See, Your King Comes to You

ダウンロード
English Service on March 20,2016
Messenger: Pastor Jim Alison
Title:"See, Your King Comes to You"
Scripture: Matthew21:1-11
message160320jim.mp3
MP3 オーディオファイル 27.5 MB
ダウンロード
2016年3月20日英語礼拝メッセージ日本語訳
「見よ、あなたの王がお見えになる」.pdf
PDFファイル 288.7 KB

Matthew 21:1-11 

“See, Your King Comes to You”

 

Today we are entering Easter Week, or Holy Week.  On Palm Sunday, we focus on the story of Jesus’ entering Jerusalem on a donkey.  There is great meaning in this story alone, but it also serves an even larger purpose.  It marks the beginning of the week leading up to the death and resurrection of Christ.  

 

Matthew has 28 chapters.  Of those, 21-28 are about the last week of Jesus’ life.

Mark has 16 chapters.  Of those, 11-16 take place in the same last week.  Luke is made up of 24 chapters.  From chapter 19 through 24, we are in the last week.  John has 21 chapters.  From chapter 12 to 20, the story is about the last week.

So today’s story begins a key section of the key books of the whole Bible.  There is much to learn here, and a central teaching of this story—that Jesus is King— shines a great deal of light on this whole story of Holy Week, all the Bible, and all of life.  So let’s be sure to get this.  If we really understand what God is saying to us here, we can understand far more of His whole message to us. 

 

I hear Matthew saying to us three things especially about Jesus Christ.  

 

I. Christ is King.

II. Christ is a humble, serving King.

III. How will you respond to Christ, your King?

 

This is God’s word as Matthew understood it, and once again I pass it on to you as the word of the Lord.  Let’s look at those three one by one.  

 

I. Christ is King.

 

The key theme of all Jesus’ teachings, almost all Bible scholars agree, is the Kingdom of God.  In Matthew 20:1-16, as in many of Jesus’ parables, His whole point is to tell what life is like when God is your King.  So He tells a story that begins like this (20:1): “The kingdom of heaven is like a man who owned land. He went out early in the morning to hire people to work in his vineyard.”  Jesus teaches here that in His Kingdom grace and compassion are even more important than hard work and doing good things. 

 

Let’s continue through Matthew 20, the chapter before the story of Christ’s entering Jerusalem.  I want you to see how various events and teachings lead up to and point to Jesus’ great symbolic act of riding into the capitol as King. 

 

In 20:20-28, James and John’s mother makes a request to Jesus: “Promise me that one of my two sons may sit at your right hand in your kingdom. Promise that the other one may sit at your left hand.”  Christ takes this request as an opportunity to teach what life in God’s Kingdom is really like and how different it is from other ways of life (vv. 25b-27).  He says:

 

You know about the rulers of the nations. They hold power over their people. Their high officials order them around. Don't be like that. Instead, anyone who wants to be important among you must be your servant. And anyone who wants to be first must be your slave.  

 

Does that sound like the words of a man who might ride a humble donkey rather than a team of the strongest, fastest horses a warrior could have?

 

Then the Lord continues His journey to Jerusalem through the town of Jericho (Matthew 20:29-34).  There two blind men use a meaning-rich name when they call out to Him (v. 31b), “Lord! Son of David! Have mercy on us!” 

 

Jesus stops and calls out to them, “What do you want me to do for you?”

 

“Lord,” they answer, “we want to be able to see.”  And He helps them see.  

 

But the point of the story is not only that these men find the healing love of God.  Also, by calling Jesus “Son of David,” they are showing who Jesus is.  They are calling Him the Messiah, the One from the family line of Israel’s greatest King, David, sent by God to save the world’s people.  In other words, they are calling Jesus the King.  And in this time, when the people of Israel are waiting with great hope and expectation for the Messiah, the King, to come and save them from the Romans and all that troubles them, the people who hear these blind men’s words really get their deep meaning.  

