God’s Word at Work in You (Part I)

ダウンロード
日本語訳
「あなたのうちに働く神のことば」 (1).pdf
PDFファイル 237.8 KB

English service on February 19,2017

Messenger: Pastor Jim Allison

I Thessalonians 2:1-13 

(New International Readers Version, NIRV)

“God’s Word at Work in You (Part I)”

 

Today again we take time to look into God’s word, the Bible.  We do that practically every time we gather here at Open Door.  But it’s possible that, though we do it so often, we may never stop to think why we do that or what it means.  

 

Also, as I think you’ve noticed if you listen to the news, our world is changing quickly, and there is a great amount of division among people.  The gap between people on one side of an argument and the other often seems to be growing wider and wider.  It feels more and more difficult for people to actually agree on anything.  On an individual level, it is very easy to get lost in all the change, fighting, and confusion.  It can be very difficult to know what is right or wrong, even if there is a right and wrong.  We may struggle greatly in finding ways to arrange our lives with some clear sense of what is important, true, and good.  

 

With all these needs in mind, God has given us the amazing gift of His word, the Bible.  Some people accept it as God’s word and some do not.  It was written over hundreds of years by the hands of a wide variety of people in many different places.  Yet for thousands of years now, it has served as a remarkably consistent guide to life for people of every culture and age and social class who are willing to accept it.  It gives, among other things, a clear set of teachings and standards that many people find very helpful in making sense of the world we are in.  

 

For example, Sir Isaac Newton, who discovered gravity, wrote, “There are more sure marks of authenticity in the Bible than in any profane history.”  Charles Dickens, the British author of A Christmas Carol (Scrooge, Tiny Tim, 

 

etc.), A Tale of Two Cities, and many other stories, believed, “The New Testament is the very best book that ever was or ever will be known in the world.”  Napoleon Bonaparte said, “This book, surpassing all others. I never omit to read it, and every day with some pleasure.”  (We might wish he had read the parts like “Love your neighbor” and “Love your enemy” a little more, but he knew there was something special in the Bible.)  

 

God’s people even long before Christ’s time showed how much His word meant to them when they prayed (Psalm 119:114), “You are my refuge and my shield; I have put my hope in your word.”  They knew that God’s word was reliable because God is reliable.  We sometimes call the Bible “Scripture.”  When Jesus came along, He said, “We know that Scripture is always true” (John 10:35).  

 

Some people, for example one of America’s early leaders, Thomas Jefferson, have found some parts of the Bible helpful but others very difficult to understand or accept.  Jefferson took the parts he believed were really important and put them in a collection now called “The Jefferson Bible.”  We may do that, too.  We may take parts like the law that children should be killed for being disrespectful to their parents (Deuteronomy 21:18-21) and decide, “That’s not God’s word.”  But “God is love” (I John 4:8) of course is God’s word.  Some people take just the New Testament or just the gospels or just the words of Jesus.  

 

But there’s a problem with that: Jesus Himself said, “What I’m about to tell you is true.  Heaven and earth will disappear before the smallest letter disappears from the Law.  Not even the smallest stroke of a pen will disappear from the Law until everything is completed” (Matthew 5:18).  So it’s really difficult to say that Christ makes His followers free to take the parts of the Bible we think are right and leave the others off.  That may sound like freedom, but He tells us that it leads to something that is not freeing but enslaving in the long run.  When we find those difficult parts of the Bible, He seems to be telling us it’s better to be honest and say we don’t understand them.  Then we can go to God with them, confessing that we find them hard to accept.  But let’s take them all seriously, and let’s not reject any of them if Christ does not.        

 

How you understand the Bible and what you do with it is a key part of life for every Christian person.  That’s because we listen to God’s voice through the words of the Bible.  We can hear Him speak through prayer and many other ways, too, but none of them conflicts with the message He gives through the Bible.  For those of us who stand here or sit with students in a Sunday school class to present God’s word, the way you see and interact with it will make a lot of difference.  If you have children, it will make a great difference in how you raise them.  For all of us, how regularly we set aside time in each day’s schedule to really listen to God through His word, will greatly impact the way we see the events of each day, feel about them, think about them, and respond to them.

