God’s Word at Work in You (Part II)

ダウンロード
あなたのうちに働く神のことば パート2日本語訳
テサロニケ人への第一の手紙2.pdf
PDFファイル 250.1 KB

English service on March 19, 2017

Messenger: Pastor Jim Allison

Bible passage: Thessalonians 2:1-13 (NIRV) 

 

1 Brothers and sisters, you know that our visit to you was not a failure. 

2 You know what happened earlier in the city of Philippi. We suffered, and people treated us badly there. But God gave us the boldness to tell you his good news. We preached to you even though people opposed us strongly. 

3 The appeal we make is based on truth. It comes from a pure heart. We are not trying to trick you. 

4 In fact, it is just the opposite. God has accepted us to preach. He has trusted us with the good news. We aren't trying to please people. We want to please God. He puts our hearts to the test. 

5 As you know, we never praised you if we didn't mean it. We didn't put on a mask to cover up any sinful longing. God is our witness that this is true. 

6 We were not expecting people to praise us. We were not looking for praise from you or anyone else. As Christ's apostles, we could have caused you some expense. 

7 But we were gentle among you. We were like a mother caring for her little children. 

8 We loved you so much that we were happy to share with you God's good news. We were also happy to share our lives with you. You had become very special to us. 

9 Brothers and sisters, I am sure you remember how hard we worked. We labored night and day while we preached to you God's good news. We didn't want to cause you any expense. 

10 You are witnesses of how we lived among you believers. God is also a witness that we were holy and godly and without blame. 

11 You know that we treated each of you as a father treats his own children. 

12 We gave you hope and strength. We comforted you. We really wanted you to live in a way that is worthy of God. He chooses you to enter his glorious kingdom. 

13 We never stop thanking God for the way you received his word. You heard it from us. But you didn't accept it as a human word. You accepted it for what it really is. It is God's word. It is at work in you who believe. 

 

I Thessalonians 2:1-13 

(New International Readers Version, NIRV)

“God’s Word at Work in You (Part II)”

 

Last month’s message, you may remember, was about the Bible, God’s word.  Even outside the church, we often see or hear people talk about it, the world’s all-time most widely published and distributed book.  For example, when a person becomes the U.S. President, that person usually follows the custom of putting a hand on the Bible and promising to be honest and hard-working in guiding the nation.  

 

You can see the picture of Donald Trump with his hand on two Bibles.  He received one from his mother when he was eight years old after finishing a Sunday school training program at the Presbyterian church in New York City where they went.  The other Bible was used by Abraham Lincoln when he was President.  Barack Obama used the same one twice when he became President.  

 

On this same day, before the ceremony, Donald Trump heard a Bible message from a Baptist pastor.  It was about, of all things, the Old Testament character Nehemiah, a leader of great courage who loved his country deeply and built a wall to protect it, against great opposition.  You can imagine the strong feelings both for and against Mr. Trump that a message like that brought out.

 

Whatever you think about these political problems and characters, it is clear that the Bible continues to have an important place in today’s world.  Some people see it as a sign of hope that God will always lead and protect people who follow its teachings.  Others feel afraid that leaders who use it but do not follow it are actually bringing down God’s judgment and damaging the message of Christ.  But God’s word remains the unchanging standard that He gives His people to use in deciding what is good to believe and do.      

 

In last month’s message from this section of the Bible, we learned things God’s word teaches us to avoid in the way we handle it.  Let’s now turn to the positive side and how God teaches us we should treat it.  That will help us follow the teaching in II Timothy 2:15, “Do your best to please God.  Be a worker who doesn’t need to be ashamed.  Teach the message of truth correctly.”  

 

Remember that Paul is writing for himself, Silas, and Timothy, who have been working with him spreading the message of Christ.  Their letter is to the believers in a new church in today’s Greece, the city of Thessalonica.  

 

1. First, we are to present it truthfully.  Paul in v. 3 says, “The appeal we make is based on truth.”  We may quickly look to the Bible for support of the opinions we already have.  We can call that the “Seek and you will find” approach.  If you look long and hard enough, you can nearly always find something in the Bible that you can twist into a tool to use in an argument.  (Hint: that’s not what Jesus had in mind when He taught us, “Seek and you will find.”)  

