"God in Our Arms"

ダウンロード
Christmas Servise(English) on December 20, 2015
Messenger: Pastor Jim Allison
message151220jim.mp3
MP3 オーディオファイル 42.4 MB

Colossians(コロサイ)1:15-20

 “God in Our Arms”

神を抱く

 

When I call the office at Hokusei Gakuen University and get put on hold, the melody I hear while waiting is of the song we often hear at the Christmas season, “What Child Is This?”  Today’s Bible reading does not have Mary, Joseph, shepherds, or wise men in it, so we may not think of it as being about Christmas.  But it gives deep, meaning-loaded answers to the question of who the Christ child was and is.  This is not so much the events of Christmas as the meaning of Christmas.  When you see who Jesus was sent into this world to be and what God’s purpose for this baby’s life was, you can understand the meaning of Christmas in a far deeper and more accurate way.  

 

The Christmas songs we hear and pictures in the decorations we see may lead us to think of Jesus as just a cute baby or a vague, general, almost meaningless symbol of “nice things” like peace and hope.  He is really far more than that.  Many Christians and even non-Christians live with vague belief in Jesus but little awareness that He is present and actively involved in our lives from day to day.  This morning’s reading can protect us from the danger of reducing Jesus to less than He really is and wants to be in our world, our city, our church, and our personal lives.    

 

The writer, Paul, is giving the answer to the question he asked on the road to Damascus when He first met the living Christ, “Who are you, Lord?”  Many Bible scholars think that Paul is quoting a hymn in vv. 15-20.  If so, we could say this is one of the first Christmas carols.    

 

You know how parents or grandparents with a cute newborn baby love to talk about him or her.  God is doing something like that here through Paul, telling us from an overflowing heart what His magnificent boy, Jesus, is like.  He is saying an amazing thing: when Mary held that baby in her arms, she was actually holding God.  Who would have thought such a thing possible?  

 

I think we can describe this picture of Christ as follows without doing too much damage in simplifying: He created the world, He is above all, and He reconciles all things.  Now let’s look at those one by one, and hopefully they’ll come into tighter focus for us.      

 

1. First, Christ created the world (vv. 15b-17a).  He made everything there is.  His life did not start when Mary became pregnant with Him.  That led to His entry into this world, but He was there from the beginning, as John 1 tells us. 

 

If I make a computer, I am not part of that computer.  The created and creator are not the same.  Our cultures may tell us that we can find happiness by creating our own identities, our own realities, our own worlds, in various senses.  But the Bible’s God says that these are roles that belong uniquely to Him.  

 

2. Second, Christ is above all (vv. 17b-19).  He is number one (far above everything).

 

That is one huge claim.  It covers so many things that we can easily get lost in it.  But Paul points to at least three specific things it means.  

 

2A. Christ holds all things together. That is, He sustains all things.  He does so now and will in a complete way in the future.  Put another way, He is the first to be raised from the dead.  He gives eternal life.

 

I think my family in the U.S. is seeing his happening now in the health crisis my 86-year-old father has had (which I’ve described recently).  As he has gone from the ICU to a normal hospital room and now a rehabilitation center with hope for going home sometime this month, my family has been praying and receiving support in prayer every day for the past several weeks.  Facing the reality that we could lose the person who has functioned as the pillar of the family for decades has been scary for us.  It has driven us back to a clear awareness of our need for God’s healing presence and a help that goes beyond what we can provide.  

 

This threat to our family seems to be bringing the members in the support system closer together.  We are seeing God’s help in very practical forms through the health care professionals working with him, the insurance system that pays for it, supportive friends in the community, and other ways.  All of these, we believe, are examples of God’s work to hold all things together.  Probably most valuable is the awareness that, even when we lose my father someday (hopefully not to these health challenges, not now), he will have a home with God waiting for him, in a far better place.  Knowing that he is in the reliable hands of a loving God with power to hold all things together is a great source of peace for us in a stressful time now.     

 

2B. Christ is the head of the church.

 

Later in 2:19 of this same letter, Paul writes about people who are full of spiritual pride and worship angels.  He says, “They aren't connected to the Head.  But the whole body grows from the Head.  The muscles and tendons hold the body together.  And God causes it to grow.”

 

Theology commonly held in Colossae at this time included the idea that there were hierarchies of angels, and a person had to work his/her way up from lower levels to higher ones and finally to God.  The Bible says, no, we have been given direct access to God through His Son’s coming to this world to save us.  When religions put too much emphasis on angels, demons, or other beings of any kind, they risk taking the focus off Christ, where it belongs.  