 

Today’s Bible passage gives us quite a few really clear, practical examples of how God wants us to handle His word and how He does not.  Let’s look at several of each, beginning today with ways it is possible to misuse the word of God.  

 

1.First, we can misuse God’s word by misunderstanding it.  For 

example, you may think you are telling God’s word when you really are just telling your own opinion or repeating some idea that comes out of your culture or whatever.  To understand God’s word (or any book, or just to live each day), each person chooses something as a standard for judging things as good or bad, right or wrong, important or not.  If you make yourself, your particular culture, “today’s world,” or anything besides God and His word your standard, a lot of Bible words may be coming from your mouth, but you are not really speaking the word of God.  When everything depends on your interpretation, everything depends on you.  In the end, you are putting your own meaning into God’s word, not taking out of it the meaning He has put there.  This is self-seeking, not God-seeking.

 

When you do that, you are presenting the word of God “as a human word,” v. 13 says.  There is a tendency for us to reinterpret the parts of the Bible we don’t like until they start to feel acceptable.  When we do this, we do what II Corinthians 4:2 calls “distort[ing] the word of God.” 

 

2.The text warns us in v. 5 that it’s possible to tell God’s word insincerely.  If we do, it’s as if we’re wearing a mask while speaking.  It seems that people in Thessalonica had been saying Paul, Silas, and the others were bad people doing bad things.  Acts 17 tells us how a few trouble-makers and a crowd took some supporters of Jesus’ followers to the city officials.  They said they were causing trouble with their teachings.  The writer in v. 3 feels the need to tell the readers, “The appeal we make is based on truth. It comes from a pure heart. We are not trying to trick you.”  This is not only because they have been opposed in telling people about Christ.  They also understand that some people do use the word of God in order to deceive people.  We can say nice words about God to cover up sinful longings, v. 5 reminds us.

 

2A. For example, I can misuse God’s word by telling it with the motive of trying to make myself look good.  The writer claims in v. 6, “We were not expecting people to praise us. We were not looking for praise from you or anyone else.”  There’s a temptation to put ourselves and the image we project at the center when we tell God’s word.  That can be an active desire to look good, or it may be more of a fear of looking bad, uncool, narrow-minded, or whatever.  

 

It may be more popular or “politically correct” to have certain opinions on various moral issues today.  It usually depends on what group of people you are with.  Whatever the opinion or belief is, the opposite one is probably more popular somewhere in another part of the world’s society.  But if where you are, most people think differently about that question from the Bible’s teaching, you can feel pressure to do the same.  We may feel afraid of what will happen if we actually receive God’s word and follow it.  That can be the fear of rejection, failure, being on “the wrong side of history,” or other things.  

 

Someone in the U.S. recently tried to put a movie advertisement on a signboard.  It had the quote, “I would rather stand with God and judged by the world than stand with the world and be judged by God.”  The company that owned the signboard said no and did not rent the space for that message.  They said it was “too incendiary,” that too many people would get upset when they saw it.  That began another argument about whether it is O.K. for businesses to refuse service to customers who do things they think are bad.  The point here is that when you tell God’s word, it will not always make you popular.  If you are telling God’s word with the real goal of being popular, you may not be telling His word honestly.        

 

2B. It is possible to use God’s word to try to get money.  In v. 6 the writers say, “As Christ's apostles, we could have caused you some expense.”  In verse 9 the author, no doubt Paul, says that instead of insisting on the financial support that he had the right to, he worked long, hard hours so that he could tell God’s word for free.  That would help ensure that the message would not be damaged by the fear that he was really just speaking in order to make money.  He probably felt the need to do that partly because there actually were people who would “peddle the word of God for profit,” as 2 Corinthians 2:17 calls it.  

