewpoint of someone who has come there in obedience to his loving God, he sees something wonderful that transforms his dread to overflowing joy, something he could never have seen from far off.  It is a ram with its horns caught in the bushes—a way for the requirement of a sacrifice to be met but also for his precious son to live.  We can guess that the bush is a thorn bush, a foreshadowing of the thorns that will be around Jesus’ head as he hangs on the cross.  In providing the ram, God has made a way.  His justice and His mercy are not set against each other as it had seemed.  

        There is a way for the pieces of this puzzle to fit together after all.  Life may not make sense to us, but that’s OK in the end.  Our loving Father gets it, even if we don’t.  And in the end, we are in His hands if we will only place ourselves there, as Abraham, Isaac, and Jesus teach us through their examples to do.   

        These people’s stories are all ones of God keeping His promises.  Before Abraham goes up the mountain, he says to his two servants in v. 5b, “The boy and I will go over there and worship. Then we'll come back to you.”  That later turns out to be true, a word of prophecy, though Abraham may not be able to imagine when he says it how it can be possible.  In the same way, in v. 8b when Isaac asks his father where the lamb for the sacrifice is, Abraham answers, “God himself will provide the lamb for the burnt offering . . . .”  At the moment he says these words, he probably thinks that Isaac will be that lamb.  He may be fighting back tears to answer his son.  Much later in Hebrews 11:19 we get a little clearer idea of what is happening in Abraham’s heart.  It says, “Abraham believed that God could raise the dead. In a way, he did receive Isaac back from death.”  In this amazing way, God makes it possible for Abraham’s words of prophecy to be proven true.   

      So we are seeing again how Genesis 22 is pointing forward toward the cross and resurrection.  In v. 6 it isn’t Abraham but Isaac carrying the wood.  Isaac carries it toward the place where he is to be killed and given as a sacrifice.  Does that sound familiar?  Yes, Jesus carries the wooden cross, going to Calvary, in the gospel stories of His death.  He is “the lamb of God. He takes away the sin of the world” (John 1:29) there.  Long before, Genesis 22 has given us partly-completed images of this as Abraham and Isaac talk in vv. 7-8 about the sacrifice of the lamb.

        Abraham is known as “the father of the faith,” but Isaac is probably a model of amazing faith for us as well.  From all we read in v. 9, he does not resist his father’s tying him up to kill him and put him on the wood to be burned.  Christians see there an early signal of how Jesus will face the cross, not trying to escape but going willingly and with determination.  He has already made His decision, finally and fully in Gethsemane, to obey His Father.  This is the picture of freely chosen radical obedience that we are given as a model for us.

        When God sees in Abraham this will to obey, the whole Genesis 22 story turns.  This is what the Lord has been looking for.  His angel says to Abraham (v. 12b), “. . . You have respect for God.”  The Message version phrases it, “Now I know how fearlessly you fear God . . . .”  Then the angel tells us something about what it means to fear, or respect God.  He says, “You have not held back from me . . . .”  In this case, it is holding back “your son, your only son.”  

        From God’s point of view, this is what counts the most—the whole point of the test.  Abraham has chosen to live by faith in Him.  The key turning point is not when the Abraham sees the ram in the bush and the problem is solved.  That hasn’t happened at the time God’s angel begins giving His blessing.  But to Him, the victory has already been won.  The rest all flows out of this. 

        God’s heart is moved when He sees Abraham’s commitment to Him.  We see in this man of faith the kind of deep, powerful love that God had when “he loved the world so much that he gave his one and only son” (John 3:16a).  “What should we say then? Since God is on our side, who can be against us? God did not spare his own Son. He gave him up for us all. Then won't he also freely give us everything else? Who can bring any charge against God's chosen ones? God makes us right with himself” (Romans 8:31-33).

       When life doesn’t make sense for Abraham and Isaac, the great discovery that they make is shown in the name Abraham gives that place: Jehovah-Jireh.  It means “The Lord Will Provide.”  More literally, it is “God Sees.”  We may get the nuance more if we call it “God Sees to It.”  In other words, when we take our needs to God, He will be sure to see and meet them.  

