First Adam and Last Adam

ダウンロード
最初のアダムと最後のアダム.pdf
PDFファイル 242.6 KB

English Service on May 21

Messenger:Pastor Jim Allison

Title: "First Adam and Last Adam"  Bible passage: Romans 5:12-21

  

Last month when we were here together, we learned that after Jesus came to life again, He guided His disciples to start looking for Him in the Bible.  For them at the time, that was the Old Testament.  When they dug a little deeper there, they began discovering treasures about Him that they had not found before.  I want to explore some of those with you, beginning in today’s message.  There are far too many to see in one sermon, but let’s get a start today.  In that way, we can encounter Christ through God’s word and come to know Him in a deeper way, as His first disciples did.  That is the goal we have in all our learning here at church.  We want to come into closer relationship with God through His Son, Jesus.  Without that, we cannot hope to understand our world or ourselves fully and clearly.  So let’s begin our journey here.

As we do, we will be learning both the New Testament and the Old Testament.  Christians who look at them both find some amazing links between the two.  In fact, no matter what book of the Bible we study, we find that it points to Christ.  It’s like Jesus in the New Testament is a person standing in the sunlight, and the Old Testament is His shadow.  The shadow isn’t exactly the same as the person Himself, but it’s awfully difficult to separate the two.  They really go together, and you can see some very important things about a person by looking at His shadow.  

Bible teachers call these images of Christ in the Old Testament types.  Some of us are not too young to remember typewriters.  In them there was the shape of a letter.  When it hit the ink ribbon, it would put that shape onto a paper behind it.  It was like the process of making the imprint in the picture you see on the screen.  I used to see on TV the images here on the screen when I watched a police drama called Dragnet.   

 

Types are (a) patterns.  They show things that are linked or related between the one that comes first and the one that follows.  They may show something that is important because it is similar or specifically because it is different and contrasts.  Types are (b) historical.  They are actual people or events that take place in the real world.  Types are (c) prophecies, special words from God, for example showing something important that is going to happen in the future.  God gives prophecies to help His people be ready when He is going to do great things.  Types are (d) first steps.  They are not complete.  The completion comes later and is called the anti-type.  That does not mean it is against the type, like anti-Giants means against the Giants.  It just means it is different from or in contrast to the type.

We get an example in today’s Bible reading.  Paul teaches that Christ is the “last Adam.”  Let’s look closer to see what He means.  In doing that, we will discover that there are very deep and important teachings linked with this image of who Christ is.  In fact, there are answers to all of the basic questions that people answer in some way as we form our view of the world, whatever it is: (a) Who are we?  (b) Where did we come from?  (c) Why are we here?  (d) What’s wrong with us?  (e) What can help us?  (f) Where are we going?  In other words, understanding Christ as the “last Adam” will help us form a Christian way of viewing the world.  

1. The first group of images are about creation and destruction.   

A. Let’s look first at light and darkness.  Genesis 1:2b-4 tells us that before God made our world, “. . . Darkness was over the surface of the ocean. . . .”  Then “God said, ‘Let there be light.’ And there was light. God saw that the light was good. He separated the light from the darkness.”  Into this world Adam was placed.  

Fast-forward to the day of Jesus’ death.  A similar thing happens.  Mark 15:33 tells us that “At noon, darkness covered the whole land.”  When Jesus, the “light of the world” (John 8:12) is killed, the light goes away.  In the dawn of a new day the followers of Christ discover the good news that He is alive again.  Now we can “walk in the light” (I John 1:7) because He is with us.  Then in John’s vision of our life with God in heaven one day (Revelation 22:5), “There will be no more night. They will not need the light of a lamp or the light of the sun. The Lord God will give them light.”  I’m glad to bring you that part of the Good News today.

 

The second image is a garden.  In Genesis 2:8 we read that “The LORD God had planted a garden in the east. It was in Eden. There he put the man he had formed.”  Then jumping from the time of Adam to the time of Christ’s death, we see Jesus praying in the Garden of Gethsemane.  He could still run away at this point and not go to the cross, but He chose instead to obey His Father and go to the cross.  The first Adam lost the battle with temptation in a garden and chose to eat the fruit God had told him not to eat.  The Last Adam won the battle with temptation in a garden.  Through that, you and I can have hope as we fight from day to day with the temptations that are real parts of our lives.