 

Today, too, there are teachers, preachers, self-help book writers, motivational speakers, and others who tell the prosperity gospel, for example.  One of them gave a prayer in Donald Trump’s inauguration ceremony recently.  That set of teachings says, basically, that God loves you and wants good things for you.  So, if you ask Him in faith, you will be sure to receive money, nice material goods, many things to help you “prosper.”  That means that, if you pray for good things and don’t get them, it’s because there is something wrong with your faith.  You just need to pray and believe more.  The teaching that God might allow or actively send trouble into your life to teach, test, and train you is missing.  In the end, it sounds good, but it’s not the Gospel.  

 

2C. Another sinful desire I might try to cover with the word of God is the wish to hurt people I don’t agree with or like.  I can try to use the Bible as a weapon.  The problem with that is, God is love, so the word of God is the word of love.  If you can’t tell the word of God with respect for people who don’t agree with you, you won’t communicate it honestly or effectively.  Even if you get the words right, they won’t come across as authentic and uplifting.  They can, in fact, do real damage to people.  You can be right but do nothing to help strengthen people’s connection with God and with each other.  When we use God’s word that way, we are really misrepresenting it.  Especially in the us-vs.-them atmosphere of the political-social world we often are in now, that is important for Christians to remember.  If you have to scream your opinion, even or especially about God’s word, you may already have defeated yourself and damaged both your cause and the cause of Christ.

  

2D. Another example of the sinful longings we may feel like masking is an unhealthy desire for power.  Several decades ago, a Presbyterian pastor named Norman Vincent Peale wrote a popular book with the title, The Power of Positive Thinking.  His key idea was that the important thing is not 

our life situations but how we think about them.  If we refuse only to look at our situation and instead always take a positive attitude, we can make a new reality.  One young person who went to this pastor’s church in New York City was very impressed by his teachings.  He was Donald Trump.  He has taken that approach to his business work, and you can often see these beliefs shaping the way he looks at events each day.

    

The Bible does not teach that positive thinking is bad.  But Mr. Peale’s book was The Power of Positive Thinking, and if the point of it is mainly to get power, some real dangers come with it.  God’s word does not teach power itself as either good or bad, but we know that it easily can become a tool for putting people down and taking their freedom in many ways.  When that happens, power does become bad.  The desire for it is not always a healthy thing.  It can lead people in dangerous directions if not directed by a humble spirit and real care for other people.  Especially for people who tell others about God’s word, this is too important to forget.

 

3.Besides the dangers of misunderstanding God’s word or using it with bad motives, there is also the fact of our human weaknesses and how we handle them.  The pressure to give our best time and energy to other things—busy-ness, distraction, fatigue, other things—will take first place if we allow it to do so.  Treating as number one something that is not number one is, in the Bible’s terms, idolatry.  That may not seem to be related to God’s word, but the problem with all these things is this: they will leave us unable to hear the word of God, even when He is speaking.  To live listening to God’s voice and help others to do the same, we have to make Him number one and keep Him in first place.  Our human weaknesses are in part unavoidable, but with God’s help, they will not stop us from receiving His word and passing it on to others faithfully and effectively.      

Today we have seen particularly some things God asks us to avoid doing in handling His word.  Next time, let’s closer at things He does want us to do.

 

What does it mean to be a follower of Christ?  One key thing it means is to live as people of God’s word.  We are not alone.  We don’t have to figure out all of life for ourselves.  We have a roadmap to follow through our journey each day.  Thank God for His word.  Now let’s ask Him to help us live in its truth and power each day.

 

God who created the whole world through speaking, thank you for the faithful people you raised up over the centuries to write down the words of the Bible under your leadership.  Thank you most of all for Christ, whom you called “the Word.”  Enable us to seek and find ways to arrange our lives according to your word, the Bible.  Help us to love it because we love you.  Empower us to discover day by day, each in our unique situation in life, what it means to follow you as you lead us in the light of your word.  In Christ’s name, amen.   

