A Life That Demonstrates the Resurrection

English Service on October 16  Messenger:Pastor Katsunori Nakajima(Love Joy Peace Church in New York & New Jersey)

“A Life That Demonstrates the Resurrection"

Matthew 28:5-6

The angel said to the women, “Don't be afraid. I know that you are looking for Jesus, who was crucified. He is not here! He has risen, just as he said he would! Come and see the place where he was lying.”

 

1. What is the central content of the faith that you and I have as Christians?  It’s the cross and the resurrection.  Today we as Christians have to hold firmly to this truth.

2. Why are we not able to live with power as Christians in this world?

Why are we not able to live as the light of this world?  The Bible says clearly that you are the light of the world.  That means that without doubt the place you here today hold is living as the light of the world. 

3. But how about that?  Are we really living as people who have become the light of the world?  Are we actually living as lights in the various places we are put in this world?  

4. If the problem is that we are not living in that way, what is the cause?  One possible cause is that, even though we are Christians, we are not clear on what we believe.   

5. Christians have been saved by faith.  We were saved because we believed.  Without faith, it is impossible for us to please God.  Well then, what exactly do we believe?  What is the central content of what we believe?  It is the cross and the resurrection.  

6. I would like for us today once again to turn our eyes to the cross and resurrection, which together are the foundation of our faith, and receive a message of blessing.  My hope is for us especially today to receive a message on the specific content of the teaching on the resurrection.

7. What is the resurrection?  It is hope; it is joy.  In today’s Bible reading, Mary Magdalene and the other Mary come to the tomb where Jesus’ body has been laid.

8. But there an angel appeared to them and spoke to them as follows.  Please look at verse 6 once again.  Jesus is not here.  He has risen, just as He said He would.  

9. Jesus was raised from death.  He definitely died on the cross.  But what we should know is that He, as God, cannot remain dead.  It is that He cannot always remain bound by death. 

10. Jesus is God.  As such, Jesus had to be raised from the dead.  He had to overcome death; He had to be victorious.  Through this, through the fact of the resurrection, it was proven that Jesus is God.

11. People say, “If Jesus is God, why did He have to hang on a cross and die?”  But what we should know is that if there is no death, there is no resurrection.  In order for the glory of the resurrection of God to be demonstrated, it was first necessary for Christ to die.  Through the resurrection from death, it was proven that Jesus Christ was God. 

12. It is common sense to us that it is impossible to return to life from death.  In our world, that is unimaginable.  But because Jesus is God, He is Someone able to work in ways that surpass our thinking, that surpass our common sense.  So He is able to demonstrate the glory of the resurrection.  

13. Jesus is God.  Jesus is the only true Savior.  What proves that is the resurrection.  There are many religions in the world, and there exist many wonderful people deserving of our respect.  However, what we should know is that there is only One who has risen from the dead and is now living: Jesus Christ.     

14. Only Jesus Christ is God, and only Jesus Christ is Savior.  There is a way to salvation in no one besides Him.  Only Jesus Christ is the way and the truth and the life.   

15. Jesus is no longer in the grave.  That is because He has risen.  Does everyone here believe this?  Can you believe in Jesus’ resurrection as an event that actually took place 2,000 years ago?  Of course we believe this.  The resurrection is not a story someone made up, or a story that exists only in movies or dramas, but an event that actually occurred.  It is important for us to believe this.  The resurrection was an actual event.     

16. However, we have to know that there is something even more important than this fact.  Jesus’ resurrection took place.  This is a fact, the content of the belief we should have.  However, there is something even more important than believing this fact.  

17. It is that the resurrection has to be demonstrated through our lives.  The thing that is more important than believing in the resurrection is that the power of the God who led Christ to the resurrection must also be demonstrated here in this world through us.  In other words, it is necessary for us to be witnesses of the resurrection of Christ.

18. The life of the resurrection must be born witness to not only through the words we say with our mouths but through our lives, through our daily walk, through our living.  We have to live as witnesses of the resurrection.  It is in this that the greatest meaning of Jesus’ resurrection lies.  