Then in John 19:41-42, “At the place where Jesus was crucified, there was a garden. A new tomb was there. No one had ever been put in it before. . . . They placed Jesus there.”  When Mary Magdalene saw the risen Christ (John 20:15), she mistook Him for the gardener.  That is fitting in one important way.  Christ is the new and better keeper of God’s garden.  And through His body and blood, He brought back what the first sin took away.  We are here to praise Him for that today.

B. Then there is the breath in both Adam’s story and Jesus’.  Genesis 2:8 says about God, “He breathed the breath of life into him. And the man became a living person.”  The life-giving work of God was thrown into reverse on the terrible day when Jesus was killed on the cross.  Luke 23:46 tells us that then “Jesus called out in a loud voice, ‘Father, into your hands I commit my very life.’ After he said this, he took his last breath.”  Yet through this awful time, the resurrection became possible.  It brought back to Jesus the breath of life, and not long later (John 20:22), when He was together with His disciples, “He then breathed on them. He said, ‘Receive the Holy Spirit.’”  The spirit of life was restored, and with God the Spirit living inside us, we can have power and guidance for each day. 

 

C. The contrast between Adam and Jesus as the created and the creator can teach us many things.  Though they both were born through the miraculous work of God, Adam was from earth.  Jesus was from heaven.  The first Adam tried to become like God (by eating the fruit of the tree of the knowledge of good and evil).  The Last Adam was the God who became a man.  Jesus was perfect and sinless.  Adam, on the other hand, was sinless only when he had not yet met temptation.  He was innocent then but not strong morally or spiritually.  He gave in when the snake tempted him.  Christ was different, making many choices to obey His Father rather than letting Himself do wrong.   

Because of this, He was able to bring to completion God’s work of salvation.  Genesis 2:1 says that God “completed” His work of creation.  Yet Adam’s (and Eve’s) sin brought brokenness into our world, and we all have it still in our lives each day.  Christ’s death made restoration possible so that people could go back to a completeness that Jesus announced when He said, “It is finished” (John 19:30).  Through that, we have a way to go back into fulfillment and wholeness, what the Bible calls the shalom that God wants for His world. 

 

2. Another set of links between First Adam and Last Adam relate to community and separation.  God created human beings for community, saying (Genesis 2:18), “It is not good for the man to be alone.”  

A. Maybe all of us know that one name for Jesus is the Son of God.  But do you remember reading Luke 3:38, where it says about the first human being, “Adam was the Son of God”?  That was God’s design, for all of us to live as His children, as family.  In another sense, Adam was to be the head of a great family of human beings to follow him in living together in God’s love and peace.  But when sin came into the world, it broke the community, the right and healthy relationships that God desired.  It separated the man and woman from Him and from each other.  Genesis 3:8 says, “They hid from the Lord . . . .”  (We are still trying to do that.)  Then when God came to them, Adam blamed his wife for their troubles and even suggested that God was at fault for giving her to him (3:12).  

 

So when Jesus came into this world to take on our sin and defeat it, He had to overcome the separation that was killing human community.  He did this by dying alone—deserted, betrayed, and forsaken.  The first Adam hid from the face of God, but the Last Adam begged God not to hide His face (Matthew 27:46).  And through His death, Jesus created a new family of faith.  Through the cross, a restored community with Christ as its head became possible.  It was not like First Adam’s family, which only held together well until temptation came.  Jesus made a family based on grace.  We all enter it by admitting that we have made the wrong choices and asking Him to help us change and act more like the children of God that we actually have been made to be.       

 

B. The Bible uses two more images related to community.  One is food.  In Jesus’ culture, eating together was a sign of acceptance.  People shared the food that supported physical life also as a sign of support for each other.  That was part of God’s design for human society.  But the first Adam brought sin into the world by listening when the snake said in effect about the fruit, “Take this and eat it.”  The Last Adam brought His followers together just before going to die and gave them food, saying “Take this and eat it. This is my body.”  In teaching them to hold “The Lord’s Supper” together, He was re-forming the community that sin had separated.  He still uses it to call us together with Himself and with each other.

 

Do you remember how, when Mary Magdalene saw the risen Christ, she mistook Him for a gardener?  Through His body and blood, the Last Adam re-built the community that the forbidden fruit destroyed.  He invited His followers back to a restored Garden-City in the New Heavens and Earth.  There the tree of life grows around the throne of God, and the fruit is free for the taking (Revelation 22:2).