 

The Bible’s teachings do relate to all parts of life.  But it says a lot more about some than others.  We may read the Bible and find very little direct teaching related to, for example, the right to own guns or whether government budgets should always be balanced.  But it says a great amount about treating poor people with compassion, welcoming people from other countries who come to ours, and using our money to help people rather than being greedy with it.  Doing these things is close to the heart of what it means to be a follower of Christ.  To handle God’s word honestly, we need to put the most focus on the things God emphasizes in His word.  Then we can avoid majoring on more minor issues.  

 

2. Second, present it with a pure heart.  You need to have your heart right with God when you tell His word.  Verse 3 says, “The appeal we make . . . comes from a pure heart.”  In both receiving and passing on God’s word, we cannot afford to bypass character formation.  As we have seen before, in telling God’s word, it’s not just getting the words right that counts.  It’s also the kind of person you are when you give His word.  It’s the relationship with Him you have developed that lets you stand and give His word with a pure heart.  

 

If you don’t, you may be getting in the way of it.  You may be like the people in the story Kaori-san told us recently, who looked out the window and thought they saw their neighbor hanging out dirty sheets to dry.  The problem really was that their windows were dirty, remember?  You can’t escape the personal element of what happens when God speaks to people.  The person you are counts more than the particular words you choose, usually.  “I can’t hear what you say because I see what you do.”  If people who hear us tell God’s word feel that way about us, we will have great trouble presenting His word effectively.  When God’s word tells us, “Make love your aim” (I Corinthians 14:1a), it’s not just stringing together nice-sounding words.  There may be nothing more practical we can do than becoming more loving, pure-hearted people.  

 

When Sasaki-san reminded us not long ago to “Seek . . . the Kingdom of God and His righteousness” (Matthew 6:33, King James Version), he was calling us back to the same command of Jesus.  Make being righteous, right with God, pure of heart, your goal.  That is very difficult to achieve, of course, so as we try, we discover that we cannot become righteous without seeking God’s righteousness and getting His help in the long process of becoming more like Him every day.  Then it becomes possible for us to be people Paul describes in v. 10 as “holy and godly and without blame.”  Our hope for becoming pure in heart begins with the reality that God is pure in heart, righteous, holy.       

 

3. Third, present it in a way He is happy with.  In v. 4 the writer says, “We want to please God.”  In other words, tell God’s word with His approval in mind.  In a way, speak with Him as your most important listener. 

 

You may remember my mentioning it before, but long ago I did an internship at Baylor University Medical Center in Dallas, Texas, USA.  In connection with that, my job sometimes was to lead chapel services.  When I worked the 11 PM to 7 AM night shift, chapel began at 2 AM.  I would go to the chapel, stand at the microphone like I am now, and speak.  The patients in their rooms could hear me if they wanted to through the sound system in their room.  There might be a few staff or family members in the chapel, but often I was the only one in the room.  That was a kind of strange feeling, speaking but not seeing anyone there, not knowing how many people, if any, were listening.

 

Now I think that experience was a good reminder for me.  When I tell God’s word, in one important way, I am speaking to an audience of One.  My goal is not only to say what the listeners want to hear or find it easy or enjoyable to understand.  My greatest goal is to speak in a way God is happy with.  And in the end, that is when I can be the most helpful to the people who hear the message.  

 

4. Fourth, present it with a gentle, loving spirit.  Paul in vv. 7-8 says,  

“But we were gentle among you. We were like a mother caring for her little children. We loved you so much that we were happy to share with you God's good news. We were also happy to share our lives with you. You had become very special to us.”

 

If I am willing to share God’s word but not share myself, maybe hand out some good advice or wisdom but not really get involved in the difficult problems of people’s lives, I am not following the tradition of telling God’s word that Jesus and Paul after Him began for the Christian community.  That’s not the way God’s family works.  Paul says in v. 10 that he (and apparently Silas and Timothy, though Luke and maybe others were with them) “lived among” the people in Thessalonica.  