19. More than for us to believe in the fact of the resurrection, it is important that the fact of the resurrection come to be abundantly demonstrated to this world through our lives. 

20. Today we are thinking about this.  Is the resurrection of Christ being demonstrated through our lives?  As people who believe in the resurrection of Christ, as people who have been entrusted with the blessings of the resurrection, are we living in a way that is appropriate to that?  My hope is that today we will think deeply about this.        

21. We can say that it is the people living lives in which the power of the resurrection is demonstrated who believe in the resurrection in the truest sense.  Does everyone here believe in the risen Jesus?  If so, it is necessary for the power of the resurrection to be demonstrated through these people.

22. What does that mean, specifically?  If you look again at verse 6 of today’s Bible reading, you’ll see that the angel tells the following to the women who have come to see the grave.  He is not here.  He is risen, just as He said.  That’s right.  Jesus was already gone from the grave.

23. What that means is that Jesus had definitely been dead.  However, He was not a person meant to stay dead.  It was not right for Him to remain bound in death.  Jesus after that had to be resurrected.  He had to overcome death and be raised to life on the third day.  

24. In other words, we too must live in that same way.  We must not remain bound in death.  Specifically, it is not right for us to remain bound in fear and insecurity.  We must not always be bound by negative thoughts, sinful thoughts, anxieties, dissatisfaction, fleshly lusts, and those types of thoughts.     

25. We who live believing in the resurrection must not live as people always captured by thoughts like these but die to thoughts like these, nail to the cross thoughts like these, and live with faith in the resurrection.  

26. In other words, the way of living of people who believe in the resurrection is to rejoice always, in everything give thanks, and in all circumstances let peace rule our hearts, to live giving the Lord our hallelujahs and praise, not judging each other, not living criticizing each other, but loving each other, forgiving each other, and to live with respect for each other.     

27. What are the cross and resurrection?  They mean that the old person has died and the new person has been reborn.  From the cross and people of this world, we have been reborn as the people of God.  From people in lives of darkness led to lives in the light, not people who have slightly changed but who have been completely changed.  Let’s read II Corinthians 5:17.

28. “Anyone who believes in Christ is a new creation.” If we are living as people who have been entrusted with the cross and resurrection, we have already been remade as new people. 

29. The old person is gone! The old person has already died on the cross. The cross of Jesus does not mean merely that Jesus alone died there but that the old selves of us who are here also died there together with Him. Our old selves have also died together on the cross. And we have been born again as people who have the new life of the resurrection. We have already been born as new people. 

30. So we must not forever remain in sin. We must not forever remain in fear and insecurity. We must not forever remain in negative thoughts, in anxiety and dissatisfaction. We are people of the resurrection.   

31. God created everything in heaven and on earth.  God made people in the last part of the creation.  For what did God create the world and create people?  Why did He give us life to live here on this earth? 

32. It’s because He loves us.  God created us as the recipients of the expression of God’s love. He did not create us to put us in suffering, to put us in sadness, to lead us into lives filled with things like fear or anxiety.  God created us so that we would always receive enough of His love, always be overflowing with joy, overflowing with thanks, seeking to be able to live with our hearts at peace.

33. However, how about in reality?  What kind of world do we live in?  Is it a world in which we are able to discover the love of God?  It certainly never looks that way.  Conflicts, hatred, betrayal, murder, judging each other, competition—this world in which we are living always lives like this.  

34. It is difficult to discover the love of God.  This is true in our lives as individuals, as well.  We are always resenting, envying, or hating someone, being controlled by insecurities and fear more than empowered by joy, being controlled by anxiety, dissatisfaction, and negative thoughts more than filled with thankfulness. 

35. Today we have to become enlightened about this.  We are not living according to the truth.  The way we live does not show what it really means to be human, and the world as it is today is not the way God desires it to be.  

36. God’s desire is love.  What God desires is for us to love each other, forgive each other, affirm each other, respect each other, submit to each other, and serve with humility.  What God wills for us is that we rejoice always, in everything give thanks, have hearts of peace, and be overflowing with praise.