 

C. And one more thing about Jesus’ community: the Bride and Groom.  We’ve already noted how the first Adam blamed his bride for their bad choices.  God had created First Adam to be “joined to his wife” (Genesis 2:24), but sin was beginning to separate him from her.  Last Adam, on the other hand, took the blame for His bride.  “The bride of Christ” is a name the New Testament uses to talk about the Church, Christ’s community (Revelation 21:2).  The cross made possible the deeper restoration of the relationship between Christ and the Church.

 

3. The last group of images centers on the blessing and the curse.   A. One relates to the sides of the bodies of First Adam and Last Adam.  Genesis 2:21 tells us that God made the first woman, Adam’s partner, from “the opening that was in his side.”  Eve was God’s wonderful gift, His blessing, but when she and Adam chose to say no to God and eat the fruit, they put themselves in a position so that they would not receive His blessing.  They came under the curse.  That is, the natural and proper thing would be for them to receive God’s punishment.  That is because God is holy and punishes sin in order to uphold justice. 

 

The good news is that that is not the end of the story.  Because of God’s deep love for people as His creations, He made a way for us to be made right, even after we make bad choices and sin.  When Christ was on the cross, John 19:34 tells us, “. . . One of the soldiers stuck his spear into Jesus' side. Right away, blood and water flowed out.”  That showed Jesus was dead.  Through this second opening in the side, God was making a way to take away the curse that human beings are under without Him.  In other words, the first Adam received a blessing when God opened man’s side, but the Last Adam gave a blessing when man (humankind) opened God’s side.

 

B. Next is the trees.  In the garden where First Adam lived was “the tree that gives life forever” (Genesis 2:9).  John 19:18a tells us about Jesus’ death, “There they nailed Jesus to the cross.”  Crosses were wooden, made from trees, and this one became the tool God used to conquer sin and so make possible for the world’s people life forever.  

 

Another way to say it is this: when Adam in Genesis 3 ate the fruit of the tree of the knowledge of good and evil, he brought death into the world.  But when Jesus died on a tree, He put the curse in reverse.  First Adam tasted death from a tree.  Last Adam tasted death on a tree.  In so doing, He gave the gift of life.  That is how much God loves you and me: enough to provide for our salvation.  He deserves our praise!

 

C. Then there are the clothes.  Originally (Genesis 2:25) “The man and his wife were both naked. They didn't feel any shame.”  But when they sinned, it brought shame into our world, and people feel ashamed to be naked because of that.  Adam and Eve made clothes for themselves, out of fig leaves (Genesis 3:7).  God had a better idea, and it showed the pattern of work He would continue, then bring to completion in Jesus.  He made clothes for them out of animal skins (Genesis 3:21).  That meant a sacrifice—blood was shed to cover the sin of human beings.  

 

The system of animal sacrifices was put in place and continued until, for Christians, Jesus took away the need for it.  On the cross, He became the perfect sacrifice for all people, all sins, all time.  He was stripped of His clothes and hung on the cross.  There was shame in that, especially in that culture.  But through His sacrifice, we are covered.  Our shame is taken away.  We are free to be our true, natural selves, the people God has made us to be.  No matter how many foolish, shameful choices we have made, thanks to Christ, none of them is greater than the forgiving love of God!  Praise God for that wonderful gift!

 

D. Finally, we see in both Adams’ stories the thorns.  When First Adam disobeyed God, He was told he would have to work hard to grow food, and the ground would produce “thorns and thistles” (Genesis 3:18).  The punishment was not only for him.  Eve would have pain in childbirth, and all the people born after them would sooner or later die as a result of sin.  “Sin entered the world because one man sinned. And death came because of sin. Everyone sinned, so death came to all people” (Romans 5:12).  

  

But though the first Adam earned thorns, the Last Adam wore thorns.  Matthew 27:29 tells us that the people putting Jesus on the cross “. . . twisted thorns together to make a crown. They placed it on his head.”  They did it to make fun of Him, but through His death, “Those who receive the rich supply of God's grace . . . have received God's gift and have been made right with him.”  And Christ’s “one right act made all people right with God. And all who are right with God will live” (Romans 5:18).  Through the cross, God kept the promise that He made to the snake in Genesis 3:15, “And I will put enmity between you and the woman, and between your offspring and hers; he will crush your head, and you will strike his heel.”  Christ, the King who wore the crown of thorns, was that “offspring.”  That’s the curse in reverse!  The first Adam brought a curse.  The Last Adam became a curse.  Adam brought death; Jesus brought life.  That’s Good News!  So let’s walk in that truth every day.  