 

If we allow ourselves to be separated from Jesus Christ, living without a daily close connection to Him and His church, we become like arms, legs, etc. separated from the head and the rest of His body.  We call that amputation, or death.  That is not how the body was designed to work.  I’ve never cut the head off a chicken, but people who do that say that the bird’s body can actually run around for quite a while even after losing its head.  That can happen in churches and other groups, too.  It’s not a pretty thing to see.  

 

2C. Christ possessed the whole nature of God.  He was 100% God.  (He was also 100% human, the Bible teaches, though these verses focus on His divine nature.)

 

That is the understanding of Jesus that Christians hold.  But it may be easier for us to believe that Jesus was fully human.  We see Him in the Bible stories being tired, thirsty, humorous, angry, the whole range of normal human feelings.  It may take us longer to accept Him as fully divine, as it apparently did His disciples.  And He chose to show it before He said it, knowing that anyone can make a claim like that but to really back it up, you have to be telling the truth.  Yet in the end, that is the conclusion that the people who knew Jesus best came to: “He is Jesus the Son of God” (as Hebrews 4:14 says).  That is a claim that leaders of many world religions never even make, much less show to be true.

 

C. S. Lewis, the Oxford and Cambridge professor of the last century, wrote (pp. 157-158):

 

If you had gone to Buddha and asked him: ‘Are you the son of Brahma?’ he would have said, ‘My son, you are still in the vale of illusion.’ If you had gone to Socrates and asked, ‘Are you Zeus?’ he would have laughed at you. If you had gone to Mohammed and asked, ‘Are you Allah?’ he would first have rent his clothes and then cut your head off. If you had asked Confucius, ‘Are you Heaven?’ I think he would have probably replied, ‘Remarks which are not in accordance with nature are in bad taste.’ 

 

There may be something in us that is more comfortable thinking of Jesus just as, for example, (a) a cute baby symbolizing everything good or (b) a very kind and well-intentioned but not so politically and socially aware person or (c) a teacher who simply tried to bring the world great moral truth.  Again, Lewis comments (p. 158):

 

The idea of a great moral teacher saying what Christ said is out of the question. In my opinion, the only person who can say that sort of thing is either God or a complete lunatic . . . . We may note in passing that He was never regarded as a mere moral teacher. He did not produce that effect on any of the people who actually met him. He produced mainly three effects — Hatred — Terror — Adoration. There was no trace of people expressing mild approval.

 

3. Third, Christ reconciles all things (v. 20).  He makes peace.

 

We have already seen how He makes the most central peace, bringing back into right relationship with Himself fallen, sinful human beings through the cross.  That is the vertical peace of Christ.  But the horizontal peace between people and people is also deeply important to Him.  It breaks His heart to look at our world and see people hating and attacking and killing each other.  God did not make us so that we would do that with His beautiful creation of human life.  We feel keenly this year especially how badly our world needs peace.  We sense the great dangers that lie before us if we allow our nations to be pulled into the official and unofficial but just as real wars now spreading around the world.

 

We have never needed more than now to live under the leadership of the Prince of Peace, the Messiah who came to bring His Kingdom of shalom, the reign of the peace of God, into our lives.  We need just and lasting peace.  When Christ was born, there was peace, the Pax Romana brutally enforced by the military of Rome so that no one dared fight against it.  That is not peace with justice.  Before Jesus came as a baby, there were times of peace among God’s people, especially when good kings led Israel as He taught them.  But these times did not last.  People chose to go their own way and not God’s.  We see the same patterns of human behavior around us today.  So one key part of our gathering here at Christmas worship this year is to pray for peace.  We ask God to protect all our world from the evils of war and help us know how to be tools He uses for peace.  In that way we will come to know the Christ of Christmas more and more deeply as we join Him in the work He came to this world to do.    

 

To summarize, today we celebrate the Christmas event of God’s sending His Son, the Christ, into our world.  The baby that Mary held in the Bethlehem stable was, incredibly enough, one with God Himself.  Jesus had to be God to do what He did.  If He is not God, you and I don’t have a Savior.

 

So let’s not reduce Christ to a cute little baby, a kind but ill-informed man, a great moral teacher, or anything else.  You need more than that to have a reliable guide to your life.  You need more power than that to live your life well.  Our world needs more than that to have real peace.    

 

Jesus is the Son of God.  If you don’t see this, you don’t get Christmas.  His birth set in motion a process, but it didn’t end when the wise men went back to their homes.  God tells where it is leading, and it continues forever.  When the end of time comes and God’s people are taken to live with Him forever in heaven, we will still be singing about the baby born in Bethlehem.  We will not be singing just with our own people but with people from across the world of every nation, tribe, and tongue, brought together to live in God’s peace.  We will sing (Rev. 5:13), “May praise and honor for ever and ever be given to the One who sits on the throne and to the Lamb! Give them glory and power for ever and ever!” 

 

Amen.  Will you pray with me?

