The Liberating Discipline of Worship

ダウンロード
English Service on May 15, 2016
Messenger: Pastor Jim Allison
Title: "The Liberating Discipline of Worship"
Scripture: Psalm 95:1-11
message160515jim.mp3
MP3 オーディオファイル 28.1 MB
ダウンロード
日本語訳
霊的訓練である礼拝.pdf
PDFファイル 232.3 KB

Psalm 95:1-11

 

“The Liberating Discipline of Worship”

 

I’d like to talk with you today about worship.  We have all taken time out of our schedules to be here for Sunday worship.  Even if we are here just out of habit or duty or whatever, we are here.  This is what Christian people do more than anything.  We gather for worship, whether we are busy or tired or whatever.  But it is possible to have this habit without ever really thinking about why we worship, what worship is, and how we can do it well.  

 

We had some discussion about this topic at Hanashiaikai recently.  I am glad because worship is at the heart of who we are and why we even have Open Door Chapel.  Psalm 95 is one of the best tools the Bible gives us for learning about worship and moving into a closer relationship with God through it.  I would like to focus with you on worship for a while in the messages I bring this year. 

 

By the way, in English it’s not “Psalms 95” or “Psalms, chapter 95” but “Psalm 95.”  That’s because the Book of Psalms is really a songbook.  It is a collection of songs that the people of Israel have used in their worship for many years.  We don’t have the exact music they originally used, but the people of God around the world have found in these songs an extremely valuable guide to our worship for thousands of years.  So it’s not really a mistake to call it “Song 95.”  

 

Open Door Chapel is a holy place.  We may tend to forget that because this is such an “at home” church.  But this is where we meet God.  Through prayer, singing, the Bible, and many ways, we encounter God here.  That means we are on holy ground.  I remember one of our members teaching her family’s children not to play on the stage.  That is because it is the altar.  It is the place that belongs in a special way to God.  Of course God is all places, but in this special building, the altar is the place we have set aside as God’s particular place to be.  Making a rule of not going there may be a way to show an important spirit of respect toward God.  As a church, we have chosen not to push that type of rule.  We don’t want to be legalistic.  But I feel the need to point out the risk on the other side, too.  We need to keep an awareness that this is a place of worship.  We are in God’s house.  It’s not just a building or the pastors’ workplace or anything else.  It is a house of worship.  My hope for these messages about worship is that God will use them to make the time we share here together each week more and more helpful to us and a greater joy to Him. 

 

You may recall that recently I gave a message from Philippians 4 on the connections between worship and the rest of our life of faith.  In it we learned things such this: true worship grows out of a day-to-day walk with Christ.  In it, we discover reasons and occasions to give praise and other forms of worship.  We worship so that not only Sunday morning but every day we can be closer to God.  Worship is not an escape from real life but something that helps us view the world more clearly, see things as they really are.    

 

Today let’s turn our minds to worship itself.  Let’s go back to the text and see what it shows us.  I think in it we’ll find the answers to three questions: (1) What is worship?  (2) Why should we worship?  (3) How can we best worship?

 

(1) What is worship?  It is expressing what has the highest value to you.  It is showing with your body, mind, feelings, and will—your whole self—what you see as the greatest, the most wonderful, important, and beautiful.  

 

Worshiping with the body.  Verse 1 talks about using your mouth and voice to sing and shout to God.  Verse 6 speaks of bowing down to worship Him and falling on our knees in front of Him.  Some people show their feeling to God most naturally through dancing or clapping hands or turning the volume of the music way up.  People of some other traditions don’t feel comfortable in a place with “happy clappy” music or more emotional types of expressions of praise.  But they may use physical forms of worship, too, such as a “mini-parade.”  You might have seen people in more formal worship services walking from the back to the front of the worship area in robes holding the cross and the Bible.  Some do this to show that they are finishing the past week’s journey of life and faith by placing it before God on the altar, then going out to begin the journey again with a heart forgiven, cleaned, and fed by God’s word.    

 

Worshiping with the emotions.  Verse 1 tells us to worship “with joy.”  There is a tone of excitement and mystery in the writer’s description of God’s greatness.  There is a sense of humility in seeing how we depend on Him as much as sheep do a shepherd. 