37. In spite of this, why are we unable to live in this way?  How can we be living in our old form of life, even while saying that we are people who believe in Jesus, even while saying that we believe in the cross and resurrection?  How can we be living unable to cast aside our old selves?  Why does the power of the resurrection not appear in our lives? 

38. The reason is that, while we say we believe, in the real meaning of the word, we do not believe.  After the cross, the resurrection is certain to come.  Even though we have to believe this, we only confess with our mouths the resurrection that follows the cross and in the true meaning of the word do not believe in it.

39. That is why we are afraid to face death.  When we are put in a negative situation, we worry and complain, or become resentful toward God or someone else.  People who live like this do not truly believe in the resurrection.

40. We believe that there was a resurrection.  We definitely believe that 2,000 years ago Jesus rose from the dead.  But we don’t believe in our hearts that the resurrection will happen in our lives.  That’s why we are afraid.  That’s why we gripe and complain.  That’s why we are irritable, criticize people, try to outdo others, live trying to tear each other down.

41. We have to believe in the cross and the resurrection.  We have to have a clear belief that in our lives there is not only the cross but after that the resurrection.  We must believe that the event of the resurrection is not only an event that occurred 2,000 years ago but an event that occurs in the lives of us living today.

42. If we are able to believe in the cross and after that the resurrection, as well, joy will definitely come to overflow, thankfulness will come to overflow, praise will come to overflow in our lives.  Negative thoughts will disappear, fears and insecurities will disappear, we will become able to live with hearts at peace.  This is the life of people who believe in the resurrection.  Let’s read John 11:25.  “Jesus said to her, ‘I am the resurrection and the life. Anyone who believes in me will live, even if he dies.’”

43. Do you believe in living even if you die?  Do you believe that people do not just die, and that’s it?  If we do, even when we face death we will become able to live with hearts at peace.  That is the life of people who believe in the resurrection.  Hear the words of I Corinthians 15:54-57.

 

  What does not last will be dressed with what lasts forever. What dies will be dressed with what does not die. Then what is written will come true. It says, “Death has been swallowed up. It has lost the battle.” “Death, where is the battle you thought you were winning? Death, where is your sting?” The sting of death is sin. And the power of sin is the law. But let us give thanks to God! He wins the battle for us because of what our Lord Jesus Christ has done.

 

44. We who believe in the resurrection are not people who stand before death defeated.  We are people who overcome death, who are lead to the glory of the resurrection.  That is why we are able to say today, “Death, where is the battle you thought you were winning?” 

45. That is how we are able live in this way today and tomorrow.  As I

Corinthians 15:58 says, we are able to stand firm, not letting anything move us, always giving ourselves completely to the work of the Lord.  For the glory of the Lord, we are glad to die to self and able to bear our crosses and live suffering together with Christ.             

   

I Corinthians 15:58: My dear brothers and sisters, stand firm. Don't let anything move you. Always give yourselves completely to the work of the Lord. Because you belong to the Lord, you know that your work is not worthless.

 

46. Why is that?  It’s because we know that our labor is not in vain.  It’s

   because we know that the glory of the resurrection will be revealed.

47. To be sure, to live believing in the Lord is not easy.  It is certainly not 

   an easy thing to live always rejoicing, being thankful in all things 

   and praising the Lord, at any time to live with a heart at peace.  

48. Just the opposite, it’s easier for us to live always getting angry, hating 

   people, and being afraid—to live griping and complaining, under the

   control of negative thoughts.  That’s not difficult.  It’s because

   people have the essential nature of sinners.  It is not easy for people

   like us, who are sinners, to always live being joyful and thankful for

   all things.

49. But what we know is that after the cross there is the resurrection.  All

   doesn’t end with the cross.  All doesn’t die and end there.  We live

   within the value of “Death, where is the battle you thought you were

   winning?”  We absolutely will overcome death and be led to the glory

   of the resurrection.

50. If we are able to believe this firmly in our hearts and always confess it

   with our mouths, our lives today and always will become filled and

   overflow with the power of the resurrection, and we will be used for

   great things in lives that demonstrate the resurrection.