 

God, you gave us a truly great gift in sending your only Son, Jesus, into our world to save us and help us live in your peace.  Help us not to waste that priceless sign of your love by failing to appreciate all that it means.  Enable us to live like people with the joy and hope of knowing we have a Savior.  Help us not to be satisfied with the shallow and temporary joys of this season that cannot give us the deep and lasting richness of life that we need.  Because your Son has come into our world and our individual lives, make us people who dream big and love deeply and know what it means to hold your Son in our hearts as Mary held Him in her arms long ago.  Help us celebrate from our hearts the gift of life together with you.  In Christ’s name we pray, amen.    

 

References

 

Keller, T. (December 17, 1995). “Jesus, Our God.” Redeemer Presbyterian Church, New York City. Retrieved November 17, 2015 from http://www.gospelinlife.com/jesus-our-god-6409

Lewis, C. S. (1970). God in the Dock: Essays on Theology and Ethics. Grand Rapids, Michigan: Eerdmans Publishing.

Stedman, R. (December 13, 1986). “Master of the Universe.” Peninsula Bible Church, Palo Alto, California. Retrieved November 23, 2015 from https://www.pbc.org/system/message_files/5044/4021.mp3

Stedman, R. (December 20, 1986). “The Reason for the Season.” Peninsula Bible Church, Palo Alto, California. Retrieved December 2, 2015 from https://www.pbc.org/system/message_files/5048/4022.mp3   

 

「神を抱く」(コロサイ1:15-20)

 

 北星学園大学に電話をかけて、待たされると、受話器から聞こえる音楽はクリスマスに良く聞く、あの馴染みのある「御使い歌いて」(英語名では「この子は誰だろう」)です。今日の聖書の朗読箇所にはマリア、ヨセフ、羊飼いや博士たちは登場していないので、クリスマスとは関係がない箇所と思われるかも知れません。しかし、幼子イエスは誰だったのかという疑問に対しては、意味深い答えを与えてくれます。出来事としてのクリスマスと言うよりは、クリスマスの意味について語っています。イエスがどのような人物となるためこの世に送られたのか、神が用意した、この赤子の人生の目的が分かるとき、クリスマスの意味をずうっと深く、より正確に理解できるのです。

 

 街でクリスマスの音楽を聞き、飾りにある絵などから判断すると、イエスは単に可愛い赤ちゃんで、曖昧でほぼ無意味な、「単なる素敵なシンボル」だと想像してしまいます。ちょうど「平和」や「希望」と言う言葉が、素敵だけれども、よく無意味なものになってしまうように。しかし彼は、そんなちっぽけなものではありません。多くのクリスチャンや、そうでない人々も、ぼんやりとイエスのことを信じて生活していますが、今日も、日々、積極的に我々の人生に関わっているという意識は持たずにいます。今日朗読した箇所は、イエスが実際よりも弱い存在にされる危険を防ぐことに有効です。我々の住む世界で、街で、教会で、個人個人の人生において、イエスがどのような方なのかを思い出させてくれます。

 

 パウロはダマスカスへ向かう道で初めてキリストと出会ったとき「あなたはどなたですか?」と質問しました。この手紙の著者であるパウロは、この時その答えをもらうのです。多くの聖書学者は、15節から20節において、パウロが賛美歌を引用していると考えています。もしそうだとすると、これは最も古いクリスマスキャロルの一つだと言うことができます。

 

 生まれたばかりの赤ちゃんは可愛いので、両親や祖父母はその子の話をしたがります。神様もここで同じようなことをしているのです。イエスがどんなに素晴らしい子供かを、その溢れる気持ちをパウロの口を借りて表現しているのです。彼は驚くべきことを語っています:マリアが幼子を抱きかかえた時、実は神様を抱いていたのです。そんなことが可能になると考えた人はいるでしょうか。

 

 簡単に言うと以下のようになると言ってもいいでしょう。つまり、「キリストはこの世界を想像し、全てのものの上にあり、全てのものを調停する」と言えるのです。さて、この一つ一つを詳しく見てみましょう。

 

 1.まず第一に、キリストは世界を創造しました。彼は存在するもの全てを造りました。彼の命は、マリアが妊娠した時に始まったものではなく、それは、彼がこの世に存在するための方法だったのであり、ヨハネの1章にあるように、彼は宇宙の始めから存在しているのです。

 

 私が一台のコンピューターを作ると、私はそのコンピューターの一部ではないように、創造主と被創造物は別物です。我々の文明は、もし我々が自分自身の個性を自分で決めることが出来、周囲の現実を自分で創り出し、自分の世界を創り出すことができるならば幸福になれると言っているのではないでしょうか。しかし聖書の神は、それらの仕事は神の役割であると言っています。