 

In the Presbyterian tradition of Hokusei Gakuen, where I serve especially on weekdays, there is usually not so much feeling expressed openly.  But if you look at how people around the world worship, in many cultures worshipers raise their hands, jump, or do many other things to show their feelings to God.  We find many styles of worship in the Bible, too.  Many people have heard about Christ from white, western missionaries.  Today, too, many do, but when they receive Christian faith, they give it a form unique to their own culture.  Sometimes they say to Western missionaries things like, “I love your Christ, but I don’t like your music.  You look all tight when you sing.  You look like you think worship is only from the head up.”  I think Christians in the West need to hear that.  I grew up in the American church, so I may be too close to that culture to notice things like that.  I may need to notice, for example, “Oh, there are Sundays when my worship seems to start and finish in my head.”  Worshiping with natural emotions is something I can learn from the Bible’s teaching and my brothers and sisters from different cultures.  

 

There are many others, of course.  For one, I may need to worship with people of more group-oriented cultures to notice how extremely individually-oriented my Western style of worship is.    

 

We can worship in many ways, and some fit different cultures and personalities better than others.  But God looks at our hearts, the Bible says.  And when He sees real thanks, praise, and joy there, He is happy.  I pray that we will be able to worship God from our hearts, no matter whether our worship is quiet or loud, programmed or free-style, in church, at home, while working, or whatever shape it takes.

     

Worshiping with the will.  There is a choice made to come before God, singing and praising (vv. 1-2).  The will is necessary to bow down and worship, to fall on our knees before God (v. 6).  We have to be willing in order to obey the command in v. 7, “Listen to his voice today.” 

 

Worshiping with the mind.  We have to think in order to obey commands like those in v. 8, “. . . Don’t be stubborn as you were at Meribah . . . .”  We have to look back at our lives, whether long ago in Bible times or just the past week since we were here for worship last time.  We have to see honestly where we obeyed God and where we didn’t.  Without that, God will always have to say about us (v. 10), “They do not know how I want them to live.”

 

Again, God teaches us to worship with the whole self.  In other words, if you go through the weekly worship routine and never feel anything about the love and beauty and power of God, you may not really be worshiping.  The same way, if you go through worship services time after time and never think of how you need to arrange or rearrange your life because of your relationship with God, you may not really be worshiping.  Worship is to involve the whole person and all parts of our lives, for the whole length of our lives.

 

Also, God wants our worship to lead to action.  He does not want us to just sit through worship.  If worship becomes a routine, following a program, then a person standing and giving his/her opinion about current events, we may not be worshiping at all.  We are here to be changed, to learn, to receive our orders, then follow them in serving hurting people in Christ’s name.  If we are rescue workers who receive our orders then just go home, something is wrong.   

 

(2) Why should we worship?  Many people around us do not see any need to worship.  They spend their time and energy and money on different things and may seem to be happy enough arranging their lives without any god.   

 

But is it really possible to live without worshiping anything?  The Bible’s God says no.  No one has no god.  Human beings are necessarily “religious” by nature.  Even if we deny the existence of God, we will replace Him with something else that we make number one.  It may be ourselves we serve and worship.  It may be some other idea or being, but no one lives without belief in things we cannot fully understand or control.  Living by some kind of faith is simply part of the reality of living as human beings in this world, in a Christian worldview.  

 

“If I have that, then I’ll be OK, be happy, know who I am, know why I am in this world,” etc.  Whatever you make that is your god, what you are living for, the object of your worship.  The author Becky Pippert writes (Keller):

 

Whatever controls us is our Lord.  The person who seeks power is controlled by power.  The person who lives for acceptance by other people is controlled by the people he or she seeks to please.  But one thing is certain: we do not control ourselves.  We are controlled by the lord of our life.    

 

What are you really worshiping?  You may get a big hint about this by looking at what upsets you.  Some people just feel terrible and completely lose their peace when they break up with someone and lose a romantic relationship.  For others who do that, it’s not that big a problem.  What really gets them upset is losing money.  For others, missing a chance for a job that could lead to a great career is deeply upsetting.  Case by case, it is different things, but what upsets us when we lose it often shows what we are really counting on to guide and give power to our lives.   