 

These words also have a dangerous meaning.  That is, anyone who is not that one-of-a-kind, one-and-only leader and claims to be it is the worst kind of liar, a false prophet.  Everyone in this culture understands that the penalty for being a false prophet is death.  So when the blind men use the name Son of David for Jesus, the fact that He lets them use it says a huge amount.  Here, as often, Jesus’ silence says even more than His words.  He quietly allows people to use the name that means King to talk about Him.  His act of entering Jerusalem as He does shows the same thing in a dramatic, visual way.

 

So Jesus is raising the drama, upping the pressure, as He enters the city.  And He is doing it intentionally.  The gospel writers spend several verses to tell us how Jesus arranges for the disciples to go and find a certain kind of animal for Him to ride.  He is choosing His symbols and messages very carefully.  Either He has to be the King, the Son of God, or His country’s religious leaders are correct in pushing for His death.  Jesus is slowly but surely making it clear that there are only two options for people who meet Him: accept Him as King or reject Him.  He does not leave room for other options.  As someone said, Christ is saying, in effect, “Crown me or kill me.”

 

Mark, Luke, and John tell much the same story of Jesus’ entering the great city as King.  And not only before but during and afterward, as well, there are many signs that Jesus has come to reign as King.  Read the four gospel versions of this story, and you will see.  But as a key example, in Matthew 21:12-14 Jesus gets angry and clears out the Temple.  He uses the authority of a King to kick people out of His house who are misusing it.  Then Matthew tells us (21:15-17),  

 

The chief priests and the teachers of the law saw the wonderful things he did. They also saw the children in the temple area shouting, “Hosanna to the Son of David!” 

But when they saw all of this, they became angry. “Do you hear what these children are saying?” they asked him. 

“Yes,” replied Jesus. “Haven't you ever read about it in Scripture? It says, ‘You have made sure that children and infants praise you.’” (Psalm 8:2)

 

The words of the children show that Jesus is King.  Besides calling Jesus Son of David, they use the word Hosanna.  It literally means “Please save us.”  You use that kind of word, of course, for someone you believe can save you.  So people would use it, for instance at a festival, as a word of great praise.  A simple version could be “You are wonderful!  You are great!”  They would use it for someone who had saved them already or they felt sure would save them.  That is why it is offensive to the religious leaders.  They think it is terrible for people to use the name for the King, the Son of God, to talk about Jesus, and for Him to let them, because they assume that He is not the King.

 

The children also say in v. 9, “Blessed is the one who comes in the name of the Lord!”  These words come from Psalm 118:25-26.  And just after them in the same psalm (v. 27) we read, “Take branches in your hands. Join in the march on the day of the feast. March up to the corners of the altar.”  That is what people do in Jesus’ parade.  A king who marches into His capitol goes where?  To his 

 

palace.  Christ the King enters Jerusalem and goes first to His home, the Temple.  He goes to God’s house, where “the corners of the altar” are.  He is not just going around shouting, “I’m the King!”  He is acting like a King.  Those who are in political control of the country cannot just ignore this.  Neither can we if we take Christ seriously.  He is making His claim to be the King of your life and mine—of all people.  

 

II. Christ is a humble, serving King.

 

In Jesus’ riding a donkey, the words of prophecy in Zechariah 9:9 are fulfilled.  “Say to the city of Zion, ‘See, your king comes to you. He is gentle and riding on a donkey. He is riding on a donkey's colt.’”  The next verse of Zechariah 9 shows us more of the kind of King Jesus intends to be.  It says God and this King will “remove the war horses from Jerusalem,” “break the bows that are used in battle,” and “announce peace to the nations.”

 

It seems like Jesus is not very “media savvy” here.  This is not good PR.  The people of His nation want a king who will fight and kick out the Romans.  They want someone whose slogan might be “Make Palestine Great Again.”  Within a few days, when Jesus is taken to the cross, these people who are celebrating Him now will be very difficult to find.  What kind of king would go into battle on a donkey?  No, for that you want war horses, weapons, training, strategy, war-readiness.  But Jesus is going in exactly the opposite direction.  You use a donkey for things like taking vegetables to market—peaceful things.  But when people want a leader whose main goal is to fight for them, riding a donkey may not look very attractive.  