 

Today we have seen a remarkable number of images of Christ way back in the Old Testament.  Who could arrange things so that light, darkness, breath, gardens, brides, food, the sides of two men’s bodies, trees, clothes, thorns, and more would all match in events that took place thousands of years apart?  Who do such a thing?  It takes God to do something like that.

 

To sum it all up, “Sin ruled because of death. So also grace rules in the lives of those who are right with God. The grace of God brings eternal life because of what Jesus Christ our Lord has done” (Romans 5:21).  It’s all about grace, the love of God that overcomes even our sin.  That’s what Christ’s story, our story, the story are all about.  Let’s go to Him in prayer.  

 

Lord, when we see what amazing things you have done over so many years to show your love for the world’s people, humble thanksgiving and commitment of ourselves to your leadership seem like the only appropriate ways to respond.  Thank you, Father, for the incredible gift of your life-giving love.  We live by your grace.  That is what holds us and moves us ahead from day to day.  Help us to walk in its power today, tomorrow, and every day.  In this way, help us to offer you hearts full of gratitude for your great goodness to us.  In Christ’ name we ask it, amen.

 

References

 

Stonestreet, J. (April 13, 2017). Breakpoint. Retrieved April 14, 2017 from

http://www.breakpoint.org/2017/04/breakpoint-jesus-last-adam/

Stonestreet, J. (April 18, 2017). The Point. Retrieved April 19, 2017 from 

http://www.breakpoint.org/2017/04/jesus-last-adam/

 

ローマ人への手紙5:12~21

最初のアダムと最後のアダム

 

先月の英語礼拝で、私たちはイエス様がよみがえられた後のことを学びました。それは聖書の中からご自身を探し始めるように弟子たちを導かれたところです。当時の彼らにとって聖書とは旧約聖書のことです。彼らが少し深く掘ってさがしたところ、以前には見つけることのなかったイエス様についての宝物を見つけ始めたのです。今日のメッセージの初めにこの宝物のいくつかをみなさんと一緒に探ってみたいと思います。一回の説教ではとても多くて見切れないほどですが、今日はまず始めていくことにしましょう。そのようなやり方で私たちは神のことばからイエス様に出会い、イエス様の初代の弟子たちがそうだったようにもっと深いやり方でイエス様のことを知っていくようになります。それこそが教会で学ぶすべての学びの中で私たちが到達すべきゴールなのです。私たちは神のみ子イエス様を通して神様とのもっと深い関係に入りたいと望んでいます。そのことなしには、この世の中や自分自身を十分にまたはっきりと理解することはできないでしょう。ですから、私たちの旅をここから始めましょう。

 

いつもしているように、新約聖書と旧約聖書両方から学んでいきます。両方を学んでいるクリスチャンの方たちは新約旧約の間の驚くべきつながりを見つけられるでしょう。事実、私たちが学んでいる聖書のどの巻を見てもイエス様を指し示しているのが分かります。それはちょうど新約聖書の中のイエス様が光の中に立っている人物であり、旧約聖書はイエス様の影のようだということです。影はイエス様ご自身と全く同じとは言えないかもしれませんが、二つを分けることはとても難しくてできることではありません。二人はいつも共に行動し、影を見ることでその人についてのとても大切なことをいくつも見ることができるからです。

 

聖書の教師たちは旧約聖書に見られるイエス様のこういうイメージを『型』(タイプ)と呼んでいます。ここにはタイプライターを思い出すことのできるそれほど若くない方たちが何人かおられますね。タイプライターの中には文字の型があります。文字の型がインクの付いたリボンをたたくと、型はリボンの後ろの紙の上にその同じ形の文字を付けます。それはスクリーンの上に映し出される映画に印字する過程に似ていました。このイメージは私が『大捜査網』と呼ばれていた警察ドラマを観たときに、テレビのスクリーンでよく見たことがあります。

 

『型』とは(a)ひな形のことです。一般的に、最初に来るものと次に来るものの間のつながりや関係でものを見せます。何か大切なものを見せる時に、似ているからとか独特だからということで、また違いがあるからとか対照的だからという理由を付けます。『型』とは(b)歴史的です。現実の世界で起こる実際的な出来事や人々です。『型』とは(c)予言や神からの特別な言葉です。例えば、未来に起こる何か大切なことを見せることです。神様は大きなことをなさろうとするときに、神を信じる人々を備えさせるために予言を与えられます。『型』(タイプ)とは(d)始めの一歩です。それは完成されたものではありません。完成されたものは後にやって来るので、型破り(アンチタイプ)と呼ばれています。それはジャイアンツに敵対することをアンチジャイアンツと呼ぶような『型』に敵対するという意味ではありません。ただ、『型』というものに対照的であるという意味です。