        And just because He wants to, out of His kindness, He often goes much further.  In 22:17 He says, “So I will certainly bless you.”  And His great dreams and plans do not end with those who are already His people.  He continues (v. 18), “All nations on earth will be blessed because of your children. All of that will happen because you have obeyed me.”  I invite you to spend some time sometime this week imagining how God wants to bless you through your more complete obedience to Him.  And whom does God want to bless through your obeying Him?  Spend some time in “sanctified imagining” of that.  Then through you and many more like you Christ’s words in John 3:16b will take shape in our world today: “Anyone who believes in him will not die but have eternal life.” 

        As in Bible times, today too God wants to raise up a people who will live by faith, who will love and trust Him as His children.  In other words, He is forming a family.  What does God want of His children?  He wants hearts that are completely given to Him.  In Genesis 22, when He sees that Abraham’s will is submitted to Him—the outward act of offering a sacrifice becomes unnecessary.  This is the revolutionary step Abraham takes at God’s direction— from works to faith.  What God wants from you and me is the same—faith.  That is, He wants us to freely choose to place our lives in His hands and live each day under His control.  He wants us to put Him in the driver’s seat.  When we do, He is more than willing to accomplish His wise, loving plans in us and through us.  He will make us the blessings to many people that He has designed and called us to be.  

       Let’s pray that He will do that, beginning even now.

      God, seeing your amazing work in the story of Abraham and Isaac, we remember your words to Abraham, and we say back to you, “Now I know that you have love for me. You have not held back from me your Son, your only Son.”  You ask your people to make great sacrifices, but you have already given us more than you ask in return.  Lord, we stand in awe of that kind of love.  It is too great for us.  So we ask for your help.  Enable us to live out of thanks to you for that incredible gift.  Build in us the kind of faith that you showed us through the lives of Abraham and Isaac, then most fully through Jesus.  Let the power of that faith be the force that takes us through each day of our lives ahead.  We ask it in Christ’s name, amen.     

 

References 

 

 

Maclaren, A. (1906). The Book of Genesis. “Faith Tested and Crowned.” “The Crowning Test and Triumph of Faith.” “Jehovah-Jireh.” Bible Study Tools. Retrieved May 26, 2017 from http://www.biblestudytools.com/ commentaries/maclaren/genesis/the-crowning-test-and-triumph-of-f aith.html  One for Israel. (n.d.). Retrieved June 11, 2017 from https://www.oneforisrael.org/bible-based-teaching-from-israel/hineni-here-i-am-send-me/

 

創世記22章1節〜18

人生に納得のいかないとき

 

   今日は、何千年もの間、世界中の人々を魅了したり欲求不満にしてきたお話です。

私はこの話を「つまらない話」にするつもりはありません。むしろ「つまる」話としたいのです。一つの同じ話が「つまらなく」しかも「つまる」って、意味が分からないかもしれませんね。

   アブラハムとイサクの話を読む多くの人々は少なからずこの様に感じると思います。

 神様が誰かにその息子を生贄として殺すように命じるなんて、おかしいし狂っている、または邪悪なこととさえ見えますね。でも、私たちの人生にも、このように納得のいかないことが多く起きるものです。そう思いませんか? 

   そうであるから、この話が長い間、私たちの心に残っているのだと思います。このお話は、人生が納得のいかないと私たちが思う時、助けを与える大きなヒントとなるものです。

 創世記22章について取り上げる前に、この章における神様の目的がアブラハムに試練を与えることであったことを覚えましょう。神様は、神様に従う者の行いとして子供を殺すような事となる、そのような計画を決してなされません。ここでの神様の目的はアブラハムの心の中に何が本当にあるのかを見ることであり、驚くべき方法でそれに取り掛かるのです。

  また、これは、神様が、信じる者達が理不尽(クレイジー)と思うことを告げる唯一の例でもありません。後には、モーゼ(エジプトで犯罪歴のある羊飼いであった)に、当時最も強いエジプトの王のところに行き、その王に、神の民(ユダヤの人々)を解放し国から出て行かせることを命じろと告げたのも同じ神様です。また、ダニエルには、王にひざまずくことを拒絶するという法律違犯(しかも、この不服従の法を犯せば死刑になることを知っているのに)をするよう命じます。

  この世が酷い事で満ちていることを見て、私達に真に必要な事であるからと神様の独り子を天から赤ん坊の姿で送ることを決め、その独り子が大工の子として、さらに、旅をしながら教えを説く者として生き、犯罪者として処刑され再び生きて戻ってくることになる、そのようなことをなされるのです。 なんと言う計画なのでしょう。これら全ての事は意味のない事のように見えます。しかし、少なくとも私達にとってはそうではありません。

 創世記22章における神様のご命令は何故アブラハムに災難をもたらすものだったのでしょう? その理由の一つは、主が生命を与えるお方でさらに愛の神であることをアブラハムが知っているということです。

   この子供の命を取り去ることがどうして神様が望む何かになり得るのでしょう?