 

Again, what kind of king rides a donkey into battle?  One who is going to get killed.  But this is exactly what Jesus has already told His disciples will happen.  He is intentionally heading straight for the cross—and the resurrection on the other side.  Jesus is no passive victim in the events of Easter Week.  I 

 

challenge you to read these stories again with the question in mind, Who is really in control here?  The Jewish religious leaders and the political leaders of Palestine and especially Rome think they are.  But Christ is doing things they are not able to understand or stop.  Kings have control, and Jesus acts as His own type of King in every situation.  

 

Also, His choosing to be a King on a donkey tells us about the kind of journey He is asking us to take with Him.  He is not promising that if we go with Him, we will be winners in all our battles, healthy, safe, financially secure, popular, intelligent, well-connected, and respectfully treated—in other words, successes in life.  In fact, He promises us that we will receive bad treatment and know suffering if we truly follow Him.  

 

Yet that is the only path to the life that overcomes death.  The only way to the empty tomb is through the cross.  The only way to eternal life is through death.  So Christ is not trying to gather followers by making promises of “the good life” that He cannot keep.  Human politicians seem to do that often.  But Jesus knows that we need more than strong prime ministers or presidents or whatever.  We need a King—first and most one with the power to rule the spiritual world.  And He calls us to follow Him.  As we do, we will learn to be humble, serving people, like our King.    

 

III. How will you respond to Christ, your King?

 

Christ is the King.  Christ is your King.  He announces these as settled facts.  Whether you and I accept Him as King or not is the question.  Will we treat Him as the King that He really is?  Or will we try to manage our lives in some other way?

 

In the Bible, God has been telling His people for hundreds of years through the prophets that He will send His Son, the Messiah, to reign as King.  This 

 

teaching is deep in Israel’s religious tradition and well-known.  Yet when God does exactly what He said He would do, most of His people reject Him.  Only a relatively few recognize Him as King and truly follow Him.  That is the tragedy Jesus is seeing when, in the Luke 19 version of this story, He sheds tears as He looks at Jerusalem.  How does He feel when we today who know the message of Christ as King still choose to arrange our lives on the basis of some other set of values?  

 

We may want Christ to be something besides King.  We may want a role model, an advisor, a consultant, a counselor, a life coach, a buddy, an assistant, a systems analyst, or something else.  To all of these, He says no.  They are all less than who He is.  They may be part, but turning Him into any of these is diminishing Him, making Him smaller than He really is.

 

I think we are seeing some painful examples of this in the support from some Christians for the American candidate for president, Donald Trump.  How is it possible that people who call Christ our King could support a man whose actions and words so often go directly against the basic teachings of our faith?  He has not been faithful in marriage, left his marriages, been caught lying many times, shown a great deal of greed, and many other things Christ stands against.  Yet the Wall Street Journal found that 38% of his supporters go to church weekly.  Mr. Trump is not the first choice of active churchgoing Americans, and his strongest support is from secular members of his party, not religious.  In fact, committed Christians who oppose him because of their faith may be one of the strongest protections from him that the US has, politically speaking.  Still, there are many active Christians giving him their support.  Why?  

 

Ross Douthat recently tried to answer that question.  He is a writer for the New York Times newspaper, one of the few there who write from a clearly Christian point of view.  He recently wrote an article, “Donald Trump’s Christian Soldiers.”  He pointed to the people who call themselves Christian mainly 

 

because of their cultural background.  There are many, for example, in the southern US, where I grew up.  They have little or no personal faith, so they do not have particular religious problems with Mr. Trump’s lifestyle or his speaking against women, immigrants, people of different faiths, and so on. 

 

Other people who call themselves Christian have been shocked at how much and how quickly the US has turned away from Christian values recently.  They are in panic mode.  Their feeling is that their own leaders have betrayed them, so their best chance is to turn to the meanest, toughest person who says he will stand on their side.  They think that’s Donald Trump.  