 

Paul says they were like a mother.  They were also like a father.  In v. 11 “. . . We treated each of you as a father treats his own children.”  They probably did this in not only teaching and preaching but all their interactions with each other.  Yet the words in v. 12 suggest that they also told God’s word in ways that gave people “hope and strength” and comfort, ways that led them not only to hear a pleasant message but actually “to live in a way that is worthy of God.”  When that happened, Paul could say (v. 13) that God’s word was “at work in you who believe.”  

 

That’s our goal, too.  It’s not just to have a sermon each week.  In fact, no matter how wonderful the message may be on any Sunday, that is not enough to say that God’s word has come to His church that day.  The speaker is only one part of the whole process.  If the message does not come (a) from God, (b) through the messenger, (c) to the hearts and minds and words and actions of the listeners in our daily lives after we go home from church, and (d) because of that, back to God in thanks and praise, the process has broken down somewhere and is not complete.  But when God’s family can hear His voice in the speaker’s voice, God’s truth communicated with a gentle, loving spirit, it is amazing how powerful His word can be.  It can really be life-transforming.      

 

5. Fifth, present the whole thing.  Paul says in Colossians 1:25, “I serve 

the church. God appointed me to bring all of his word to you.”  As we have already seen, people can distort God’s word.  You can do that by changing it, or you can do it by leaving out the parts you don’t feel comfortable with.  God gives us the whole Bible as His word.  We accept this by faith.  That doesn’t mean we have to be able to explain it all, and it doesn’t mean we must spend just as much time in Leviticus as we do in the Gospel of John.  But God is able to speak through the whole range of the words of the Bible to meet the whole range of needs we as humans have.  Even with our great variety of speakers at Open Door, let’s find a way to make sure that the messages we receive here, teach in classes, and learn at home cover all of God’s word in a balanced way.  

 

6. Sixth, present it boldly.  This is not about the style of preaching or teaching.  It does not say we should make it a habit to tell God’s word in a loud and excited voice or using words that challenge and provoke.  In fact, the Bible doesn’t seem to teach one particular technique in preaching.  And I am glad that at Open Door we can have a variety—some more emotional and others calmer, some heavier on ideas and others on applying them to everyday life.  And some people will understand and accept and enjoy one style more than another.  I think that is all OK, as long as we avoid pushing one too much and remember that different people naturally respond to different ways of presenting the same message of Christ.

   

The writer is telling us that even if there is a price to pay for giving God’s message, we need to be faithful in giving the message He has entrusted to us.  Imagine a news reporter who refused to tell what had happened because the news might sound bad.  That could make some big problems, right?  The same way, God asks us to have the courage to tell His truth, and to suffer if necessary to deliver the word He has placed in our hands.

 

Paul says, “But God gave us the boldness to tell you his good news. We preached to you even though people opposed us strongly.”  As we saw last message, Acts 17 tells how Paul and his companions came to Thessalonica and told the message of Jesus.  Some people believed and became Christ followers, but others got very upset and opposed them.  There was trouble with a wild crowd of people and city officials before Paul and his group left town.  

 

This was all pretty similar to trouble they had just had in Philippi, not far away (see Acts 16), though they were put in prison there. 

 

We have a lot to be thankful for in the religious freedom we enjoy in Japan today.  As you know, there are many places where our brothers and sisters in Christ will be put in prison or worse for doing the simple things we are doing here today in a typical worship service.  Let’s not allow the ease and comfort we enjoy here to weaken our spirits.  God calls us to be ready to pay a price when necessary to keep the Good News of Christ moving around the world to all the people who need to hear it.  We ask Him to help us prepare our spirits for whatever might lie ahead of us as His children.

 

7. Seventh, present it with an invitation.  Verse 3 talks about “The appeal we make . . . .”  God tells His followers not only to give people information but lead them to Him, as they are willing to be led.  So we give God’s word not only to educate our listeners but to guide them into personal relationships with Him through Christ.  Open Door has so many teachers and students, we may forget that and tend to fall back into our Monday-to-Friday roles when one of us stands and speaks to the others seated.  Jesus was a teacher, but He did far more and sent His disciples not only to announce the gospel but to make disciples.  