 

今日の聖書箇所の中に良い例があります。パウロはキリストが『最後のアダム』であると教えています。彼が言いたいことを知るためにもっと詳しく見ていきましょう。そうすることで、キリストとはだれなのかというキリストのイメージに関わる深くて大切な教えを見つけることができるでしょう。事実、基本的な質問の全てに対する答えがあります。それは私たちが自分の世界観を作るときに抱く質問であり、人々が何とか答えているものです。(a)私たちは誰なの?(b)どこからきたの?(c)なぜここにいるの?(d)自分たちはどこが間違っているの?(e)何が私たちを助けてくれるの?(f)私たちはどこへ行くの? そのどれであってもです。言い替えるなら、キリストを『最後のアダム』として捉えることがキリストを信じる者として世界観を作るのを助けてくれます。

 

1、いちばん最初のイメージをまとめると創造と破壊についてです。まず初めに光と闇を見てみましょう。創世記1:2b-4で、神が私たちの世界を造られる前に『…やみが大いなる水の上にあり…』それから「神が『光よ。あれ。』と仰せられた。すると光ができた。神はその光をよしと見られた。そして神はこの光と闇とを区別された。」と書かれています。この世界にアダムが置かれました。

 

ここからイエス様が死なれた日に飛びましょう。その日よく似たことが起こりました。マルコ15:33に『さて、十二時になったとき、全地が暗くなって、』と書かれています。『世の光』であるイエス様(ヨハネ8:12)が殺されたとき、光は消え失せてしまいました。週の初めの明け方にキリストに従う者たちはイエス様が生き返られたというすばらしい知らせを手にします。今や私たちはイエス様が共におられるので『光の中を歩む』(第一ヨハネ1:7)ことができるのです。そうして、いつか天において神様と共に過ごすというヨハネの幻(黙示録22:5)には、『もはや夜がない。神である主が彼らを照らされるので、彼らにはともしびの光も太陽の光もいらない。』と書かれています。

 

二番目のイメージがです。創世記2:8に『神である主は、東の方エデンに園を設け、そこに主の形造った人を置かれた。』と書かれています。ではまたアダムの時代からキリストがなくなった時代に飛びましょう。ヨハネ19:41-42に『イエスが十字架につけられた場所に園があって、そこには、まだだれも葬られたことのない新しい墓があった。…彼らはイエスをそこに納めた。』と書かれています。

 

最初のアダムは園で誘惑との闘いに負け、神様が食べてはいけないと言われていた木の実を食べる方を選びました。最後のアダムは、園での誘惑との闘いに勝利しました。そのことを通して、私たちは自分の生活で実際に起こる誘惑と日々闘うときに希望を持つことができるのです。

 

マグダラのマリアはよみがえられたキリストを見た時(ヨハネ20:15)園の管理人と間違えてしまいました。それはある意味もっともだと言えるでしょう。キリストは新しいみ体であったし、神の園のさらに良き管理人だったからです。キリストは、そのみ体と血潮を通して、最初の罪が取り去ってしまったものを取り戻されたのです。そのことのゆえに今日ここでイエス様をほめたたえましょう。

 

それから、アダムの話とイエス様の話の両方に共通するものとしてがあります。創世記2:7には神様について『土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで、人は、生きたものとなった。』と書かれています。神の、命を与えるというみ業は、イエス様が十字架で殺されたひどい日には真逆の方向へと落とされました。ルカ23:46を見ると、「イエスは大声で叫んで、言われた。『父よ。わが霊を御手にゆだねます。』こう言って、息を引き取られた。」となっています。しかし、このひどい時を通ってこそ復活が成り立つのです。命の息がイエスにもたらされ、それほど経たないうちに(ヨハネ20:22)弟子たちと共にいたときのことですが、「彼らに息を吹きかけて言われた。『聖霊を受けなさい。』」と言われ

 

ました。命の霊は元に戻されたのです。そして神と共に私たちのうちに住まれる聖霊によって、私たちは力を受け、日々導かれるのです。

 