 

Your heart has already begun placing something in the position of number one.  Whatever that is, when you change it to God, you begin worshiping as He teaches us.  True worship is pulling your heart off these things that control you and actually are making you their slave and placing them in the hands of the One who can set you free to be your true, best self, as He designed you to be.

 

We worship because God deserves it.  We owe it to Him.  Psalm 96:8 says, “Praise the LORD for the glory that belongs to him.  Bring an offering and come into the courtyards of his temple.”  We relate to Him as the creature to the Creator.  Our lives and the whole world come from Him and belong to Him, as vv. 4-5 make clear.  

 

We worship God because (v. 7) He saves us, as a shepherd saves sheep.  Having someone that great in our lives gives us reasons and occasions daily to (vv. 1-3) “sing with joy,” “give him thanks,” “praise him with music and song,” and “give a loud shout.”   

 

Worshiping God for those reasons is different from doing it for what He gives us.  It is different from worshiping for how it makes us feel or for the good advice we get in a Bible message.  There are people who use religion to try to get things like money or a special feeling or a good reputation.  But that is not real faith, the Bible shows.  Real faith is about a love relationship with God.  It is about freely putting control of our lives in God’s hands.  We do that by confessing that we are “the sheep belonging to his flock” (v. 7).  He is the gift we receive when we come to know Him in faith.  

 

(3) How can we best worship?  For one thing, for this we need a worship community.  In Psalm 95, did you notice how many of the pronouns are plural?  Verses 1-2 read (italics added): “Come, let us sing with joy to the Lord. Let us give a loud shout to the Rock who saves us.  Let us come to him and give him thanks. Let us praise him with music and song.”  Then in vv. 6-7 it continues: 

 

Come, let us bow down and worship him. Let us fall on our knees in front of the LORD our Maker.  He is our God. We are the sheep belonging to his flock. We are the people he takes good care of. 

 

Also, this psalm and the Psalms in general are interactive.  When you read through them, it can be easy to become confused sometimes.  You may think to yourself, “Who is speaking here?”  Sometimes God is speaking, sometimes the writer speaks to God, and sometimes one person or group speaks to other people about God.  In Psalm 95, vv. 1-7 are the writer’s words to other believers.  There is no introduction of a new speaker, but by the time we get to v. 9, it is clear that God is speaking to His people.  

 

The point is that worship is a community event.  We need individual worship, too.  Please don’t get me wrong.  We need that every day.  But God did not basically design faith in Him to be an individual thing.  When we cut ourselves off from belonging to a group of believers, we miss something at the heart of faith.  Through community worship, God wants to bring us closer to Himself and closer to each other.  That is basically different from sitting quietly and watching a performance by musicians and speakers.  We grow in faith and love by taking active part in worshiping together.

 

This psalm ends with a section referring back to a well-known story from Exodus 17.  It tells about the Israelites as they came across the desert toward the Promised Land.  At Meribah they became thirsty and quickly demanded that God prove Himself again, even though He had just recently opened the Red Sea for them and saved their lives.  God told Moses to go to a rock, and the Lord made water come out of it to meet their needs.  But God was not pleased with His people.  It was not because they came to Him with their needs.  He wants that.  But He was not happy that they put Him to the test instead of trusting Him.  

 

Why end the psalm on a down note by bringing up this memory of the faithlessness of God’s people?  The writer seems to be warning us about the attitude we need to have in coming before God to worship.  The people of Israel could not approach God in worship on the basis of their efforts to be good.  They had not been good enough.  The truth is, neither have we.  So if your life of faith is all about your good works and you think that gives you the right to come before a holy God, you are greatly mistaken.  And you will probably try to turn worship into one more activity, one more attempt to show your goodness or earn God’s acceptance.  In truth, you must only rely on God and His goodness, not your own.  Real worship is possible only when you do this.

 

Like the people of Israel, we are at risk of believing in God but never really being changed.  If we lose our faith, in effect, and get all upset whenever troubles come along, our faith is not helping us.  It is not doing what God had in mind when He gave it to us in the first place.  He wants us to learn the habit when troubles come of following the words, “Don’t panic—praise.  Don’t worry—worship.”  As we do, we come to see the amazing truth: what we needed to handle life’s difficult problems was not an easier situation so much as a heart that knows how to place everything in God’s powerful hands.  