それはヤハウエィの性質、御心と相入れないもののように見えます。

 私たちはまず、アブラハムの生きていた時代の文化によれば、子供の命は完全に父親の意のままであり、アブラハムもイサクの命を取り去る選択が可能であったということを考える必要があります。私達の住む現代の文化では到底受け入れられないことですが、当時は多くの人々が行なっていた事です。

  この話の結果から判断して、神様がこのような考えを歓迎していたと言うのは正しくありません。歴史上の一時期において人を生け贄とすることが正常な行為であった時、神様はこれに介入し否と言うのです。これはアブラハムが生きた時代の人々にとって驚くべき事であり、それは、今の私達が、神様が誰かに他の人の命を取り去るように告げることに衝撃を受けるのと同じことです。

  しかし、アブラハムにとっては人間を生け贄をすることだけが、神様の命じた事との関係において、問題視される唯一のものではありません。もっと顕著なのは神様がアブラハムとハッキリと契約を交わしていたことなのです。

   ヘブル人への手紙書11章18節では、”イサクから出る者があなたの子孫と呼ばれる”と神がアブラハムに言われたと書かれています。

   神様のご計画は、神様の愛と教えを世界の全てに伝えることができる特別の人を育てあげることです。だからイサクが殺されてしまうと全能の神様、その方自身の為された計画が中止されることになります。これは正しいことではないですよね?

  私達は日曜日に礼拝に出席し(霊的に)引き上げられ力を受けると感じます。

  これに反して、アブラハムへの最初の命令は紛れもなくアブラハムに将来に対する恐怖を抱かせるものでした。

  私達はオープンドアに来る人達が家庭的な雰囲気の中神様に出会い、心に喜びを持って家に帰ることを望みます。

  しかし、アブラハムの場合、神様と出会った後は、多分震え泣き出したと思います。

  礼拝の出席者に心地よく柔らかい椅子に座ってもらう代わりに、ヘルメットを回した方が良いかもとは、ある説教者が言っています。主が試練と‹t‹«を通してこそもっとも豊かな恵みを与えてくださることが多いという意味だと思います。

 次の空欄を埋めてみて下さい。

あなたの__、たった一つの__を、あなたの愛する__を取り去り、__を携え、モリヤの山へ行きなさい。 そこで__を私(神様)に差し出しなさい。(2節)

あなたは何を入れましたか?

  あなたのお金(時間、教養、資格、技術、良い評判、それなしでは生きていけないと思うもの何でも) を取り去り、それを私に(神様)に捧げなさいという事、

  あなたの人生において、第一の場所を神様とするように、すなわち神様の御手に信頼するよう神様が求めるとして、神様からどのようなことを聞きますか?

 神様がアブラハムに命令を与える方法は、神様に従おうとする者(神の民)が持って欲しいと神様が願う信仰について教えています。

神様は”私がこれから示す一つの山の上”でイサクを生け贄として捧げなさいと言います(26節)。主はそれがどこで為されるかさせ言いません。アブラハムにとって神様のこのような声を聞くのは初めてのことではありませんでした。

  創世記12章1〜2節では、”あなたの国を離れ、私が示す土地へ行きなさい。あなたは国を出て、親族に別れ、父の家を離れ、私の示す土地へ行きなさい。私はあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大きくしよう。あなたは祝福の基となるであろう。”とあります。

  もし神様のご計画が、私達が自分の計画を明確に立て、これを遂行し夢を叶えるというものであったとしたら、神様は決してこのようなこと(イサクの生け贄を命じる)はなさらなかったでしょう。神様は、少しづつでも神様の御声を聞いて従うことを私達に教えることに関心を多く持たれるのです。

   アブラハムはこれを知っていました。だから”アブラハムは神が彼に告げた土地に向けて出発した”のです。

  この出来事の結果について、神様が喜ばれたのは、アブラハムが人生の試練に遭い、その無意味さに直面した時、彼が示した態度でした。

  主がアブラハムの名前を呼ばれた時、アブラハムは”私はここにおります。”とシンプルに心を開いて答えます。 ここで使われているヘブライ語は「Hineni』という言葉です。