51. I appeal to you.  We cannot live in the same way people of this world

   do.  We cannot live in the old ways we did.  Our old way of living

   has already passed away.  We who are in Christ have been born

   again as new people.  We have been reborn.  It’s not that we have

   just grown a little stronger.  We have been reborn as completely new

   people.  We have been born again as people of the resurrection.  

52. What kind of people are we, who have been reborn as new people?

   People who always rejoice.  People who give thanks for everything.

   People able to live with hearts that are at peace.  People who are

   able to live with praise overflowing from our lips.  People who are

   able to live having joy and giving thanks, even when facing a cross.

53.  These are people who believe in the resurrection, and people who

   believe in the resurrection must show this kind of power of the

   resurrection through our lives. 

54. Now let’s meditate once more today on this question: whether or not I

   am a person who believes in the resurrection.  Whether up to now I

   have really been a person who believes in the resurrection.  I pray

   that today we will be clearly given faith in the resurrection.                            

2016.10.16主日礼拝 メッセンジャー:中島克範牧師(Love Joy Peace Church in New York & New Jersey)

日本韓国訪問集会メッセージ4 「復活が現される人生」

マタイ28章5〜6節:すると、御使いは女たちに言った。「恐れてはいけません。あなたがたが十字架につけられたイエスを捜しているのを、私は知っています。ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。来て、納めてあった場所を見てごらんなさい。」

1. クリスチャンである私たちが信じている中心的な内容は何でしょうか。それは十字架と復活です。今日私たちがクリスチャンとして、しっかりとこの事を確認しなければなりません。

2. どうして私たちは、この地上でクリスチャンとして力強く生きる事が出来ないのでしょうか。どうして私たちはこの世の光となって生きる事が出来ないのでしょうか。聖書で明確に語る事は、あなたは世界の光であるという事です。ここにいる皆様は間違いなく、世界の光という立場を持って生きていると言う事です。

3. しかしどうでしょうか。私たちは本当に世界の光となって生きる事が出来ているのでしょうか。聖書が語られる通りに、私たちが置かれているそれぞれの場所において、光となって生きる事が出来ているのでしょうか。

4. もしその様に生きる事が出来ていないという事ならば、何が原因でしょうか。その原因の一つとして考えられる事は、クリスチャンである私たちが、何を信じているのか、それが明確ではないという事です。

5. クリスチャンは信仰によって救われたのです。私たちは信じたから救われたのです。信仰が無ければ、私たちは神様に喜ばれる事が出来ないのです。それでは私たちは具体的に何を信じているのでしょうか。私たちが信じている中心的な内容は何でしょうか。それは、十字架と復活であります。

6. 今日は私達がもう一度、私たちの信仰の基本である、十字架と復活に目を向けて、祝福のメッセージを受けたいと願うのです。特に今日は復活についての、具体的な内容をメッセージとして受ける事を願います。

7. 復活とは何でしょうか。それは希望であり、喜びです。今日の聖書では、マグダラのマリヤと、他のマリヤが、イエス様の体が納められている墓へやって来られたという事です。

8. ところが、そこに御使いが現れ、女性たちにこの様に語られたのです。もう一度今日の6節を見れば、ここにはおられません。前から言っておられたように、よみがえられたからです。

9. イエス様はよみがえられた。確かにイエス様は十字架上で死なれました。しかし私達が知るべき事は、神であるイエス様は、死んだままでいてはならないと言う事です。死というものによって、いつまでも縛られていてはならないお方であるという事です。

10. イエス様は神様です。だからイエス様は復活をしなければならなかったという事です。死に打ち勝ち、勝利をしなければならなかったという事です。この事を通して、復活という事実を通して、イエス様が神様であるという事が証明されたという事です。

11. 人々はこの様に言います。イエス様が神様であるならば、どうして十字架に掛かり死ななければならなかったのか。しかし私達が知るべき事は、死が無ければ復活はないという事です。復活という神の栄光が現される為に、イエス様は1度死ななければならなかったという事です。死からの復活を通して、イエスキリストは神様であったという事が証明されるという事です。