 

If we will not turn our hearts to God, even if we attend worship services for 40 years, we will still be in the wilderness.  We will not be at rest or be transformed through our worship as God intends.  But when we allow God to help us make worship a habit of the heart, having the ability to handle life’s troubles in peace becomes possible.   

 

A person skilled at worship is like an experienced sailor.  The sailor does not create the wind, but when it does come, that person is ready to let it flow around and empower and move him or her steadily forward.  Let’s ask the Lord to grow us more and more into a worship community that brings real honor to His name.

 

Holy Father, we pray as people who have received the great love you showed us in Christ’s life, teachings, death, and resurrection.  Help us learn to respond appropriately to this amazing gift by building lives based on worshiping you.  You deserve our greatest love, all our praise, our thanks, our service, and everything that we can give you.  Make us great worshipers who know how to receive with thanks and joy the wonderful gift You call Sabbath rest, we pray.  In Christ’s name, amen.      

 

References

 

Foster, R. (1988). Celebration of Discipline: The Path to Spiritual Growth. San Francisco: HarperCollins Publishers. 

Keller, T. (July 7, 2002). “Worship.” “Psalms: Disciplines of Grace” series. Redeemer Presbyterian Church. New York City. Retrieved May 8, 2016 from https://www.youtube.com/watch?v=PswZTmSIpv4

Stedman, R. (October 19, 1969). “How to Worship.” Peninsula Bible Church. Retrieved May 5, 2016 from https://www.pbc.org/system/message_files/3726/038 9.mp3

詩篇95:1~11

『霊的訓練である礼拝』

 

 

今日は『礼拝』について話してみたいと思います。私たちは皆、時間を取って日曜日の礼拝のために教会に集っています。たとえそれが習慣からであっても義務によるものであっても、とにかく私たちはここにいます。これはクリスチャンとして当然のことで、忙しくても疲れていても、礼拝のために集まります。しかし、これは「なぜ礼拝するのか」「礼拝とは何か」「どのようにすれば良い礼拝が持てるのか」ということを深く考えなくてもできてしまうことでもあります。

 

最近の「話し合い会」の中でも礼拝についての話がありましたが、私たちが何者であって、なぜODCがあるかということに関して「礼拝」は中心にあることなので嬉しく思いました。詩篇95篇は聖書の中で、礼拝について、神様とより深いかかわりを持つことについて学ぶことができる素晴らしい箇所の一つです。今年はしばらくの間、メッセージの中で「礼拝」に焦点を当てていきたいと思います。

 

ところで、英語では、“Psalms 95”や“Psalms chapter 95”ではなく “Psalm 95”です。詩篇は歌集なのです。イスラエルで長年礼拝の際に使われた歌を集めたものです。元々の正確な音楽はわかりませんが、世界中の神の民が何千年にもわたって、これらの歌の中に礼拝についての貴重な教えを見出しています。ですから“Song 95”と呼んでも間違いではないのです。

 

ODCは聖なる場所です。アットホームすぎて忘れてしまいがちですが、ここは私たちが、神と会う場所です。祈り、賛美、聖書や様々な方法を通して、ここで神様と出会います。その意味で、聖なる場所に私たちはいるのです。教会のメンバーの一人がその子供たちに、ステージで遊んではいけないと教えていたことを思い出します。なぜかと言うと、そこは祭壇だからです。特別な形で神様につながる場所だからです。もちろん神様はどこにでもおられますが、この特別な建物で、祭壇は神様がご臨在される特別な場所として取ってあります。祭壇へ行かないというきまりを作ることは、神様に対する敬意を示すひとつの方法かもしれません。教会として私たちはそのようなきまりを決めてはいません。律法的になりたくないからです。しかし一方、他の側面でリスクを指摘する必要を感じます。私たちはここが礼拝の場所であるという自覚を持ち続ける必要があります。私たちは神様の家にいます。単なる建物または牧師の職場や他の何ものでもありません。礼拝の家なのです。この「礼拝」についてのメッセージを神様が用いてくださり、ここに毎週集まり一緒に過ごす時間が私たちにとって、もっともっと益となり、神様の喜びとなることを願います。

 