 実際にアブラハムはより確かに「私は聞いております」と答えています。彼はこの話の初めから終わりまで一貫した態度でした。11節で、アブラハムがイサクを生け贄として捧げようとするまさにその時、神様の使いが再び彼に呼びかけます。アブラハムは同じくHineniと答えるのです。

  私達が神様に向かって心を開き、聞いておりますと言い、神様に導かれるところに従う意思を持つ時、神様は良いこと、素晴らしいことのために私達を用いようとされるのです。

 私はHineniという言葉ですを聞くと、私達の娘のカレンが生まれた時のことを思い出します。私達は啓示先生(富田牧師)に娘に付ける名前について相談しました。先生は祈ってくれて、そして少年サミュエルの話を導かれていると仰いました。

  サミュエル記1の3で、少年サミュエルはある夜、眠っていると神様が彼の名を呼び、サミュエルがHineniと答えるくだりがあります。神様の声を聞いて、これに従い理解することを通じて、サミュエルは神様の自分のための独特な呼びかけと世界における自分の立場をしるようになるのです。これこそが私達の娘のために祈り(願い)であり、また、神様に従おうとする人達の姿勢です。即ち、神様に呼びかけられた時、私達全ては、信仰を持ってこれを聞き応答をすることです。

  神様が、この奇妙な話を通して教えたいと思っているもう一つは何だと思いますか?

生け贄が捧げられた山の名前「モリヤ」が一つのヒントです。その正確な場所はどこだと思いますか?聖書の専門家の間でも意見が分かれるところですが、歴代誌2の3章1節では、

 “ソロモンは主の家を建て始めた。彼はエルサレムのモリヤ山の上に建てた”とあります。もしこれが創世記22章のモリヤ山と同じ山であるなら、この場所は旧約の時代において何年も何年も動物の生け贄が捧げられた場所ということができます。そしてここは、キリストが人類の罪のため究極の生け贄として命を捧げられた、カルバリ山(丘)にとても近い場所なのです。モリヤ山の正確な場所の話はひとまず置いておいて、アブラハムとイサクの話が起こった場所は、その象徴するものと意味において偶然ではなく豊かな意義があります。

  あなたや私が、心が清くされる、罪が取り去られる、許されて神様に受け入れられることを知って自由に生きる、これらのための方法(道)を私達が持っていること、これこそが神様にとって大事な事なのです。

   神様は創世記22章のアブラハムの時代でさえ、深くそのように望んでおり、キリストの十字架を通して完全なる方法で可能とされたのです。

 さて、今日における旧約の物語と新約聖書の十字架の福音、復活の関係性について明確になってきたでしょうか? アブラハムとイサクの親子関係が、どのようにして父なる神様とそのひとり子イエス様との関係と関連を持つのか見え始めてきたでしょうか?

  そのことを知る上で”三日後”にモリヤ山で起こった事を聖書で読む時に一端が分かります。イエス様は三日目に命に連れ戻されました。イサクがモリヤ山へ行ったその日は、彼にとって復活した日のようになりました。即ち死と復活の日が巡って一つの意味となったと言えます。神様はこの段階ではまだ、私達に言葉で詳しく説明していません。私達は未だに影の部分にますが、一歩づつ十字架に近づくことで、真に人であるキリストの姿がぼんやりとしたイメージから少しづつハッキリとしたものになってくるのです。

   第4章では、三日目に”アブラハム”は目を挙げて遠く離れた所にその場所を見た”とあります。その山に近づけば近づくほど、息子の死が近づくと知っていながら、アブラハムがその山を見た時、なのを感じた(感じざるを得なかった)のでしょう?  著者は直接私達に書いてはいません。そこで何があったのかにしっかり焦点を合わせて書いているだけです。

 それにも関わらず、人間の感情は入り込んできます。アブラハムは心にひどい恐れを抱いていたに違いないと容易に思います。それでも神様はアブラハムをそこから逃げる事なく、向き合うように導かれているのです。

   アブラハムは、人生が意味を持たないと思われる時、頼ることができると自分が知っているたった一つのこと(変わることのない神様の愛)に固く立ち、深くより頼む(信頼する)意識を持って、これを実行(犠牲を捧げる)するのです。