 

Douthat writes about one more type of American Christian, people whose faith even before Donald Trump became popular was based on being American and being successful.  Faith for them was already a way of making sure they were in the greatest country, had plenty of money, and were living “the good life.”  This may be a particularly American kind of heresy, but it clearly is not Christian faith.  It fights against Christian faith.  It makes Christianity look like a religion that leads people to hate those in different ethnic, gender, religious, or social groups.  

 

I am not here mainly to talk about US politics.  I give you these examples to show how all of us can fall into the trap of making a king out of someone or something that really is not King.  If we will not welcome Christ as King, we will make something else number one.  We will turn to something else for the security, power, direction, and other things we need.  We will not become value-less people with no beliefs guiding our lives.  People make faith choices every day just to live as human beings in this world.  So if we won’t accept Jesus as King, we may come to expect, for example, that a particular kind of government or leader can meet our real needs.  Yet the Bible’s God says that no human ruler can do that.  Only He can play the role of our true King. 

If we will not receive Christ as King, we may try to be our own king, do the best we can by ourselves.  I have some bad news for you if you are trying to do that.  You are way under-qualified.  You won’t make a very good king (or queen) over the long run.  If you have already discovered that, maybe you are ready to turn your life over to the Lord’s control.  He knows you better than you know yourself and has a plan for your life that is much better than anything you could make for yourself. 

So I invite you to join the children and others who saw Jesus riding that donkey before them.  Let’s say in our hearts, with them, “Hosanna to the Son of David!  Blessed is the one who comes in the name of the Lord!  Hosanna in the highest heaven!”  See, your King comes to you.  Let’s pray that you and I will learn to live with Him as our King today and every day.

God, your Son Jesus makes us uncomfortable with His bold claims to be King.  He leaves us no other choice than to crown Him as King or join those who put Him on the cross.  Help us to discover more and more each day the freedom and power that become ours when we humbly accept Christ as King and live under His loving and wise control from day to day, hour to hour, and minute to minute.  This is our prayer, in His name.  Amen.       

References

 

Douthat, R. “Donald Trump’s Christian Soldiers.” The New York Times. Retrieved March 19, 2016 from http://www.nytimes.com/2016/03/10/opinion/campaign-stops/donal d-trumps-christian-soldiers.html?_r=0

 

Keller, T. J. (March 2, 1997). “The King Is Come.” Redeemer Presbyterian Church. New York, New York, USA. Retrieved March 19, 2016 from http://www.gospelinlife.com/the-king-is-come-6487

 

Stedman, R. (June 1, 1975). “The King Is Coming.” Peninsula Bible Church. Palo Alto, California, USA. Retrieved March 19, 2016 from https://www.pbc.org/system/message_files/4105/3322.mp3

マタイ21:1-11

 

「見よ、あなたの王がお見えになる」

 

 イースター週間、または聖週間が今日から始まる。棕櫚の日曜日には、イエスがロバに乗ってエルサレムに入る話に焦点を置く。この話にはそれだけでも大きな意味があるが、それ以上に大きな目的がある。キリストの死と復活へと導く週のはじめでもある。

 

 マタイには28の章がある。その中の21-28章にはイエスの人生の最後の週で起こった出来事が記されている。マルコには16の章がある。その中の11-16章には、その最後の週と同じ時の出来事が記されている。ルカは24章からなる。19-24章では、その最後の週のことが記されている。ヨハネは21章ある。12-20章には、同じく最後の週の話が書かれている。今日の話は、聖書の重要な書物の中の、重要な部分から始まる。ここからは様々な事を学ぶことができる。イエスが王であるという教えがその中心であり、聖週間、聖書全体、そして人生全体に対して多くのことを明確にする。だからこの教えを必ずおさえておきたいと思う。私たちが、神が伝えようとしている事を確実に理解しているのなら、神のメッセージを、神の言葉で、よりよく理解することができるということだ。

 

 私は、マタイが特にイエス・キリストについて3つの事を伝えようとしていると捉える。

 

1. キリストは王である。

2. キリストは謙遜で仕える王である。

3. あなたはどのようにして、あなたの王、キリストに応えるか。

 