 

References

 

Bonaparte, N. AZQuotes. Retrieved February 12, 2017 from http://www.azquotes.com/quote/603561

Bond, P. (July 13, 2016). “‘God's Not Dead 2’ Billboard Nixed at GOP Convention After Being Called ‘Incendiary.’” The Hollywood Reporter. Retrieved February 14, 2017 from http://www. hollywoodreporter.com/news/gods-not-dead-2-billboard-909226

Dickens, C. “The Faith Behind the Famous: Charles Dickens.” Christianity Today. Retrieved February 12, 2017 from http://www.christianitytoday.com/history/issues/issue-27/faith-behin d-famous-charles-dickens.html 

Newton, I. Prose Quotations from Socrates to Macaulay. Allibone, S. Austin, ed.

Retrieved February 12, 2017 from http://www.bartleby.com/349/authors/149.html

Peale, N. V. (2003). The Power of Positive Thinking: 10 Traits for Maximum Results. New York City: Touchstone, Simon and Shuster.

テサロニケ人への第一の手紙2:1~13

「あなたのうちに働く神のことば(その1)」

 

今日もまた神のことばである聖書について時間をとって調べていきましょう。私たちはいつもこのオープンドアに集まって聖書を学んでいますね。でもよくそうしているにもかかわらず、なぜそうしているのか、そのことになんの意味があるのか、立ち止まって考えてみることはめったにないかもしれないと思うのです。

 

また、みなさんがニュースを聞かれたら、私たちの世界は早く変わっていくなとか、人々の間にはすごくたくさんの分裂があるなということに気づいてこられたと思うのです。論争している一方の側ともう一方の側の溝はどんどん広がっているように思えます。どんなことにおいても人々が意見の一致を見ることはどんどん難しくなっているように感じられます。個人の場合にはあらゆる変化や闘いまた混乱においていとも簡単に道に迷ってしまうのです。たとえ正しいことと誤ったことがある場合でも、何が正しく何が間違いかを知ることがとても難しいということがありえます。私たちは、何が大切で何が真実で何が良いことなのかを感じ取ることのできる曇りのない感覚をもって、自分の人生を設計するやり方を見つけるためにもがくかもしれません。

 

私たちの心の中のこういった必要のすべてに、神様は驚くべき神のことばである聖書を与えてくださいました。ある人々は聖書を神のことばとして受け入れ、ある人々はそうはしません。聖書は何百年以上もかけて様々な人の手によって多くの違った場所で書かれました。しかしそれにもかかわらず、何千年もの間、快く受け入れる者たちにはどんな文化的背景があろうが、何歳であろうが、どんな身分であろうがその人生を導く矛盾のない導き手として役立ってきたのです。聖書は他の書物がいろいろとある中においても、私たちが住んでいるこの世界の意味を見出すために、はっきりとした教えと規範とを与えてくれているのです。

 

例えば、引力を見つけたアイザック・ニュートン博士は「聖書の中にはどんな世俗的な歴史に見るよりも多くの確実な痕跡がある。」と書いています。クリスマスキャロル(スクルージ、タイニーティムなど)やア   テールズ オブ トゥー シティズなどたくさんの物語を書いたイギリスの小説家チャールズ・ディケンズは「新約聖書は世界で知られている本の中で最もすばらしい本であったし、これからもそうだ。」と信じていました。ナポレオン・ボナパルトは「この本は他のどの書物よりも優れている。私は聖書を読むのをうっかりして忘れるということはない。日々喜びをもって読んでいる。」と言っています。(私たちはナポレオンが『あなたの隣人を愛せよ。』とか『あなたの敵を愛せよ。』というような箇所をもうちょっと読んでいてくれたらな~、と思ってしまうのですが、でも彼は聖書の中には何か特別なものがあることを知っていたのです。)

 

神を信じる者たちは、たとえそれが最初のクリスマスの時代にさかのぼったとしても、どれほど神のことばが大きな意味をもっているかを教えています。彼らは詩篇119:114で、「あなたは私の隠れ場、私の盾。私は、あなたのみことばを待ち望みます。」と祈りました。彼らは神が頼りになるお方であるがゆえに、神のことばが頼りになるものであるということを知っていました。私たちは時々、聖書のことを『スクリプ