礼拝とそれ以外の私たちの信仰生活のつながりについて、最近ピリピ書4章からお話したことを思い出すかもしれません。その中で、私たちは本物の礼拝は日々のイエス様との歩みから生まれるものであることを学びました。そこでは、賛美を捧げる様々な理由と機会、別の形で礼拝することを発見します。私たちは日曜日の朝だけではなく、毎日神様に近づくために礼拝します。礼拝は現実の世界から逃げることではなく、世界をもっと良く見て、その本当の姿を知ることを助けてくれます。

 

今日は「礼拝」ということに心を向けます。聖書の箇所に戻って何と言っているかを見ていきましょう。以下の3つの質問に対する答えを見つけることができると思います。

1.礼拝とは何か 2.なぜ礼拝するのか 3.最高の礼拝とは

 

1. 礼拝とは何か

それはあなたにとって最も価値あるものを表現することです。身体、心、感情意志でーあなたの全てをもってーあなたが偉大だと思うもの、最も素晴らしく、大切で美しいと思うものを表すことです。

 

身体で礼拝する。(詩篇95篇)1節では、口と声を持って歌をうたい、神に声をあげる 6節はひれ伏し主を礼拝する、主の御前にひざまずくと言っています。ごく自然に踊ったり、手をたたいたり、音楽のボリュームを上げたりする形で、感情を表す人たちもいます。別の習慣を持つ人々はそのようなより感情的な表現をする賛美を好みません。ミニパレードと言われる礼拝スタイルを行う人々もいます。聖書と十字架をもってローブ(式服)を着て後方から前の礼拝の場所に歩いてくる形式的な礼拝を見たことがあるかもしれません。過ぎた週の信仰生活を終え、それを神の前で祭壇の上に置き、心赦され、清められ、神のみ言葉に養われて再び出ていくことを示すのです。

 

感情を持って礼拝する。1節は喜びを持って礼拝することを教えています。神様の偉大さに喜びと神秘を表現しています。羊が羊飼いに頼るような謙遜な感覚です。

 

私が平日勤務する北星学園の長老派の伝統では、あまり感情をオープンに表現しません。しかし世界中、人々がどのように礼拝しているかを見渡すならば、多くの文化において手を上げ、飛び跳ねるなど、神様に対する感情を表現しています。聖書の中にもたくさんのスタイルの礼拝を見ることができます。多くの人は、白人の欧米人の宣教師からイエスキリストについての福音を聞いてきました。信仰を受け入れた人々が、時々、その宣教師に次のように言うことがあります。「あなたのキリストは大好きだけれど、あなたの音楽が好きではありません。礼拝の時、賛美している姿が堅苦しくて、礼拝は頭の中だけで行うものかのように見えるのです」 西洋のクリスチャンはその人の声を聞く必要があると思います。私はアメリカの教会で育ちそれがあまりに身近だったので、自分の教会の文化に関して気が付かないことがあると思います。例えば「日曜日、礼拝に出ているけれど、その礼拝は自分の頭の中で始まり、頭の中で終わることがある」と気づく必要があるかもしれません。私にとっては自然な感情を持って礼拝することは聖書の教えや違う文化背景を持っている兄弟姉妹から学べることの一つなのです。

 

他にも色々ありますが、一つは集団主義の文化の人々と礼拝をすることで、私自身の西洋文化は非常に個人主義な礼拝スタイルだと気づきます。

 

私たちはたくさんの方法で礼拝することができます。しかし聖書には神は心を見るとあります。本当の感謝、賛美、喜びがあるならば、神様は喜んでくださいます。礼拝が静かであっても、にぎやかであっても、プログラムされたものでも、自由なスタイルであっても、教会において、各自の家において、働きながら、どのような形であっても、心から神様を礼拝できるようになることを祈ります。

 

 

意志で礼拝する。賛美を持って神の前に出ることは選択です。ひれ伏し、神の前にひざまずいて礼拝するには意志が必要です。(6節)「きょう、そのみ声を聞くように」(7節)その命令に喜んで従わなければなりません。

 

心で礼拝する。「メリバにいた時のように心をかたくなにしてはならない」(8節)振り返って、正直に神に従ったこと、従わなかったことを振り返る必要があります。そうでなければ神様は常に「彼らは心の誤っている民であって、私の道を知らない」(10節)と言わなければならないでしょう。