 これはマタイが解釈した、神の言葉である。そして私はその言葉をできるだけそのままあなた方に、神の言葉として伝える。これら三つを、一つずつ見ていく。

             

 

1. キリストは王である。

 

 ほとんどの学者が同意する、イエスの教えの鍵となるテーマは、神の国についてだ。マタイ20:1-16は、イエスの多くのたとえ話と同じように、神があなたの王であるときの人生のあり方というのがメインポイントとなっている。イエスはこのような話をしていた(20:1):「天国は、ある家の主人が、自分のぶどう園に労働者を雇うために、夜が明けると同時に、出かけて行くようなものである。」イエスはここで、神の国では、労働や良い事をするよりも、恵と哀れみのほうがより大切だと教えている。

 

 ここでキリストがエルサレムに入る前の、マタイ20章に戻る。私はここで、様々な話がイエス様のエルサレム入城の話のに導き、その意味を明らかにする役割を果たしていることを注目したいと思う。

 

 20:20-28では、ヤコブとヨハネの母親がイエスにお願いをする:「王座にお着きになるとき、この二人の息子が、一人はあなたの右に、もう一人は左に座れるとおっしゃってください。」キリストはその願いを、神の国での生活と、その他の暮らし方がどれほど違うのかを教える良い機会だと考えた。イエスは、

 

「あなたがたも知っているように、異邦人の間では支配者たちが民を 支配し、偉い人たちが権力を振るっている。しかし、あなたがたの間 では、そうであってはならない。あなたがたの中で偉くなりたい者は、皆に仕える者になり、いちばん上になりたい者は、皆の僕になりなさい。」

 

 これは、戦士が乗っているような強くて早い馬よりも、おとなしいロバを選ぶ人が言う事のように聞こえるだろうか。

 

 そして彼はエルサレムに向かうため、エリコを通り、旅を続ける(マタイ 20:29-34)。そこで、二人の目の不自由な男がとても深い意味を持っている名前でイエス様を呼んで助けを求める。「主よ、ダビデの子よ、わたしたちを憐れんでください。」

 

 イエスは立ち止まり、彼らに言う。「何をしてほしいのか。」

 

 彼らは「神よ、目が見えるようになりたいのです。」と答える。そしてイエスは彼らの目を見えるようにする。

 

 しかしこの話のポイントは、男達が神の癒しの愛を受けることだけではなく、イエスを「主よ、ダビデの子よ」と呼ぶことによって、イエスが誰であるかを表しているというところなのだ。彼らはイエスをメシア、イスラエルの一番偉大な王であったダビデの子孫、世の人々を救うために神に送られて来た人であるということを言っている。言い換えれば、彼らはイエスを王と呼んだ。当時、イスラエルの人々が大きな希望と望みを持ちながら、メシア、王が来てローマやその他の困難から救ってくれるのを待っている。その目の見えない男達の言葉を聞いた人々は、その深い意味を十分理解する事が出来た。

 

 この言葉は、危ない意味も含んでいる。それは、この特別な存在の唯一の指導者ではないにもかかわらず自分が王であると言う人がとんでもない嘘つき、偽預言者である。この文化のだれでもが知っていることだ。偽物の預言者に対する報いは、死だということを理解している。だからイエスが、ダビデの子と呼ばれたときに止めなかったのは、イエスがそうさせたのは、とても大きな事を意味している。ここで、イエスの沈黙は、言葉よりも多くを語っている。彼は沈黙のうちに、王などを意味する言葉を使うことを、人々に許可している。イエスは同じ事を、エルサレムを訪れることによってドラマチックに表している。

 

 イエスはそのドラマ、プレッシャーを持ち上げ、街に入って行く。そしてイエスはそれを意図的にやっている。福音書を書いた人たちはイエスはどう決まった種類の動物を連れてくるように弟子たちを派遣するか数節を使って教えてくれる。イエスは自分の与えたい象徴と言葉をとても慎重に選択している。王、神の子でなければ、国の宗教的な指導者がイエスが死刑されるように働きかけているのは正しい事である。イエスは時間をかけながら、しかし確実に、自分と出会う人々に選択肢は二つしかないということを明確にしていく。その選択肢は、イエスを王として受け入れるか、拒否するかのどちらか。それ以外の選択肢は与えられていない。キリストは事実上、「わたしを王にするか殺るか」と言っている。