チャー』(聖典)と呼んでいます。イエス様が来られたときに、「私たちは、神のことば(聖典)が常に真実であることを知っている。」(ヨハネ10:35)と言われました。

 

ある人々、例えばアメリカの初期のリーダーであるトーマス・ジェファーソンは聖書のいくつかの部分は助けになるが、他の部分は理解したり、受け入れたりするのがとても難しいことがわかったというのです。ジェファーソンは彼が本当に大切だと信じる部分を取り出し、集めました。今それは『ジェファーソンの聖書』と呼ばれています。私たちもそういうことをするかもしれません。わたしたちもある部分(例えば、親に逆らう子どもは殺されるべきだと申命記21:18-21に書かれているところ)は否定し、「それは神のことばではありません。」と言うが、ある部分(例えば第一ヨハネ4:8の「神は愛です。」)を神のみことばとして認めるかもしれません。

 

でもそれには問題があります。というのもイエス様ご自身がこう言われているからです。「まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。」(マタイ5:18)ですから、キリストが彼に従う者たちに、聖書のある部分を取ってここは正しいとし、残りの部分は捨てるということを自由にさせているとはとても言い難いことなのです。

たとえそれが自由なことのように聞こえても、何か自由にするものではなく、結局は私たちをしばる方向へと導くことになるとキリストは語っています。もし私たちがそういった聖書の難しい部分に出会ったときには、正直になって、そこが分かりませんと言った方が良いとキリストは言っておられるように思います。そうすれば、私たちは分からないことばを受け入れるのは難しいことがわかりました、と告白しながら神様の元へ行くことができるでしょう。そして、分からないみことばもすべて真剣に受け取りましょう。もしキリストが、どのみことばもはねつけないなら、わたしたちもどんなみことばさえも拒絶しないようにしたいものです。

 

どのように聖書を理解し、聖書のみことばに対して反応するかが、それぞれのクリスチャンの歩みにとって鍵となります。それは聖書のみことばを通して神のみ声を聞くからです。私たちは神様が祈りや他のいろいろなやり方を通しても語られるのを聞くことができます。でも、そのどれもが聖書を通して神が与えてくださったメッセージと矛盾することはありません。ここで神のみことばを与えるために日曜学校の子どもたちと一緒に立ったり座ったりしている私たちにとって、みことばを見たりふれたりするやり方がずい分変わってくるでしょう。もしお子さんを持っておられるなら、子どもの育て方にすごく違いがあるのが分かるでしょう。神のことばを通して真に神様に聞くために、毎日のスケジュールの中で必ず時間を取りのけておくこと、それが私たちにとって毎日起こる出来事をどのように見、どのように感じ、どのように思い、どのように反応するかに大きな影響を与えるものになってきます。

 

今日の引用聖句はごく少ないけれども本当にはっきりした、実際的な例を与えてくれています。それは神様が私たちに神のことばをどのように取り扱ってほしいと思っておられるのか、またどのように取り扱ってほしくないと思っておられるのかを知るためのものです。さあ、いくつか見ていきましょう。今日は神のことばを間違って使うことがあるという面から始めていきましょうか。

 

1、最初に、神のことばを間違って解釈し、間違って使うことがあります。例えば、本当は自分の意見を言ったり、文化か何かから発しているある思いつきを繰り返したりしているだけなのに、神のことばを言っていると思ってしまうことがあります。神のことばを理解するということは、どういうことなのでしょう。(どんな本でも、また毎日を生きるためだけにでも)それぞれが物事を良い悪い、正しい間違い、大切ではない、と判断するための基準として何かを選びます。もし自分自身を、特定の文化を、『今の時代』を、神と神のことば以外の何かを自分の基準とするなら、口からはたくさんの聖書のことばが出てきても、本当は神のことばを語ってはいないことになります。すべてのことが自分の解釈にかかっているとき、すべてのことが自分にかかっていることになります。最終的に神のことばの中に自分自身の意味を入れているのであって、みことばの中から神がそこにもっておられる真意を取り出してはいないのです。これは神を求めることではなく、自分自身を求めることで終わります。