12. 私達の常識では、死人が生き返るという事はありえない事です。私達の世界では考えられない事なのです。しかしイエス様は神様だから、私達の考えを超えて、私達の常識を超えて働く事の出来るお方であるから、だから復活という栄光を現す事が出来るという事です。

13. イエス様は神様です。イエス様は唯一真の救い主です。それを証明するのが復活です。この世にはたくさんの宗教があり、尊敬されるべき立派な人はたくさん存在しています。しかし私達が知るべき事は、死人の中からよみがえり、今も生きておられるお方は、イエスキリストだけであるという事です。

14. イエスキリストだけが神であり、イエスキリストだけが救い主であるという事です。この方以外に、私達が救われるべき道はないという事です。イエスキリストだけが道であり、真理であり、いのちであります。

15. イエス様は墓にはおられません。何故ならば、復活をされたからです。皆様は信じるのでしょうか。イエス様の復活は今から約2000年前に、実際にあった出来事として信じる事が出来るのでしょうか。私達は当然信じています。復活は造られたお話ではなく、映画やドラマの中でも話ではなく、実際に行われた出来事であるという事です。私達がこの事を信じる事は大切な事です。復活は実際の出来事です。

16. しかし今日私達は、この事実を信じる事よりも、もっと大切な事があるという事を知らなければなりません。イエス様の復活はあった、これは事実であり、信じるべき内容です。しかしその事実を信じるよりももっと大切な事があるという事です。

17. それは、復活が私達の人生を通して現されなければならないと言う事です。復活を信じるよりもっと大切な事、それは復活へと導かれた神様の御力が、ここにいる私達を通して、この地上に現されなければならないと言う事です。すなわち私達がキリストの復活の証人となる必要があるのです。

18. 口だけで、イエス様は復活しましたと言って生きる事ではなく、私達の人生を通して、私達の歩みを通して、私達の生活を通して、復活のいのちが証されなければならないのです。復活の証人として生きなければならないのです。 これこそが、イエス様が復活された最も大切な意味であるという事です。

19. 復活の事実を信じる事よりも、復活の事実が私達の人生を通して、この世に豊かに現されるようになる事が大切だという事です。

20. 今日私達は考えます。私達の人生を通して、キリストの復活が証されているのでしょうか。キリストの復活を信じる者として、復活の恵みに預かっている者として、それに相応しい生き方をする事が出来ているのでしょうか。今日私達はこの事について深く考えて行く事を願うのであります。

21. 復活の力が現される人生を生きている人こそ、本当の意味で復活を信じている人であるという事が出来るのです。皆様は復活されたイエス様を信じていますか。そうであるならば、その人を通して、復活の力が現される必要があるという事です。

22. 具体的にどういう事でしょうか。今日の聖書のもう一度6節を見れば、墓を見に来た女性たちに対して、御使いがこの様に言います。ここにはおられません。前から言っておられたようによみがえられたからです。そうです。イエス様はもう既に墓にはいなかったのです。

23. その意味は、イエス様は確かに死んだのです。しかし、死のままでいるべきお方ではないという事です。死に繋がれたままでいてはならないという事です。イエス様はその後に復活をしなければならないと言う事です。死に打ち勝ち、3日目に復活をしなければならないのです。

24. すなわち私達も、その様に生きなければならないと言う事です。死に繋がれたままでいてはならないと言う事です。具体的には、恐れと不安によって繋がれたままでいてはならないと言う事。否定的な思い、罪の思い、不平不満、肉の欲、その様な思いにいつまでも繋がれていてはならないという事です。

25. 復活を信じて生きる私達は、その様な思いにいつまでも捕われて生きる者ではなく、その様な思いに死んで、その様な思いを十字架に付けて、復活の信仰を持って生きなければならないと言う事です。

26. すなわち、いつも喜び、全てに感謝し、あらゆる状況で心を平安にし、ハレルヤと賛美して生きるという事、互いに裁く事ではなく、互いに批判し合って生きる事ではなく、互いに愛し、互いに赦し、互いに尊敬し合って生きるという事、これが復活を信じて生きる私達の生き方であるという事です。