 

 マルコ、ルカ、ヨハネでは、イエスが王としてエルサレムを訪れる過程が、大体同じように書かれている。訪れる以前や訪れた時だけではなく、その後もなお、イエスが王として統治した跡が残されている。それは四つの福音書を読めばわかる。読んでください。しかしマタイ21:12-14に書かれているように、イエスは怒り、神殿から人を出させる。イエスは王の権威を使い、ご自分の家である神殿を誤用している人々を追い出す。マタイは私たちに次のことを教える(21:15-17)。

 

祭司長たちや、律法学者たちは、イエスがなさった不思議な業を見、境内で子供たちまで叫んで、「ダビデの子にホザナ」と言うのを聞いて腹を立て、イエスに言った。「子供たちが何と言っているか、聞こえるか。」

 イエスは言われた。「聞こえる。あなたたちこそ、『幼子や乳飲み子の口に、あなたは賛美を歌わせた』という言葉をまだ読んだことがないのか。」(詩編8:2)

 

 この子供達の言葉は、イエスが王だという事を表している。イエスを「ダビデの子」と呼ぶ他に、「ホザナ」という言葉を使っている。これはそのまま「私たちを救ってください」という意味である。もちろんこの言葉は、信用できて自分を救ってくれる相手に対して使う。例えば、祭りで人前を通る偉い方を讃えるときに言う。これを簡単に言えば、「あなたは素晴らしい」などになる。人々はこれを、自分を助けてくれた、または、助けてくれるという確信がある人に対して使う。だから宗教的な指導者は、この言葉を聞くと不快になるのだ。彼らは、そうではないものに対して、王や神の子のような名前を使うのは悪い、そしてイエスが使わせるのは悪いと思っている。イエスはそうではないということを前提にしているからだ。

 

 また、9節で子供達はこうも言っている。「祝福あれ、主の御名によって来る人に」(詩編118:25-26からの引用)。そしてその直後、同じ詩編(27節)に、次のように書かれている。「祭壇の角のところまで/祭りのいけにえを綱でひいて行け。」イエスのパレードで人々がそのようにしている。イエスもその通りにしている。ご自分の首都に入る王がどこに行くでしょうか。宮殿に行く。王であるキリストはエルサレムに入り、当然まず「祭壇の角のところ」のある神殿に行く。歩き回り、大きな声で言葉を使って「私は王である」と言わないが、王であると行動を通して示している。その国の政治的な指導者が無視できるような形でしていない。わたしたちもイエスを真面目に捉えるなら無視できない。あなたの、わたしの、全ての人の王であると明らかに断言している。

 

2. キリストは謙虚で仕える王である。

 

 イエスがロバに乗ってエルサレムに入ることを通してゼカリヤ書9:9の予言が成就された。

 

娘エルサレムよ、歓呼の声をあげよ。見よ、あなたの王が来る。彼は神に従 い、勝利を与えられた者/高ぶることなく、ロバに乗って来る/雌ロバの子 であるロバに乗って。

 

 その次10節を見るとイエスがどのような王として来られているかがより分かる。神様が遣わしてくださるこの王は「戦車、・・・軍馬を絶つ。戦いの弓は絶たれ/諸国の民に平和が告げられる。」

 

 このような王として現れるイエスはメディアとの接し方をよく理解できていない人のように見える。ロバに乗る王は、PRの下手な王のように見えてしまう。

 

というのは、イエスの国の人は戦い、嫌なローマ人を蹴飛ばすリーダーが欲しいということである。「パレスチナを再び偉大な国にする」というスローガンのリーダーであれば、もっと従いたい、支えたいと思う人が増えるだろう。数日経たないうちにイエスを讃えている人たちの声はほとんど消えてしまう。どのような王がロバに乗って戦いに入るだろうか。いや、そのためであれば、軍馬、武器、訓練、政策等の戦争用意が必要だ。しかし、イエスが正反対のことを行っている。ロバは野菜を市場に運ぶことや、平和的なことをするために使う動物であるから力強く戦ってくれるリーダーが欲しい人の多い時にロバに乗る王はあまり魅力がないように見えてしまう。