造られた者と造った者としてアダムとイエスの対比は、私たちに多くのことを教えてくれます。二人はそれぞれ奇跡的な神のみ業によって生まれたにもかかわらず、アダムは地から、イエス様は天からやって来られました。最初のアダムは(善悪を知る木の実を食べることによって)神のようになろうとしました。最後のアダムは人となられた神です。イエス様は完全であり、罪のない方でした。一方アダムは誘惑に会う前だけは罪がありませんでした。彼は無邪気でしたが、道徳的にまた霊的には強くありませんでした。彼はヘビに誘惑されたとき、屈服してしまいました。キリストは違いました。自分自身を悪を行うことに任せず、天の父に従うため多くの良きものを選ばれたのです。

 

それだからこそ、イエス様は神様の救いのみ業を完成させることができたのです。創世記2:1には、神がその創造の働きを『完成された』と書かれています。しかし、アダム(とエバ)の罪が私たちの世界に破れをもたらしました。そして、私たちはだれもが人生の日ごとに破れを持ち続けています。キリストの死は回復を可能にしました。それはイエス様が『完了した。』(ヨハネ19:30)と言われた時に告げられた完成に人々が戻るためでした。それを通して私たちは、達成されたもの、完全にされたもの、神がご自身の世界に望んでおられるもので聖書がシャローム(平安)と呼んでいるものに戻る道を得ることができるのです。

 

2、もうひとつの最初のアダムと最後のアダムのつながりをまとめるなら、一致と分離に関係があります。神様は一体とするために人類を造られました。(創世記2:18)に『人が、ひとりでいるのは良くない。』と書かれている通りです。おそらく私たちのだれもがイエスさまのお名前のひとつが、『神の子』ということを知っています。しかし、ルカの3:38を読むと、最初の人類について『アダムは神の子である。』と書かれているのを思い出しませんか。

 

私たち皆が神の子どもとして、神の家族として生きることは神様のご計画なのです。別の意味で、アダムは人類の大家族の頭となり、神の愛と平安の中で共に生きるように皆が彼に従うような存在になるべきでした。

しかし罪がこの世界に入り込んだとき、それは神が求められた正しく健全な関係である一致を壊してしまいました。それは神から男と女を引き離し、男と女の間をも引き離してしまいました。創世記3:8に『人とその妻は、神である主の御顔を避けて園の木の間に身を隠した。』(私たちは今なおそうしようとします。)と書かれています。それから神が彼らのところに来られた時、アダムは彼らのトラブルの責任を妻に負わせ、彼女を自分に与えたことが神の失敗だったのではないかとほのめかすようなことさえしました。(3:12)

 

それでイエス様がこの世に来られ、私たちの罪をその身に引き受け罪を打ち負かされた時、人々の共同体を破壊している分離というものに勝利しなければなりませんでした。イエス様はこの勝利をたった一人で死ぬことで、すなわち見捨てられ、裏切られ、見放される中でなされたのです。最初のアダムは神のみ顔を避けて隠れました。でも、最後のアダムはみ顔を隠さないでくださいと神に懇願しました。(マタイ27:46)そして死を通して、イエス様は信仰の新しい家族を造られました。十字架によってキリストを頭としたキリストと共にある回復された共同体が存在することになったのです。それは、誘惑が来るまでは一緒に上手くやっていけたアダムの最初の家族のようなものではありません。イエスは恵みを土台として家族を築きました。わたしたちは皆が自分たちは間違った選択をしましたということを認めながら、そして神に自分を変えるのを助けてくださいと頼みながらその家族に入っていくのです。神様が実際に私たちをそのように造られた神の子として行動できるようにと頼みながら。

 

聖書はさらに共同体に関する二つのイメージを使っています。一つは食べ物です。イエス様の文化においては共に食べることは受け入れるしるしでした。人々は肉体の命を支えるために食べ物を分けるだけではなく、互いに支えるしるしとしても食べ物を分けました。それは、人間の社会に対して神が意図された計画のひとつです。しかし最初のアダムはヘビが『これを取って食べなさい。』と実際には木の実について言ったとき、それを聞いてしまうことでこの世界に罪をもたらしました。最後のアダムは彼に従う者たちをひとつに集め、

死なれる直前に食べ物をお与えになりました。『これを取って食べなさい。これは私の体です。』と言いながら。『主の晩餐』を共にすることを教えながら、イエスは罪から離された共同体を再建されました。イエス様は私たちがご自身と共に、また互いに集まるために主の晩餐を用い続けておられます。