 

神様は私たちの全てをもって礼拝することを教えておられます。お決まりの礼拝をし、神様の愛や素晴らしさ、神の力を何も感じていないなら、本当に礼拝しているとは言えないかもしれません。また、何度礼拝に出席しても、神様との関係の中で自分の生活を変えていくことがないならば、本当に礼拝しているとは言えないでしょう。礼拝は私たちの人生すべてにおいて、全人格、生活の全ての領域と関係しているのです。

 

また神様は私たちの礼拝が行動につながることを望んでおられます。礼拝の間、ただ座っていてほしいということではありません。礼拝がプログラムに沿って進むお決まりのこととなり、現在起こっている出来事について意見を述べているだけなら、それは本当に礼拝しているとは言えないでしょう。私たちは変えられ、学び、命令を受け取って従い、イエスキリストのみ名によって、傷ついた世界に仕えるためにここに集っているのです。もし私たちが、命令を受け取ってただ家に帰るだけの救助隊ならば、何かが間違っていることになります。

 

2.なぜ礼拝するのか

私たちの周りの多くの人は礼拝の必要性を感じません。時間やエネルギー、お金を他の様々なことに費やし、神様なしの生活を送ることで満足しているように見えます。

 

しかし、何も礼拝しないで生きることは本当に可能でしょうか。聖書の神は「ノー」と言っています。神を持たない人はいません。人間と言うのは本来、宗教的です。神という存在を否定しても、何かを1番にして神に置き換えています。自分自身かもしれませんし、他の考え方や存在かもしれません。

 

「もしそれがあれば、私は大丈夫。幸せ。わたしが何者で、この世になぜ生きているのかがわかる」等。“それ”があなたの神であり生きている目的であり、あなたが礼拝しているものなのです。Becky Pippertがこのように書いています。

 

“私たちをコントロールしているものは何であれ、私たちの主人です。力を求めている人は、力に支配され、他の人から受け入れられることを求めて生きている人は、喜ばせようとしている人に支配されています。ひとつだけ確かなことは、私たちは自分自身をコントロールできないということです。私たちは自分の人生の主人によって支配されるのです”

 

あなたは何を礼拝しているでしょうか? 大きなヒントは、何によって自分が動揺するか考えてみることです。ある人は、誰かと関係が壊れ、ロマンティックな関係を失う事で、打ちひしがれます。他の人はお金を失うと動揺します。またある人にとっては、キャリアアップが見込める仕事のチャンスを失う事など、人によって違いはありますが、私たちがそれを失った時に混乱してしまうものが私たちが頼りにしているものであり、人生に大きな力を持っています。

あなたの心はあなたのNo1の席に何かを置いています。それが何であれ、それを神様に置き換えた時、神様が教えておられる礼拝が始まるのです。

 

真の礼拝とは、あなたを支配し、あなたを奴隷としている事柄から心をはなし、それらを神様のみ手の中に置くことです。神様がデザインした通りの本当のあなた、最高の自分自身になるために、あなたを自由にすることができます。

 

神様が礼拝されるのにふさわしい方であるので、私たちは礼拝します。私たちは神の恩恵を受けています。詩篇96篇8節に「そのみ名にふさわしい栄光を主に帰せよ。供え物を携えてその大庭にきたれ」とあります。私たちは創造主に造られたものとして神様と関わっています。4節、5節で明確にしている通り、私たちの命も世界の全てが神に造られ、神に属しているのです。

神様は、羊飼いが羊を助ける“ように(7節)、私たちを救い出してくださったので、礼拝します。“喜ばしい声をあげ”、“感謝をもって”、“さんびの歌をもって”、喜ばしい声をあげよう“

 

そのような理由で神を礼拝することは何を私たちにしてくれたかに対して礼拝するのとは違っています。聖書のメッセージから良いことが得られるので礼拝するのとは違います。お金や名声を得るために宗教を利用する人たちがいます。それは本当の信仰とは違います。本物の信仰は、神様との愛の関係についてです。神様のみ手に私たちの命を預けること。それは「われらはその牧の民、そのみ手の羊である」(7節)と告白することです。主は信仰にあって知り、受け取ることができる贈り物なのです。