 13節で、父子は山頂に到着します。アブラハムはずっと従順であり続け、神様が人を生け贄にすることを止めるために介入します。この部分で再び”アブラハムが見上げた”という表現が出てきます。この時アブラハムは、同じ日の初めに沈んだ気持ちで見た山と同じ山の姿を見るのです。しかし今度は、愛する神様に従順に従ってきた者の、その恐怖をあふれんばかりの喜びに変えるという素晴らしい結果を見た者の視点で見るのです。

   やぶに角が引っかかっているのは子羊でした。生け贄として求められたものの必要が満たされ、アブラハムの大事な息子が生きるためでありました。そのやぶはいばらだと思われます。イエス様が十字架にかけられた時に頭に被せられたいばらの伏線です。子羊を用意することで神様は道(方法)を用意されたのです。

 神様の正義と憐れみは(この物語で示されたように)対立しないのです。最後にはパズルの断面が合わさるように道(方法)があるのです。

  人生は納得がいかない時があります。しかしその結果はOKなのです。私達の愛する父(神様)が私達の人生の全てを見守っておられます。私達が人生の多くのことは分からなくても見てくださっています。私達は、私達自身の身の置き場を神様の御手の中とする(決断する)だけで、神様の御手の中にいることができます。それは、アブラハム、イサク、イエス様というお手本が教えている通りです。

 この人たちの話の全部は神様がご自分の約束を守ってくださるという話です。アブラハムは山の上まで行く前に僕の2二人に言います(5節)。「・・・ここに残っていなさい。私と子どもとはあそこに行き、礼拝をして、あなたがたのところに戻って来る。」その言葉を言った瞬間でその意味の全部分からないかもしれませんが後から振り返って見ると、予言の言葉だったと気がつきます。その通りになるのです。同じように8節にイサクが生贄となる羊はどこにいるかを聞いたら、アブラハムは答えます。「イサク。神ご自身が全焼のいけにえの羊を備えてくださるのだ。」そう言う時イサクがそのいけにえになると思っているでしょう。その言葉を言いながら涙が出そうだっているかもしれません。そのずっと後はヘブル書11:19のみ言葉でアブラハムの心にどのような思いがあるかの情報が出てきます。「彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。」この不思議な方法を通して、神様がアブラハムの言葉は真実であると明確にしてくださいます。

 ここでまた創世記22章はまだ先にある十字架と復活を指しています。6節にアブラハムではなくてイサクがたきぎを背負っています。生贄として捧げられ、殺されるところに向かって背負っています。何かに似ていると感じませんか。そうです。福音書にイエス様がカルバリ山に向かって、木の十字架を背負っている場面があります。「世の罪を取り除く神の小羊」です(ヨハネ1:29)。十字架のずっと前から創世記22章が7,8節でアブラハムとイサクが小羊の生贄の話を通して、私たちにまだハッキリしない、部分的であるイメージ、「型」をくれています。

  アブラハムは「信仰の父」として知られていますがイサクも模範的な信仰を持っているようです。9節で読める限り、アブラハムに縛られ、たきぎの上に置かれている時に何の抵抗もしないで信用しているようです。クリスチャンはこの話を読んで、イエス様が十字架を前にしている時に抵抗しないで強い意志をしっかり持って近づいている時の印として理解します。ゲッセマネの園ですでに完全に、そして最終的に自分の意志を神様の御心に委ね、自分の父である神様に従う決意をしています。ここにわたしたちのために模範として与えられているのは、自由に、そして同時に厳格的に「従う精神」の具体的な例です。

 神様がアブラハムにこの従う意志があると見る時に創世記22章の話が大きく動きます。主が求めていたことです。それで天使が(12節で)言います。「あなたが神を恐ることがよくわかった。」「ザ・メッセージ」という訳にこのようになっています。「あなたがどれほど恐れずに神を恐れることがわかった。」それから天使が神を恐れること、敬うことはどういう意味かについて教えてくれます。「惜しまないでわたしにささげた」と言います。この場合に「自分のひとり子さえ」です。

 神様の視点から見て、これはもっとも重要なことで、この試練の目的の達成です。アブラハムは神への信仰によって生きることを決意しています。分岐点はやぶにひっかけている雄羊を見て問題の解決が明らかになる時ではありません。天使が神様の祝福を与え始める時点でこれはまだ起こっていません。主にとって勝利はすでに収められています。その後の全部がアブラハムの決意から流れてきます。