 

そんなことをしているとき、13節にあるように、神のことばを、『人間のことば』として示しているのです。たしかに、私たちには聖書の好きではない部分を、受け入れられると感じ始めるまで再解釈する傾向があります。こんなことをしているとき、私たちは第二コリント4:2が『神のことばを曲げる』と呼んでいることを行っているのです。

 

2、引用箇所の5節を見ると、私たちは神のことばを口実(言い訳)として語ることがあると警告されています。もしそういうことをすると、ちょうど話している間マスクをつけているかのようです。テサロニケの人々はパウロやシラスまたその他の人たちを悪いことをする悪い人々だと言い続けてきました。使徒の働き17章を見ると、2、3人のならず者と群衆がイエス様の弟子の支持者たちをどのように町の役人のところへ連れて行ったかが書かれています。彼らは弟子たちの教えによって支持者たちがトラブルを起こしていると言いました。テサロニケ人への手紙の筆者たちは3節で、わたしたちにこのように言う必要を感じて、「私たちの勧めは、迷いや不純な心から出ているものではなく、だましごとでもありません。」と語っています。なぜこんなことを語ったかといえば、キリストについて人々に語ることを反対されたからだけではなく、ある人々が他の人々を欺くために神のことばを使っていることがわかったからなのです。5節で思い起こされるように、罪に満ちた願望を覆い包むために(へつらいのことば、むさぼりの口実として)神についてのきれいなことばを言うことがあり得るのです。

 

2A,例えば、自分自身を良く見せようとする動機から神のことばを使ってしまうことがあります。6節で筆者が主張しているのは、「私たちは、あなたがたからも、ほかの人々からも、人からの名誉を受けようとはしませんでした。」ということです。私たちが神のことばを語る時に、神様のことよりも自分のイメージを中心に持っていこうとする誘惑があります。良く見せようとするということは肯定的なイメージですが、それよりもカッコ悪く見えたり、イケてないと思われたり、心が狭く見えたりするのを恐れるという否定的なことかもしれません。

 

今日、様々な道徳的問題に、ある一定の意見をもつということが、さらに受けがよいまたは『政治的に正しい』かもしれません。それはたいてい、どういうグループの人々にあなたが属しているのかということにかかっています。その意見や信条がどのようなものであろうと、反対の意見が世界の他のところにある社会ではおそらくもっと受けが良いのです。しかしもし、あなたのいるところで聖書の教えから出た事柄についてほとんどの人があなたと違った考えをもつなら、あなたは彼らと同じように考えるプレッシャーを感じることになります。もし実際に神のことばを受け、それに従おうとするなら、何が起こるのだろうかと私たちは恐れを感じるかもしれません。それは拒絶への恐れ、失敗への恐れ、歴史の間違った側にいるという恐れ、またその他の恐れかもしれません。

 

アメリカのある人が最近、看板に映画の広告を載せようとしました。そこにこういう引用が掲載されていました。「私はむしろ神の側に立ち、この世からさばかれよう。この世の側に立って神にさばかれるよりは。」

その看板を所有している会社はそのメッセージがのるのならだめだと言い、場所を貸してくれませんでした。

『民衆をあおりたてすぎる。』と言うのです。それを見たら、ものすごく多くの人が腹を立てるだろうと。

その一件はもうひとつの議論をも呼びました。ビジネス界にとって、お客さんがしようと考えていることが良くないと思う場合に、業務を断るのは良いかどうかということでした。ここで言いたいことは、あなたが神のことばを語るとき、それは必ずしもあなたを人気者にする訳ではないということです。もしあなたが、神のことばを人気者になるための本当のゴールだとして語っているなら、あなたは神のことばを誠実に語っていないかもしれません。

 