 

 どのような王がロバに乗って戦いに入るのだろうか。戦いの時にやられてしまう王だろう。しかし、それこそはイエスが起こると前もって弟子たちに言っていることだ。イエスは意識的に十字架、そしてその後、空の墓に向かってまっすぐ進んでいる。イースター週間のできごとで、イエスは力のない被害者ではない。だれが物事を動かしているかを考えながら受難週の話をもう一度読むように勧めたいと思う。宗教的な支配者、パレスチナとローマの政治的な支配者が自分の手で力を握っていると思うが、イエスは、彼らが理解することも、止めることもできないことを行っている。王というのは、力や権威を持つものであり、イエスが全ての状態において自分なりに王として力を持ち、行動をしている。

 

 そしてロバに乗っている王であるということでわたしたちがイエスと共にどのような旅をするように招かれているかを分かることが沢山ある。ついて行ったら人生の戦いの全部に勝利し、健康、身の安全、金銭安全、人気、コネ、成功した人生をおくるための必要なものを全て持つことになるとどこにも約束していない。逆に忠実に従ったら、苦しみ、迫害等を体験することがあるとはっきり教えておられる。

 

 しかし、それは死を乗り越えるための唯一の道だ。空の墓への道は十字架経由だ。命への道は死を通る道だ。だからイエスは「わたしに従えば良い生活を送れる」という自分で守れない約束を使い、支援者を集めようとしているわけではない。人間の政治家がよくそのようにするがイエスはしない。それはわたしたちが一番必要としているのは強い首相とか大統領ではないと知っておられるからだ。王を必要としている。何よりも霊的な世界を支配する王だ。そして従っていくように呼びかけてくださる。そうしながら王ご自身のようにわたしたちも謙虚で仕える人となるように学ぶ。

 

3.あなたはどのようにして、あなたの王、キリストに応えるか。

 

 キリストは王である。キリストは謙遜で仕える王である。決まった事実として伝えるイエスだが、わたしたちがそのまま受け入れるだろうか。王であるという認識を十分し、その自覚に基づいた生き方にするか。それとも自分の人生を実際に違う風に送るようにするか。

 

 聖書に神がイエスの誕生の何百年前から預言者を通してご自分の子、メシアを王として支配するように送ってくださると約束してきた。その教えはイスラエルの伝統に深く根づき、よく知られている。しかし、イエスを遣わし、その通りにすると、ご自分の人の大部分は受け入れない姿勢を取る。王として認め、積極的に従い始める人が比較的に少ないのだ。この話のルカ19章のバージョンでイエスがエルサレムを見、涙を流す時に感じている深い悲しみはそこにあった。今日わたしたちがイエスを王として知りながら、自分の日々の生活を違う価値観に基づいて送るようにする時に、どのような気持ちを持っておられるだろうか。

 

 わたしたちがイエスに王と違う何かの役割を果たすようにして欲しい気持ちを抱くかもしれない。見上げることのできる模範か知恵をくれるアドバイザーや役に立つ情報をくれるコンサルタントや自分の目標を達成できるように支えてくれるライフコーチや友人や助手などとしていて欲しい気持ちが働いているかもしれない。けれどもその全部に対してイエスはノーと言っている。そのどちらもイエスの本当の存在よりも小さいのでイエスをそのどちらにしようとしても小さな存在にしようとすることになってしまう。その役割の中にイエスが果たしてくださるのがいろいろあるかもしれないが、王として受け入れないとその存在の大切な部分を否定することになってしまう。そのような条件付き関係をイエスは最終的に認めない。

 