 

3. 最高の礼拝とは

ひとつには、一緒に礼拝する仲間が必要です。詩篇95篇で、いくつの代名詞が複数形で表現されているかにお気づきでしょうか。1~2節:われらは主に向かって歌い、われらの救いの岩に・・、われらは感謝をもってみ前に行き

 

6~7節、われらは拝み、ひれ伏し、われらの造り主、主はわれらの神であり、われらはその牧の民

 

そしてこの詩篇は双方向です。時々混乱します。ここは誰が語っているのだろう?あるところは神が語り、あるところは作者が神様に語っています。あるときは一人、ある時は集団で、他の人々に対して神について語っています。

1~7節は作者から他の信者へ。新しいスピーカーの紹介はありませんが、9節に行くまでには、神様が民に語っているのは明らかです。

 

大切なことは礼拝は、コミュニティーのイベントです。個人の礼拝も必要です。しかし基本的に神様は信仰を個人のものとしていませんでした。神を信じている人の集まりから離れた時、信仰の中心の何かが欠けてしまいます。兄弟姉妹との礼拝を通して、神様は私たちを神様に近づけてくださり、またお互いを近づけてくださいます。静かに座り、ミュージシャンやスピーカーのパフォーマンスを見ているだけということとは基本的に違います。共に礼拝し積極的に参加していくことで信仰と愛にあって成長していくのです。

 

詩篇はよく知られている出エジプト記17章の話で終わります。約束の地へ向かって砂漠を渡るイスラエルの民についてです。ほんの少し前に紅海を分け民を救われた神を経験したにも関わらず、喉がかわき、早速神につぶやいたのです。神はモーセに命じて岩のところへ行かせ、そこから水が出てきて、民の必要を満たされました。しかし神様は民が信頼するよりも、神を試したのでそれを喜びませんでした。

 

なぜ、この詩篇の最後は、このような不信仰の話で終わっているのか? 作者は私たちに神様のみ前に出る態度について警告しているようです。イスラエルの民は正しい行いによって神に近づくことはできませんでした。私たちも同様です。もしあなたの信仰生活において、あながた何か良い行いをしたから神様の前に出る権利があると思うならば、大きな勘違いをしていることになります。そうであれば神に受け入れられるために、もっと活動的に、善い行いを示そうとすることになります。本当には、あなた自身の良い行いではなく、神様だけに、神様の素晴らしさにより頼まなければなりません。本物の礼拝は私たちがそうした時に可能となります。

 

イスラエルの民のように私たちも神様を信じながら何も変わらないというリスクにさらされています。信仰を失い、問題が降りかかるたびに動揺しているならば、私たちの信仰は何の助けにもなりません。問題が起きる時には、パニックになるのではなくて賛美を、心配するのではなくて神を礼拝する習慣を学んでほしいのです。そうするに連れて驚くべきことを知ることになります。それは人生の大変な問題に直面するために必要としていたのはより優しい状態にいることよりも、神様の力強い御手に一切を委ねることのできる心であったということです。

 

私たちが心を神様に向けないならば、40年間礼拝に参加しても、荒野に居続けることになります。神様が意図してくださっているように、礼拝を通して、安息が得られ、造り変えられることはないでしょう。しかし神様に礼拝を私たちの心の習慣にしていただく時、人生の問題を平安の中で扱う力を持つことができるのです。

礼拝において熟練した人は、熟練した船乗りのようなものです。風を起こすことはできないけれど、風が来るならば、それをなびかせ力にして、着実に前進していきます。私たちが成長し、神様のみ名を本当にほめ称える礼拝の共同体として成長できるよう主にお願いしていきましょう。

 

聖なる神様、イエス様の生き様、教え、死と復活の中に私たちに示されている大きな愛を受けた民として祈ります。あなたへの礼拝の上に生活を築くことにより与えられる素晴らしい贈り物にふさわしく応答できることを教えてください。あなたは私たちの愛、賛美、感謝、礼拝、私たちができる全てのことを受け取るにふさわしい方です。私たちを、あなたが安息日と呼ぶ素晴らしい贈り物を感謝と喜びを持って受け取ることを知っている偉大な礼拝者としてください。イエス様のみ名によってお祈りいたします。アーメン