2B,神のことばをお金もうけのために使う場合もあります。6節で筆者は「キリストの使徒たちとして権威(費用)を主張することもできたのですが、」と言っています。9節では筆者のパウロはこのように言っています。その権利はありましたが、経済的な援助を主張する代わりに、神のことばを無償で語るために長く厳しい時間を働くことに当てました。そのことは、パウロのメッセージがただのお金儲けのためにされているのではないかという疑いによってつぶされないように、真実であるという確信を与えるものだったのです。パウロは、第二コリント2:17でそう呼んでいるように、『神のことばを売る。』ような人々が実際にいたから、そういうことをする必要があると感じていたのではないかと思います。

 

今日、繁栄の福音を教える教師、説教者、著述家、講演者、その他諸々の人々がいます。最近、そのひとりがドナルド・トランプ氏の大統領就任式の際にお祈りをしました。その教えは、基本的に、神はあなたを愛し、あなたのために良いことを望んでおられるということです。ですから、もしもあなたが信仰を持って神に祈り求めるなら、あなたは必ず金儲けに成功し物質的にも豊かになって繁栄することでしょう。しかし、そのような教えは、もしあなたが祈ったのにそれらを手に入れることができないとしたら、あなたの信仰のどこかに欠陥があるとういうことを意味するのです。ですから、あなたはもっと祈って、もっと信じなければならないということになります。その教えには、神があなたを教え、あなたを訓練するために、あなたの人生に困難が許される場合があるのだということが欠けているのです。結局、繁栄の福音は、聞こえは良いけれど、それは福音ではありません。

 

2C.神のことばでもって良く見せかけて自分の罪深い願望を成し遂げようとする例として、賛成できない人や好きになれない人を聖書のことばで傷つけようとすることです。私は聖書のことばを武器として用いることができます。しかし、それには問題があります。なぜなら、神は愛であり、神のことばは愛のことばであるからです。もしも、あなたが、あなたと考えを異にする人に向かって思いやりを持って神のことばを語れないなら、あなたは真心から、また効果的に神のことばを伝えることはできません。あなたが神のことばをその通りに語ったとしても、本来の神のことばとしての力は現れないでしょう。実際、それは人を傷つけてしまうことになりえるのです。あなたは自分の正しさを貫けたとしても、その人と神様との関係やその人と自分との関係が強められるためには何の力にもなりません。私たちがそんな風に神のことばを用いるときは、実に私たちは誤った方法で神のことばを言い表わしているのです。今私たちが生きている社会や世界において、特に「我々対彼ら」という風潮の中では、私たちクリスチャンはそのことを心に留めておかなければなりません。もしも、あなたが自分の意見を主張するために激しく叫ぶようなことがあるならば、たとえ、それが神のことばについてのことであっても、と言うよりも、それが神のことばであるなら、なおさら、あなた自身に敗北を招き、あなたの立場もキリストの立場も悪くなってしまうかもしれません。

 

2D.私たちが隠したくなるような罪深い願望の他の例として、権力への不健全な願望です。数十年前、長老派の牧師であったノーマン・ヴィンセント・ピールが書いた有名な「積極的思考の力」という本があります。彼の発想の鍵となるところは、重要なことは人生における状況ではなくて、その状況をどのように考えるかにあるということです。私たちが自分の置かれている状況をただ見るのではなくて、それに対して常に肯定的な態度をもって対応するならば、私たちは新たな現実を作り出すことができるというものです。ある青年がニューヨークにあるこの牧師の教会に行って、彼の教えに非常に感動しました。その青年とは、ドナルド・トランプ氏です。彼は積極的思考のアプローチを自分のビジネスに適用してきました。そして、私たちはそんな彼のふるまいを形作ったこの信仰を日々の出来事の中に見ることができます。

 