27. 十字架と復活とは何でしょうか。それは、古い人が死んで、新しい人として生まれ変わったという事です。この世の人から、神の人として生まれ変わったという事です。暗闇にいた人生から、光りの中へと導かれる人生として、少しばかり変わったではなく、完全に変えられたという事です。第2コリント5章17節を読んでみましょう。

28. 誰でもキリストのうちにあるならば、その人は新しくつくられた者です。私達がキリストの十字架と復活に預かっている者として生きているという事ならば、私達は既に新しい人として造り変えられたという事です。

29. 古い人は過ぎ去ったのです。古い人は既に十字架で死んでしまったのです。イエス様の十字架は、ただ単にイエス様1人だけが十字架で死んだのではなく、ここにいる私たちの古い人としての姿も一緒に死んだという事です。私たちの古い人は、イエス様の十字架と共に死にました。そして復活という新しいいのちを持つ者として、私たちは生まれ変わったという事です。私たちは既に新しい人と生まれ変わったのです。

30. だから私達はいつまでも罪の中に留まっていてはなりません。恐れと不安の中に留まっていてはなりません。否定的な思いの中に、不平不満の中に、いつまでも留まっていてはならないと言う事です。これが復活の人です。

31. 神様は天地万物を創造されました。神様は創造の最後に人を創造されました。 神様は何の為に、この世界を創造し、また人を創造されたのでしょうか。どうして私達をこの地上に生かしてくださっているのでしょうか。

32. それは神様が私達を愛しているからです。神様の愛を現す対象として、神様は私達を創造されたという事です。私達を苦しみに置く為に、私達を悲しみに置く為に、私達を恐れや不安のある、その様な人生として導く為に、私達を創造されたのではありません。人がいつも神様の愛を十分に受けて、いつも喜びに溢れ、感謝に溢れ、心を平安にして生きる事が出来るようにと願い、神様は私達を創造されたのです。

33. しかし現実はどうでしょうか。この世界はどの様な世界でしょうか。神様の愛を発見する事が出来る世界でしょうか。決してその様に見る事は出来ません。争い、憎しみ、裏切り、殺人、裁き合い、競争、私たちの生きるこの世界はいつもその様に生きているという事です。

34. 神様の愛を発見する事が難しいのです。私達個人の人生も同じです。いつも誰かを恨み、妬み、憎しみ、喜びよりも不安と恐れに支配され、感謝よりも不平不満と否定的な思いに支配され、その様に生きているという事です。

35. 今日私達は悟らなければなりません。これが真理ではありません。これが私たち人間の本当の姿ではないし、今の世界の現状が、神様の願っておられるものではないという事です。

36. 神様の願いは愛です。互いに愛し合い、互いに赦し合い、互いに認め合い、互いに尊敬し、互いに自分を低くして、謙遜になって仕える事、これが神様の願いです。いつも喜んで、全てに感謝して、心が平安であるように、賛美に満ちあふれた人生となるように、これが神様の持っている私達に対する御心であるという事です。

37. それなのにどうして私達はその様に生きる事が出来ないのか。イエス様を信じている者であると言いながら、十字架と復活を信じている者であると言いながら、どうして未だに古い姿のままで生きているのでしょうか。どうして古い自分を捨てる事が出来ずに生きているのでしょうか。どうして復活の力が、私達の人生に現されないのでしょうか。

38. その理由は、信じていると言いながら、本当の意味で信じていないからです。十字架の後には必ず復活がある、これを私達は信じなければならないのに、十字架の後の復活を、私達は口でその様に告白するだけで、本当の意味で信じていないという事です。

39. だから死の前で恐れるのです。マイナスな状況に置かれる中で、不平不満を言い、神様を恨み、また誰かを恨むようになるのです。その様に生きている人は、本当の意味で復活を信じていません。

40. 復活があった事は信じています。二千年前に、イエス様が復活した事を、私達は確かに信じているのです。しかしそれが私の人生にも起こるという事を、私達は心から信じていないという事です。だから恐れるのです。だから不平不満を語るのです。だからイライラしたり、誰かを批判したり、誰かと競争したり、互いに傷つけ合いながら生きているという事です。