 

So let’s finish today’s message with an invitation.  But first, to review, as we recalled last message, the way we choose to see the Bible and respond to it is one of the key questions we will answer in life.  It will powerfully impact the types of people we become and decisions we make from day to day.  Today we have received again the challenge from our senpai in the faith, Paul, Silas, and Timothy, the things they had learned from Jesus and His other followers about telling God’s word to people.  Present it (a) truthfully, (b) with a pure heart, (c) to please God, (d) with a loving spirit, (e) in its entirety, (f) boldly, and (g) with an invitation. 

 

I invite you to commit, or recommit, with me to regularly learning God’s word together, then passing it on to others in the ways we have been taught today.  This is one key part of following Christ, and I want to give you a standing invitation to do that, more and more.  Whether you have not yet started the journey of faith, or if you have been on the road for many years, all the same, will you make or renew your promise to God to live by His word?  For that, we need His help, and you can ask for it, if you will.  We also need each other’s help, and there are many people here who can pray with you and ask for God to lead you in the journey of faith that lies before you.  Pastor Sasaki, I, or another person here would be glad to help you do that.  So if you like, please feel free to come to one of us after worship today.  We will be sure to talk or pray with you. 3For now, let’s pray.  

 

God who speaks to your people, help us to learn to listen to you well.  Through your word, form and reform and empower and direct and use us for your Kingdom’s work, today and every day.  This is our prayer, in Jesus’ name.  Amen.  

 

References

 

Fox News. (Jan. 20, 2017). Jeffress: Conservative Christians Tired of Being Demonized. Retrieved March 18, 2017 from http://video.foxnews. com/v/5291208594001/?#sp=show-clips

Guardian Wires. (Jan. 20, 2017). Donald Trump Inauguration Day--Watch Live. YouTube. Retrieved March 12, 2017 from https://www.youtube.com/ watch?v=1UXYMPTdC40

McCann, E. (Jan. 18, 2017). The Two Bibles Donald Trump Used at the Inauguration. The New York Times. Retrieved March 12, 2017 from https://www.nytimes.com/2017/01/18/us/politics/lincoln-bible- trump-oath.html?_r=0

テサロニケ人への第一の手紙2:1~13

「あなたのうちに働く神のことば」パート2

 

みなさん覚えておられるでしょうか。先月のメッセージは神のみことばである聖書についてお話ししました。

教会の外ですら、人々が聖書について話すのを見たり聞いたりすることが時々ありますよね。聖書は世界で最も広く出版され配られている書物なのです。例えば、人がアメリカ大統領になるとすれば、その人は聖書の上に手を置いてその国家を導くために誠実に一生懸命働くという誓を立てる、そのような慣例に従います。

 

みなさんは二冊の聖書の上に手を置いているドナルド・トランプの写真を見ることができます。一冊目は彼が8歳の時に母親から贈られたもので、それは彼らが通っていたニューヨークの長老派の教会で行われていた日曜学校の訓練課程を終えた後にもらったものだということです。二冊目はエイブラハム・リンカーンが大統領だったころに使っていたものだそうです。バラク・オバマは大統領になった時、二度にわたって同じものを使いました。

 

この同じ日の就任式の前、ドナルド・トランプはバプテスト派の牧師から聖書のメッセージを聞いています。

それは旧約聖書の人物であるネヘミヤについてでした。彼はとても勇気のある指導者で自分の国を深く愛し、ものすごい反対と戦いながら国を守る壁を築いた人でした。みなさんはトランプさんに対して賛成反対どちらにしても強い感情があるために、そのようなメッセージがなされたのだろうと想像できるでしょう。

 

このような政治的な問題や気質についてどのように思われようが、聖書が今日の世界においても重要な位置を占め続けていることは明らかです。ある人々は、神様が聖書の教えに従う人々を導き守り続けてくださるという希望の現れとして聖書を見ます。また他の人々は、聖書を使ってもそれに従わない指導者たちは実際には神の裁きを招く、キリストのメッセージを損なうのではないかと恐れています。しかし神のことばは変わることのない規範であり続けています。それは神を信じる人々に何を信じ何を行うのが良いことなのかを決断するために与えられている実用書なのです。

 