 人生の全てを捧げたいというアブラハムの心にある思いを見る時、主の心が動かされます。神様が「ひとり子をお与えになったほどに、世を愛された」(ヨハネ3:16)時に持っておられたような愛がアブラハムにもあります。「では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。私たちすべてのために、ご自分の御子をさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子といっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう」(ローマ8:31-33)。

 人生に納得のいかないとき、アブラハムとイサクが発見したことはアブラハムがその場所に付けた名前で表されます。「アドナイ・イルエ」(「主が備えてくださる」)です。文字通りに言えば、「主が見てくださる」という意味になります。つまり、わたしたちが持っているニーズを主に持って生き、捧げると、必ず見て、満たしてくださいます。

 そしてそれだけではなく、多くの場合に神様がただご自分の子供に与えたい思いを持っておられるから必要以上に与えてくださいます。22:17で言います。「わたしは確かにあなたを大いに祝福し・・・よう。」そして主の素晴らしい幻とご計画はすでにご自分の人になっている人々のためだけではありません。18節で続きます。「あなたの子孫によって、地のすべての国々は祝福を受けるようになる。あなたがわたしの声に聞き従ったからである。」皆さんも神様の御声にもっと徹底した形で聞き従うことを通して主があなたにどのようにして恵みを与えたいと望んでおられるかについて今週のうちに自由に考え、想像することで過ごす時間を設けたらいかがでしょうか。そしてわたしたちが従うことを通して、主はだれに祝福を与えたいと思っておられるでしょうか。それをじっくり考えて、「聖別された想像」の時間を過ごしてみませんか。わたしたちも多くの他の人もそのようにすることを通して、イエス様のヨハネ3:16の言葉が今日の世界にも形を取ることになります。「御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つ」ことになります。

 聖書の時代と同じように今日も神様が信仰によって生きて、ご自分の子供として愛を持って信用して従う人々を集めようとしておられます。つまり家族を作っています。ご自分の子供から何を期待しておられるでしょうか。ご自分に完全に委ねてある心を持って欲しいと願っていらっしゃいます。創世記22章の場合にアブラハムの心が完全に委ねられていると主が見るときに、目に見える生贄が必要ではなくなります。神様の導きによってアブラハムが行いから信仰へという大きな一歩を踏み出します。神様がわたしたちからも欲しいと思っておられることは同じです。信仰です。ようするに、自分の人生を神様の御手に置き、その導きの元で毎日を過ごすように自由に決めて欲しいと願っていらっしゃいます。運転席に自分で座らないで、ご自分に譲って欲しいということです。わたしたちがそのようにしながら、神様がご自分の知恵と愛のご計画をわたしたちに、そしてわたしたちを通して達成することが大いにできます。わたしたちを多くの人の祝福になるようにそもそも創造して、呼びかけてくださっていますが、実際にそのように成らせてくださいます。

 今からでもそうしてくださるように祈りましょう。

 神様、アブラハムとイサクの話を通してあなたの驚くべき働きを見ているわたしたちがあなたのアブラハムへの言葉を覚え、あなたに同じような言葉を言います。「今、わたしは、あなたがわたしを愛してくださっていることがよくわかった。あなたは、ご自分の子、ご自分のひとり子さえ惜しまないでわたしにささげた。」あなたはご自分の人に大きな犠牲を払うように言うことがありますが、わたしたちが恩返しとして払うことのできる犠牲をはるかに勝る犠牲をあなたがすでに捧げてくださっています。それほど深い愛の前に立つとわたしたちが驚いてしまいます。どう適切に反応すればいいか分かりません。だからあなたの助けを求めます。わたしたちの理解を超えるほど素晴らしい贈り物のために感謝の気持ちによって導かれ、力づけられて生きるように助けてください。アブラハム、イサク、そしてもっても完全な形でイエス様を通して見せてくださった信仰をわたしたちにも作ってください。その信仰の力によってこれから先の毎日を過ごすことができますようにお願いいたします。イエス・キリストの名前によって、アーメン。

 

参考

 

Maclaren, A. (1906). The Book of Genesis. “Faith Tested and Crowned.” “The  Crowning Test and Triumph of Faith.” “Jehovah-Jireh.” Bible Study  Tools. Retrieved May 26, 2017 from http://www.biblestudytools.com/  commentaries/maclaren/genesis/the-crowning-test-and-triumph-of-f aith.html   

 

One for Israel. (n.d.). Retrieved June 11, 2017 from https:// www.oneforisrael.org/bible-based-teaching-from-israel/hineni-here-i-am-send-me/