 

みなさんはマグダラのマリアがどのようにして、またいつ復活のキリストとお会いしたか思い出すことができますか?彼女はキリストを園の管理人と間違えたのでしたよね。キリストのみ体と血潮を通して、最後のアダムは、禁じられた木の実が壊してしまった共同体を再建されました。彼は従う者たちを新しい天と地にある回復された田園都市に招いておられます。そこには、神のみ座の周りに生えた命の木があり、その実は自由に取って食べられるのです。(黙示録22:2)

 

それから、イエス様の共同体に関して、さらにもう一つのことがあります。それは花嫁と花婿です。私たちはすでに、最初のアダムが自分たちの悪い選択の責任をどうやって花嫁に負わせたかに注目してきましたね。神は最初のアダムを『妻と結び合う』(創世記2:24)ために造られました。しかし、罪が彼を彼女から引き離し始めたのです。一方、最後のアダムは彼の花嫁のとがを負われました。『キリストの花嫁』とは、キリストの共同体(黙示録21:2)である教会のことを言うときに新約聖書で使われる名前です。十字架はキリストと教会の関係にさらに深い回復を与えることができるのです。

 

3、イメージの最後のまとまりは祝福とのろいに中心が置かれるものです。ひとつは最初のアダムと最後のアダムの体のわき腹に関係があります。創世記2:21で、神はアダムのパートナーである最初の女を『彼のわき腹にあった穴から』造られたと書いてあります。エバは神からのすばらしい贈り物であり、神の祝福であったのです。しかし、彼女とアダムが神様に対してノーということを選択し、善悪を知る木の実を食べた時、彼らは自分自身を神の祝福を得られないところに追いやってしまいました。彼らは呪いの下に来てしまいました。彼らにとって神のこらしめを受けるのは自然で妥当なことだったでしょう。それは神が聖なる方であり、正義をなすために罪を裁かれるからです。

 

福音のすばらしさは、それがこの話の結末ではないところです。神はご自身の創造された人々に対する深い愛ゆえに、私たちが義とされる道を作ってくださいました。たとえそれが悪い選択をし、罪を犯した後でさえもです。キリストが十字架につけられていた時に、(ヨハネ19:34)『…兵士のうちのひとりがイエスのわき腹を槍で突き刺した。すると、ただちに血と水が出て来た。』それはイエス様が死なれていたことを表しています。この二つ目のわき腹の穴を通して、神は、神から離れ人類が閉じ込められていたのろいから立ち去る道を作っておられたのです。言い換えれば、最初のアダムは神がわき腹を開けられたとき祝福を受けましたが、最後のアダムは人が神のわき腹を開けたとき祝福を与えました。

 

次はです。最初のアダムが住んでいた園には『永遠の命を与える木』(創世記2:9)がありました。ヨハネ19:18aにはイエスの死について『彼らはそこでイエスを十字架につけた。』と書いてあります。十字架というものは木製であり、木から作られます。そしてこれは罪を征服するために神が用いられた道具になりました。それゆえに世界中の人々の命が永遠のものされることができたのです。

 

このことを他の言い方で言うならこのようになります。創世記3章でアダムが善悪を知る木の実を食べたとき、彼はこの世界に死をもたらしました。しかしイエスが木に付けられて死んだとき、彼は逆にのろいを持って行かれました。最初のアダムは木から死を味わいました。最後のアダムは木の上で死を味わわれました。

そういうふうにして、イエス様は命という賜物を与えられたのです。それは神様がみなさんをそしてこの私をどれほどまで愛されているか、私たちの救いをまかなうのに十分なほどです。神様は私たちの賛美に値するお方です。

 

それから、があります。もともと(創世記2:25)『人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいと思わなかった。』しかし彼らが罪を犯しととき、それは私たちの世界に恥をもたらしました。そして、それゆえに人々は裸でいることを恥ずかしいと感じるのです。アダムとエバは自分たちのためにいちじくの葉で着る物を作りました。(創世記3:7)神はもっと良い考えをもっておられました。それは神が続けようとしておられ、イエス様において完成されようとしていた働きの形を表していました。神は彼らに動物の皮で着る物を作ってくださったのです。(創世記3:21)それは犠牲を表していました。血は人類の罪をおおうために流されたのです。

 