今日と同じ聖書の箇所から先月もお話ししたのですが、わたしたちがしがちな聖書の取り扱いを避けるために教えられていることをいくつか学びました。さてここからは、聖書のみことばをどのように取り扱っていけばよいのか、神さまはどのように教えておられるのか、肯定的な側面から見ていきましょう。そのことは第二テモテ2:5のみことばで教えられていることに従うための助けになってくれるでしょう。『あなたは熟練したもの、すなわち、真理のみことばをまっすぐに説き明かす、恥じることのない働き人として、自分を神にささげるよう、努め励みなさい。』(第二テモテ2:5)

 

ここで覚えておいてほしいのは、パウロは自分自身のために、またキリストの福音を共に広めているシラスとテモテのために書いているということです。彼らの手紙は現在のギリシャにあるテサロニケの町にある新しい教会の信者たちに向けられていました。

 

1、まずはじめに、みことばを真実をもって語るべきです。3節でパウロは、『私たちが訴えていることは真実に基づいています。』と言っています。もう私たちがすでに持っている意見を補うために聖書をさっと見ることもできます。それを『さがしなさい、そうすれば見つかります』アプローチと呼べるでしょう。もしも長くしっかりと見るならば、議論する時に使うためにねじ曲げる道具を聖書の中から何か毎回見つけることができるでしょう。(ヒント:それはイエス様が『さがしなさい。そうすれば見つかります。』と語られた時に、意図されていたこととは違います。)

 

聖書の教えは私たちの生活のすべての部分と関連があります。でも聖書はある部分については他の部分よりも多くを語っています。例えば自分専用の銃を持つ権利に関してや政府の予算案がいつもバランスが取れているべきかどうかということに関しては直接的な教えがほとんどないことがわかるでしょう。しかし貧しい人たちに思いやりをもって接することや、私たちの国に来る外国の人たちを歓迎することや、自分のお金をむさぼるよりも他の人を助けるために用いることについては多くを語っています。こういうことを実行するのはキリストに従う者になるということが意味していることの核心に近いのです。神のみことばを誠実に取り扱うために、神様がみことばの中で強調されていることに最大限の焦点を当てていかなくてはなりません。その時に私たちは小さな問題に特別な注意を払わなくてすむようになります。

 

2、二番目に、神のみことばを純粋な心で語ることです。あなたがみことばを語る時には神様との関係を正しくしておかなくてはなりません。3節でこう語られているからです。『私たちの勧めは・・・純粋な心から出ています。』神のみことばを受けるにしても伝えるにしても人格形成を避けてできるわけではありません。以前見てきたように、神のみことばを語る時に、ただみことばを正しく理解させるだけではなく、あなたがどのような人間かということが問題になります。あなたを立たせ純粋な心でみことばを語らせてくださるのはあなたが育んできた神様との関係以外にありません。

 

もし神様との関係を育てていかないなら、ある方向に入って行くかもしれません。それは、芳さんが最近してくださった話に出てくる人のようです。彼らは窓の外をのぞいて、となりの人が汚れたシーツを干していると思ったのです。本当は自分の家の窓が汚れていたためにとなりのシーツが汚れているように見えていただけなのでした。思い出されましたか?神様が人々に語られる時に何が起きるかについて人格的な部分が関わっていることは否定できないのです。たいていの場合、あなたがどのような人であるかという方が特別なみことばを選ぶということよりも重要です。「あなたがしていることを見ているので、あなたが言っていることを聞けません。」私たちが神様のみことばを語っているのを聞く人々がもしもそのように感じるのなら、みことばを効果的に語ることにすごく大きな問題を抱えることになるでしょう。神様のみことばが『愛を追い求めなさい。』(第一コリント14:1a)と語っておられる時、それは心地よい響きのみことばをじゅずつなぎにするだけではありません。もっと愛のある、純粋な人になることよりも実用的で良いことはないかもしれません。

 