41. 私達は十字架と復活を信じなければなりません。私達の人生には十字架だけがある事ではなく、その後の復活もあるという事をはっきりと信じなければなりません。復活の出来事が、2000年前に起こった出来事であったと信じるだけではなく、今を生きる私達の人生にも起こる出来事であるという事を信じなければならないと言う事です。

42. 私達が十字架を信じ、そしてその後の復活も信じる事が出来るならば、私達の人生には必ず喜びが満ちあふれ、感謝が満ちあふれ、賛美が満ちあふれるようになるという事です。否定的な思いが消え去り、恐れと不安も消え去り、心を平安にして生きる事が出来るようになるという事です。これが復活を信じている人の人生です。ヨハネ11章25節を読んでみましょう。

43. 死んでも生きる事を信じていますか。死んで終わる事ではない事を信じていますか。そうであるならば、私達は死の前でも、心を平安にして生きるようになるという事です。これが復活を信じている人の人生であるという事です。第1コリント15章54〜57節です。

44. 死よ。お前の勝利は何処にあるのか。復活を信じて生きる私達は、死の前で敗北する人ではありません。死にも打ち勝ち、復活の栄光へと導かれる人であります。だから私達は今日もこの様に宣言する事が出来るのです。死よ。お前の勝利は何処にあるのか。

45. だから私達は今日も明日もこの様に生きる事が出来るのです。第1コリント15章58節です。私達は堅く立って、動かされる事無く、いつも主の業に励む事が出来るのです。主の栄光の為に、私達は喜んで自分に死に、十字架を背負い、キリストと苦しみを共にしながら生きる事が出来るという事です。

46. 何故でしょうか。それらの労苦が、決して無駄ではないという事を、私達は知っているからです。必ず復活の栄光が現されるようになるという事を知っているからです。

47. 確かに主を信じて生きるという事は簡単ではありません。いつも喜びながら生き、全てに感謝しながら賛美しながら生きるという事、どんな時でも心を平安にして生きるという事、これは決して簡単な事ではありません。

48. 逆に私たちにとっては、いつも怒り、いつも憎しみ、いつも恐れて生きるという、いつも不平不満を語り、否定的な思いに捕われて生きるという事、この事の方が楽なのです。難しくないのです。何故ならば、人間の本質が罪人と言う本質を持っているからです。罪人である私達が、いつも喜び、全てに感謝して生きるという事は、簡単な事ではないのです。

49. しかし私達が知っている事は、十字架の後に復活があるという事です。十字架のままで終わらないという事です。死んで終わらないという事です。死よ。お前の勝利は何処にあるのかという価値観の中でいきているという事です。私達は必ず死に打ち勝ち、復活の栄光へと導かれるのです。

50. 私達がこの事をはっきりと心で信じ、この事をいつも口で告白して生きる事が出来るのならば、私達の人生は今日も復活の力で満ちあふれるようになり、復活の現される人生として豊かに用いられるのです。

51. 皆様にお願いします。この世の人と同じように生きてはなりません。古い姿のままで生きてはなりません。既に古い姿は過ぎ去ったのです。キリストのうちにある私達は、新しい人に生まれ変わったのです。私達は生まれ変わったのです。少しばかり成長したという事ではなく、完全に新しい人として生まれ変わったのです。復活の人として生まれ変わったのです。

52. 新しい人として生まれ変わった私達はどんな人ですか。いつも喜ぶ人です。全てに感謝する人です。心を平安にして生きる事が出来る人です。いつも唇から賛美が満ちあふれて生きる事が出来る人です。十字架の前でも、喜び、感謝して生きる事が出来る人です。

53. これが復活を信じている人であり、復活を信じている人は、この様な復活の力が、私達の人生を通して現されなければならないのです。

54. 今日私達はもう一度黙想しましょう。私は復活を信じている人であるのかどうか。今まで本当に復活を信じて生きる人であったのかどうか。今日私達に復活の信仰がはっきりと与えられる事を祈るのです。