 イエスを王ではなくて違う何かにしようとすることの間違いを例えば最近のアメリカ大統領選挙の予備選で見ていると思う。トランプ氏を支持している人の中に、クリスチャンがかなり多いと報道されている。行動によっても言葉によってもキリスト教の基本的な教えと衝突する人生を送っている人をクリスチャンが支持することは、どうしてありうるだろうか。支持している人の中にノンクリスチャンの方が多い。そして教会に通う習慣を守っているキリスト者の一番支持している候補者はトランプではない。それでもトランプ氏を支持している人の中に38%程度は毎週教会に通っている人だから、なぜ支持しているのか、理解するので苦しむ。

 

 その質問に答えようとしているクリスチャンの記者の一人はニューヨークタイムズのロス・ドウサットだ。3つの要素を注目している。1つは文化的クリスチャンでキリストご自身に対しての信仰をほとんどか全く持っていないが、自分はクリスチャンだと言う人が沢山いる。それでトランプ氏の移民者、女性、違う宗教を持っている人に対しての侮辱などを聞いても、宗教上で別に引っかからない。

 

 2つ目はアメリカが最近どれほど伝統的なキリスト教価値観に背を向けているかを見、パニックモードに入っている。自分のリーダーにも裏切られている意識もあるので、そんなにひどい世の中になっているのであれば、わたしたちのために戦うと言っている人が一番強くてタフなやつであれば、ノンクリスチャンであってもその人と繋がった方がいいと思っている。

 

 3つ目はトランプ氏が人気者になる前からでもキリスト教信仰は自分の国が

どこの国よりもいい、お金等が十分手に入っている、全面的に「良い人生」を

送ることができると保証してくれるものとして取られている。本当のキリスト教にない信念で、特にアメリカ的な異端であるが、そのような信仰に立っている人もいる。その結果の一つは、キリスト教は人を自分と違う民衆、ジェンダー、宗教等の人を憎むように導くものとして見られる。

 

 今日ここに立っているのは特にアメリカの政治を話すためではない。このような例をあげているのは、わたしたち皆が本当に王として信用されるはずのないものを王にしようとする誘惑に、どれほどおちいりやすいかを明確にするためだ。イエスを王として認めないなら、その代わりに何か違う人を、何かを第一にする傾向が強くなってくる。神が全ての必要なものを備えてくださることを信じないなら、その代わりに、政府や違う人か集団に不現実的に期待感を持って見ることになりやすい。

 

 またイエスを王として受け入れない姿勢を取るなら、その代わりに自分を王にしようとする傾向が強くなるかもしれない。問題は、王として効果的に働くだけの資格も能力も皆さんにも私にもない。自分にその不現実的な期待を置くことは間違いだともう気付いているなら、イエスに自分の人生の主導権を捧げる心の準備ができているかもしれない。主はわたしたちが自分を知っているよりもよく理解してくださり、わたしたちよりも良いご計画を、ひとりひとりのために建ててくださっている。

 

 だから、イエスがいるサレムに入った日の子供達といっしょに「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ」と心の中で言うように招く。「見よ、あなたの王があなたのところにお見えになる。」わたしたちがイエスを王とし、しっかりしたつながりを持ち、日々喜んで自由に仕えることができるように祈ろう。

 

 神様、あなたの御子に王として受け入れるか十字架に付けるかという厳しい決断に責められているわたしたちです。そのイエスを自分の王とすることにある自由と力を毎日もっともっと見出せるようにしてください。その結果、その知恵と愛に満ちた支配下にいて、いつもイエスに仕えることができるように助けてください。その尊い名前によって祈ります。アーメン。

 

References

Douthat, R. “Donald Trump’s Christian Soldiers.” The New York Times. Retrieved March 19, 2016 from http://www.nytimes.com/2016/03/10/opinion/campaign-stops/donald-trumps-christ ian-soldiers.html?_r=0

Keller, T. J. (March 2, 1997). “The King Is Come.” Redeemer Presbyterian Church. New York, New York, USA. Retrieved March 19, 2016 from http://www.gospelinlife.com/the-king-is- come-6487

Stedman, R. (June 1, 1975). “The King Is Coming.” Peninsula Bible Church. Palo Alto, California, USA. Retrieved March 19, 2016 from https://www.pbc.org/system/ message_files/4105/3322.mp3