それほど前ではありませんが、佐々木牧師が『神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。』(マタイ6:33)のところを語られたことを思い出します。佐々木さんはイエス様の同じ命令に戻るようにとすすめておられました。正しくあり続け、神に対して義とされ、心の清さをあなたのゴールとせよ。もちろん実行するのはとても難しいことです。やってみれば分かります。私たちは神にさらに似た者とされていくという長いプロセスの中で神の義を求めることなく、また神の助けを得ることなく正しい者とされることはあり得ないことに気づくでしょう。しかし、パウロが第一テサロニケ2:10で記しているように『敬虔に、正しく、また責められるところがない』というような人々になることは可能なのです。私たちが心の清い人になるという望みは、神がまず清く、正しく、聖なる方であるという事実から始まっています。

 

3、三番目に、神のみことばを神ご自身が喜ばれるように語りなさい。4節で著者が『神を喜ばせようとして』と言っています。言葉を替えて言うなら、思いの中に神の賛成を得て神様のみことばを語りなさい。ある意味、最も大切な聞き手として神様を置き、みことばを語りなさいということです。

 

みなさんは私が以前お話ししたことを覚えておられるかもしれません。ずい分前ですが、私はアメリカ、テキサス州、ダラスのベイラー大学医療センターでインターンをしたことがあります。そのことをしながら、私の仕事はときどき礼拝を導くことでした。午後の11時から午前の7時までという夜勤で働いた時、礼拝は午前2時に始まりました。礼拝堂に行き、今ここにいるようにマイクのところに立って話し出します。それぞれの部屋にいる患者さんたちは、聞きたければ部屋の音響機器を通して私が話すのを聞けました。礼拝堂には2,3人のスタッフや家族の方たちがいたこともあります。でも自分ひとりだけということがよくありました。何か奇妙な感覚がありました。話しているのに、そこにはだれもいないのです。もし聞いている人がいたとしても何人いるのかわかりませんでした。

 

今やそのことは私にとって良い経験だったなと思います。神様のみことばを語る時、ひとつの大切な意味でひとりの聴衆に向かって話しています。私の目標は聞き手が聞きたいこと、理解しやすく面白く受け取れることを言う、そのことだけではありません。私の最も大きな目標は、神様が喜んでくださるように語ることなのです。そして最終的には、私がメッセージを聞く方たちにとって最も役立てるようになることなのです。

 

4、四番目に、神のみことばをやさしく、愛の心をもって語りなさい。第一テサロニケ2:7-8でパウロはこのように言っています。『それどころか、あなたがたの間で、母がその子どもたちを養い育てるように、優しくふるまいました。このようにあなたがたを思う心から、ただ神の福音だけではなく、私たち自身のいのちまでも、喜んであなたがたに与えたいと思ったのです。なぜなら、あなたがたは私たちの愛する者となったからです。』

 

もし私が神のみことばを喜んで分かち合いたいと思っても、自分自身を分け与えないなら、何か良い助言や知恵を分け与えても、人々の生活の中の難しい問題に真に巻き込まれていないなら、神に従ってイエス様やパウロがクリスチャンの群れのために始めた神様のみことばを語る昔ながらのやり方をしていないということになります。それは神の家族のやり方ではありません。パウロは10節で彼が(シラスやテモテも一緒にいたことは明らかですし、ルカやおそらく他の人たちも一緒だったかもしれませんが)テサロニケの人々の『間に住んで』(英語ではそうなっている。)と言っています。

 

パウロは彼らがまるで母のようだったと言っています。彼らは父のようでもあったのです。11節では、『父がその子どもに対してするように』と言っています。彼らは教えたり宣べ伝えたりする時にだけこのようにしたのではなく、おそらくお互いのふれ合いの中でもこのようにしていたのではないかと思います。さらに、12節では、彼らは神のことばを語る時には人々に『希望と力』そして慰めを与えるやり方で語り、そして喜ばしいメッセージを聞くだけではなく、実際に『神にふさわしく歩むよう』勧めています。それがなされた時にパウロは神のことばが『信じているあなたがたのうちに働いているのです。』(13節)と言えたのです。

 