聖書は、積極的思考が悪いとは言っていません。しかし、ピール氏の本は「積極的思考の力」であり、その中心となる考えがおもに力を受けると言うことならば、その考えには実際的な危険性を伴います。神のことばは、力自体が良いとも悪いとも教えてはいません。しかし、それは、容易に人々を力で抑え、多方面にわたって自分たちの自由を獲得するためのツールになりうることなのです。そうなると、力は悪いものになります。力を求めることは、必ずしも健全なことではあるとは限らないのです。もしも、謙遜な心と他人への思いやりによって導かれるのでないならば、力への願望が人々を危険な方向へと導いてしまうこともありえるのです。特に、神のことばを人々に語る者たちにとって、このことは非常に重要なことであって、けっして忘れてはなりません。

3.さらに、神のことばを誤解する危険や悪い動機で神のことばを用いるということが起こりえます。神のことばを誤解する危険や悪い動機で神のことばを用いるということが起こりえますが、さらに、人間の弱さと、それをどのように扱うかという問題もあります。また、私たちの最良の時間とエネルギーを他の事に使わせようとするプレッシャーがあります。それが、忙しさであったり、気が散る原因であったり、疲労であったり、他にもあるでしょう。そのようなものが、私たちの心を占める第一のものになりえます。第一にすべきでないものを第一にすることを聖書的に言うならば、それは、偶像です。それは神のことばと関係の無いように思えますが、これらのことに伴う問題はこうです。それらは、神のことばを聞こえなくしてしまいます。神が私たちに語っていても、聞こえないのです。神のみ声に耳をすましながら生きるために、また、他の人にもそのように生きることを導けるように、神様が自分にとって最も大切であり、常に神様を第一に保つことです。私たちは人間的な弱さを避けることはできません。けれども、神の助けを受けるなら、人間的な弱さによって神のことばを受けるのを妨げられたり、神のことばを人々に忠実にまた効果的に伝えるのを妨げられたりすることはありません。

 

今日は神のことばを用いるときにやらないように気をつけるべきことについていくつか見て来ました。次回は、神が私たちに行なうように望んでおられることを見ていきましょう。

 

キリストに従う者とはどういうことですか。それが意味する一つの鍵となることは、神のことばの人として生きることです。私たちはひとりではありません。私たちは人生のすべてを自分だけで理解する必要はありません。私たちには、日々人生という旅の中で従うべき道を示してくれる地図があります。それは神のことばです。神のことばに感謝しましょう。今、神に祈り、私たちが日々神の真実と力によって生きることができるように助けていただきましょう。

 

ことばによって全世界を造られた神様、あなたの導きによって、聖書のことばを書き留めるために何世紀にもわたってあなたが育ててくださった誠実な人々のゆえに、あなたに感謝をおささげします。すべてにまさって、キリストのゆえに、あなたに感謝をおささげします。あなたはキリストを「ことば」とお呼びになりました。あなたのことばである、聖書によって、私たちの人生が整えられますように、そのための道を求め、そして、見つけ出すことができますように私たちを導いてください。私たちはあなたを大切にしていますから、あなたのみことばを大切にすることができますように助けてください。私たち一人ひとりが置かれている特別な状況の中で、私たちがあなたのことばの光に導かれ、あなたに従い歩むことの意味を見出すことができますように力を与えてください。主イエス・キリストの御名によってお祈りします。

 

参考文献

 

Bonaparte, N. AZQuotes. Retrieved February 12, 2017 from http://www.azquotes.com/quote/603561

Bond, P. (July 13, 2016). ‘God's Not Dead 2’ Billboard Nixed at GOP Convention After Being Called ‘Incendiary.’The Hollywood Reporter. Retrieved February 14, 2017 from http://www.hollywoodreporter.com/news/gods-not-dead-2-billboard-909226

Dickens, C. “The Faith Behind the Famous: Charles Dickens.” Christianity Today. Retrieved February 12, 2017 from http://www.christianitytoday.com/history/issues/issue-27/faith- behind-famous-charles-dickens.html 

Newton, I. Prose Quotations from Socrates to Macaulay. Allibone, S. Austin, ed. Retrieved February 12, 2017 from http://www.bartleby.com/349/authors/149.html

Peale, N. V. (2003). The Power of Positive Thinking: 10 Traits for Maximum Results. New York City: Touchstone, Simon and Shuster.