動物の犠牲という方法はそれが必要だった時代に行われ、クリスチャンのためにイエス様がその必要を取り除かれるまで続きました。十字架の上でイエス様は全ての人のため、あらゆる罪のため、あらゆる時代のための完全な犠牲となられました。彼は衣を脱がされ、木に架けられました。そこには恥がありました。その地の文化においてはなおさらでした。しかし、その犠牲を通して私たちはあがなわれたのです。私たちの恥は取り除かれました。私たちは本来の自然な自分へと解放され、神がそうなるようにと造られた姿へと解放されるのです。私たちが従うようにと人が与えた規則がどんなにたくさんあろうと問題ではありません。最も重要である内側においては、私たちは自由です。キリストに感謝します!そのすばらしい賜物のゆえに神様をほめたたえます!

 

最後に、二人のアダムのお話にはどちらもとげが出てきます。最初のアダムが神様に逆らったとき、神は彼が食物を育てるために苦労して働かなくてはならず、土地は『いばらとあざみ』(創世記3:18)を生えさせると語られました。罰は彼に対してだけではありませんでした。エバは苦しんで子を産まなければならなくなり、彼らの後に生まれる者たちは罪の結果として、遅かれ早かれ死ぬということになりました。『ひとりの人が罪を犯したために罪がこの世界に入って来ました。そして、罪ゆえに死がやって来ました。すべての人が罪を犯したためにすべての人に死がやって来ました。』(ローマ5:12)

 

しかし、最初のアダムがいばらを収穫したにもかかわらず、最後のアダムはいばらをかぶりました。マタイ27:29を見ると、人々はイエスを十字架に付け、『…いばらで冠を編み、頭にかぶらせ、』と書かれています。彼らはイエスをからかおうとしてそうしました。しかし、イエスの死を通して、『神の恵みを豊かに与えられた人々は神の賜物を受け、神にあって義とされました。』そしてキリストの『ひとつの義なる行為がすべての人を神にあって義としたのです。そして神にあって義とされた人はすべて生きるのです。』

(ローマ5:18)十字架を通して、神は創世記3:15でヘビにした約束を保たれました。それは、『わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。』と書かれている通りです。いばらの冠をかぶられた王なるキリストはその『子孫』なのです。それは逆にのろいです!最初のアダムは呪いをもたらしました。最後のアダムはのろいとなられました。アダムは死をもたらし、イエスは命をもたらしたのです。それが福音です!その真理の中を日々歩みましょう。

 

今日私たちは、キリストの注目すべきイメージについて、旧約聖書に戻っていくつか見てきました。光、闇、息、園、花嫁、食べ物、ふたりの人のわき腹、木、衣、とげ、またもっと他にもあるこのようなものを、何千年も離れて起こったことがらと一致するようにまとめることを誰がすることができたでしょうか?このようなことができるのは誰でしょうか?そのようなことをなさるのは神であることにたどり着きます。

 

要約するなら、『死のゆえに罪が支配しました。それで恵みも神にあって義とされた人々の命において支配します。私たちの主イエス・キリストがなさったことのゆえに、神の恵みは永遠の命をもたらすのです。』

(ローマ5:21)それが恵みについてのすべてです。私たちの罪にさえ勝利された神の愛についてのすべてです。それはキリストの話であり、私たちの話であり、その話のすべてなのです。祈りの中で主のみ元に行きましょう。

 

主よ、あなたが世界中の人たちにあなたの愛を示そうとして、非常に多くの年月をかけて行われた驚くべきみ業を見るときに、へりくだった感謝とあなたの導きに自分自身を委ねることだけが、唯一のふさわしい応答であるように思えます。お父様、あなたの命を与えるという信じられないほどの愛の贈り物をありがとうございます。私たちはあなたの恵みによって生きています。恵みこそが私たちを抱き、日々前進させてくださるものです。その力によって今日も明日も日々を歩むことができるよう助けてください。このようにして、あなたの私たちに対するすばらしい寛大さのゆえに感謝に満ちあふれた心をささげさせてください。キリストのみ名によってお祈りします。アーメン。

 

参考文献

 

Stonestreet, J. (April 13, 2017). Breakpoint. Retrieved April 14, 2017 from http://www.breakpoint.          org/2017/04/breakpoint-jesus-last-adam/

Stonestreet, J. (April 18, 2017). The Point. Retrieved April 19, 2017 from http://www.breakpoint.            org/2017/04/jesus-last-adam/