それは私たちの目標でもあります。毎週説教を聞いているだけでは十分ではありません。事実、日曜日ごとにどんなすばらしいメッセージを聞こうとも、その日神のみことばが教会にやって来たというには足りません。説教者は礼拝の全過程の一部にすぎないからです。もしそのメッセージが(a)神から発し(b)メッセンジャーを通して、(c)教会から家にもどってから毎日の生活の中で聴衆の思い、感情、言葉、そして行動に届き、そして(d)それゆえに感謝と賛美の中で神に立ち返り・・・ということでなかったら、その過程がどこかで壊れていたならば、完全とは言えません。しかし神の家族がメッセンジャーの声の中に神のみ声を聴くことができ、神の真理をやさしい愛の心で伝えるのならば、神のみことばは驚くほど力強く働くにちがいありません。それはまさに人生を変えるものとなるのです。

 

5、五番目に、聖書全体を語りなさい。パウロはコロサイ人への手紙1:25で、『私は・・・教会に仕える者となりました。神のことばを余すところなく伝えるためです。』と言っています。すでに見てきたように、人は神のことばをゆがめることができます。みことばを変えることによってそうできますし、または自分があまり心地よく感じないところを省くことでそのようにすることができます。神はみことばとして聖書全体を与えてくださっています。私たちは信仰によってこのことを受け入れます。それは私たちがすべてを説明できなければいけないということではありません。また、ヨハネによる福音書を読むのに費やしているのと同じ時間をレビ記を読むのに使わなくてはならないということでもありません。しかし神は、人として私たちがもっている必要のどんな局面にも対応できるように、聖書のどの行からも語ることのできる方であられます。オープン・ドアの非常にバラエティーに富むメッセンジャーたちによってもです。ここでなされているメッセージ、学びの場でなされている教えや家庭での学びによって与えられるメッセージがバランスの取れたやり方で神のみことばをすべておおうということに確信が持てるように、その方法を見つけましょう。

 

6、六番目に、大胆に語りなさい。これは説教や教えの型についてではありません。神のことばを大きな興奮した声で語るのを習慣にしたり、挑戦するような扇動するようなことばを使ったりするべきだと言っているのではありません。実は、聖書は説教する時に一つの特別なテクニックで教えるもののように思えません。私はオープン・ドアには多様性があるということをうれしく思っています。それはある方たちは情緒的なメッセージをされ、他の方はもの静かに話されるということです。ある方たちは知識に重きを置き、他の方たちは知識を日々の生活に適応させることに重きを置く、というふうです。そして聞き手のある方たちは他のものよりもひとつのスタイルを楽しみ、受け入れ、理解するといったふうです。私はそれがすべてOKだと思っています。私たちがひとつのやり方をあまりにも支持しすぎるのを避け、様々な人たちだからキリストの同じメッセージを聞いても様々なやり方で反応するのが自然だということを忘れないかぎり。

 

筆者は私たちに、たとえ神のメッセージを語るために支払うべき代価があったとしても、神が私たちに委ねられたメッセージを語るのには忠実であることが必要だと語っています。想像してみてください。ある報道リポーターが、そのニュースが良いと思えないからという理由で、起こったことを話さないことにしたらどうでしょう?何か大きな問題にならないでしょうか?同じように、神はご自身の真理を語るために私たちが勇気を持つようにと願われ、私たちの手に置かれたみことばを伝えるため、必要とあらば苦しむことをも願っておられるのです。

 

パウロはこう言っています。『しかし福音をあなたがたに語るため、神は私たちに大胆さを与えてくださいました。それで、たとえ人々が私たちに強く反対してもあなたがたに述べ伝えたのです。』前回のメッセージを見ると、使徒の働き17章でパウロと仲間たちがどのようにしてテサロニケにやって来、イエス様のメッセージを語ったかがわかります。ある人々は信じキリストに従う者になりました。でもその他の人々はすごく怒って彼らに反対しました。パウロとそのグループが町を去るまで、荒々しい群衆や町の役人たちとの間には騒ぎがありました。これは(使徒の働き16章を見ていただけばわかりますが、)彼らがそれほど遠くないピリピで経験した騒ぎに全くよく似たものでした。そこで彼らは牢に入れられましたが。

 

私たちは今日日本で宗教の自由を楽しんでいますが、それは本当に感謝なことですね。ご存知の通り、私たちのキリストにある兄弟姉妹が、典型的な礼拝の中でなされている簡単なことをただやっただけで投獄されたり、もっとひどいことをされたりするような国がたくさんあります。しかし、今日の日本では全く問題ではないのです。ここで私たちが楽しんでいる気楽さや心地よさが、かえって私たちの霊を弱めるということのないようにしたいものです。神様はキリストの福音が世界中を動き続ける必要がある時、代価を払う準備をしなさいと呼びかけておられます。それは福音を必要としているすべての人に届けるためです。私たちは神の子どもとして、どんなものが前に横たわっていようが自分の霊を準備するのを助けてくださいと願います。

 

7、七番目に、勧めながら語りなさい。第一テサロニケ2:3で、『私たちの勧めは…』と言っています。神様は従う者たちに、人々へ情報を与えるだけではなく、喜んでそうする者たちにはご自身のところへ導くようにとおっしゃっています。それで、私たちは、聞き手を教育するためだけに神のみことばを伝えるのではなく、キリストを通して神との個人的な交わりに入るよう導く必要があります。オープン・ドアにはたくさんの教師と生徒がいます。私たちはそのことを忘れて、ひとりの人が立って、座っている他の人に話す時、月曜から金曜までの役割に退きがちになるかもしれません。イエス様は教師でした。でも、それをはるかに超えて事をなされました。福音を告げ知らせるためだけではなく、弟子を作るためにもお弟子さんたちを送り出したのです。

 

それでは勧めをしつつ、今日のメッセージを終わりたいと思います。しかしまず、復習のために前回のメッセージを思い出しますが、聖書を見たり聖書に応答したりするために選ぶべき方法は私たちが人生で答えなければならない問いの中で鍵となるもののひとつだと言えるでしょう。それは私たちがどのような人間になるのか、日ごとにどのような決心をするのかということに強い影響をもたらします。今日私たちは信仰の先輩であるパウロ、シラス、テモテから再び挑戦を受けました。また、彼らが神のみことばを人々に語るためにイエス様や神に従う他の人たちから学んだことがらがありました。語るときには、(a)真実をもって、(b)純粋な心で、(c)神を喜ばせるために、(d)愛の心をもって、(e)聖書全体の中で、(f)大胆に、そして(g)勧めながら 語りましょう。

 

私は、私と一緒に定期的に神様のみことばを学び、それから今日私たちが教わったやり方で他の人たちにみことばを伝えるという決心をみなさんがされること、また再度決心されることを勧めます。

 

これはキリストに従うときに鍵となる部分のひとつです。そして私はそうするためにもっともっと勧め続けたいと思います。みなさんがその信仰の旅を始めておられないか、またはもう何年もその道におられるか、どちらにしても同じではないでしょうか。神のみことばによって生きるために神様に約束しませんか?またはその約束を新たにし直しませんか?そうするためには神様の助けが必要です。そしてその気があるなら、助けを求めることができます。私たちはそれぞれ他の人たちの助けも必要です。そして一緒に祈ったり、みなさんの前にある信仰の旅に導いてくださいと願うことのできる人がたくさんおられます。それですから、もしよければ、今日の礼拝の後で私たちのだれかひとりのところに自由にいらしてください。私たちは喜んで、ご一緒に話したり、祈ったりしたいと思います。

 

今、共にいのりましょう。

 

ご自身の民に語られる神様、あなたからよく学び、あなたからよく聴けるように助けてください。あなたのみことばを通して私たちを形作り、また作り変えてください。そして私たちを力づけ、道を教え、あなたの王国の働きのために、きょうもそして日々私たちを用いてください。イエス様のみ名によってこの祈りをささげます。アーメン。

 

参考

 

Fox News. (Jan. 20, 2017). Jeffress: Conservative Christians Tired of Being Demonized. Retrieved March 18, 2017 from http://video.foxnews.com/v/5291208594001/?#sp=show-clips

Guardian Wires. (Jan. 20, 2017). Donald Trump Inauguration Day--Watch Live. YouTube. Retrieved March 12, 2017 from https://www.youtube.com/watch?v=1UXYMPTdC40

McCann, E. (Jan. 18, 2017). The Two Bibles Donald Trump Used at the Inauguration. The New York Times. Retrieved March 12, 2017 from https://www.nytimes.com/2017/01/18/us/politics/lincoln-bible- trump-oath.html?_r=0