 

2.二つ目に、キリストは全てのものの上にあります。彼は、ナンバーワンであり、全てのものを遥かに凌駕しています。

 

 これはものすごい主張です。全てのモノには、あらゆるものが含まれており、そのことを我々は本当に理解できるでしょうか。そこでパウロはより具体的なものを少なくとも三つ挙げています。

 

ア.      キリストが全てのものを機能させているというのです。つまり、全てのものが存在できるのは彼のお陰だというのです。現在もそうであり、将来も完璧にそうしてくれるのです。別言すると、まず最初に死から蘇ったのは彼であり、彼が永遠の命を与えるのです。

 

(最近私は父の病気に付いてお話ししましたが)私の86歳の父の健康状態が悪化し、まさに今、私のアメリカの家族は、このことを体験しています。集中治療室から普通の病室に移され、今度はリハビリテーションを行なう施設に入り、今は、今月中に家に戻れるという希望を持っています。この数週間私の家族は祈り、多くの人々の祈りのサポートを受けて来ました。何十年にも渡り家庭の大黒柱として機能して来た人を失う可能性に直面して、恐れを抱いてきました。このことから、神の癒しの力を感じましたし、我々には手の及ばないところがあり、神の助けが必要であることを痛感しました。

 

 この危機的状態が、私の家族の協力関係をより綿密なものにしてくれているようです。我々は具体的な形で神の御手を体験しています:父の治療に当たる専門医たち、その治療費を可能にしてくれる保険のシステム、支援してくれる友人たちのサークルなどを通して具体的に感じています。これらのものはうまく機能するように連携がとられていますが、これが神のなさる技の一例であると言えるでしょう。しかし、最も大切なことは、いつか父を失ったとしても、もっと良い場所が、神とともにある場所が用意されているとこを確信できることです。家族にとってストレスの高いこの時期、父が、全てのものを機能させている、愛する神の御手の中にあることを知ることで、大きな心の平安があるのです。

 

イ.      キリストは教会の頭である。

 

 この書簡の2:19でパウロは、霊的プライドの高い、天使を崇拝する人々について書いています。パウロは「彼らは頭と繋がっていない」と言っています。また、「体は頭とつながって成長し、筋肉と健が体をつなぎ、神がその成長を促す」と言っています。

 

 書簡が書かれた頃のコロサイでは、天使には階級があり、一番上にいる神に至るには、階級の低い天使から段々上に上がって行かなければならないという神学があったようです。聖書は明確にこれを否定しています。独り子が我々のところまで降りて来てくれたのだから、我々は直接神と話ができるのです。宗教が天使や悪魔など他の霊的存在を強調すると、焦点がキリストからずれてしまう危険があります。

 

 我々をキリストから引き離してしまうものを許し、彼とのつながりや主にある教会から離れて生活するようになると、我々は頭から離れた腕や足のようになってしまいます。それは切断手術を受けた腕のようなもので、死を意味します。それは本来の体の機能ではありません。私はニワトリの頭を切り落としたことはありませんが、実践した人が言うには、頭を失った後、ニワトリは結構長いこと走り回るそうです。これは教会や他の組織でも起こりうることです。しかし見るに耐えないことです。

 

ウ.      キリストは神の本質(性質)の全てを持ち合わせていた。と言うことは、100%神であったということです。

 

 クリスチャンはこのようにイエスを理解しています。しかし我々にはイエスが完全に人間であったと言うことの方が信じ易いかもしれません。我々は聖書を通して彼が疲れ、のどが渇き、ユーモアがあり、怒ることがあるなど、全ての人間的感情を持っていたこと知っています。彼の弟子たちもイエスが100%神であることを受け入れるのに時間がかかったように、このことを受け入れるのに少々時間がかかるかもしれません。彼は自分の存在を明かす前に行動で示しました。「自分は神である」という主張は誰にでもできますが、言ってしまうと、後で証明しなければならなくなります。イエスを知っていた人々が最終的に達した結論は、(ヘブライ人への手紙4:14)にあるように「彼は神の子イエスだ」です。しかし、世界宗教のリーダー達はこの主張をすることはありません。ましてやこれが真実であると言うことは全くありません。

 

前の世紀の人ですが、オックスフォードとケンブリッジの教授だったC.S.LEWISが以下のように書いています。

もしあなたが仏陀の所に行って、「あなたは梵天のむすこですか?」と問えば、彼はこう言ったでしょう。「息子よ、あなたはまだ幻覚の谷にいる」。もし、ソクラテスのところに行って「あなたはゼウスですか?」と聞いたなら、彼はあなたのことを笑ったでしょう。もしモハメッドのところに行って、「あなたはアラーですか?」と聞いたなら、彼はまず自分の衣を裂いて、あなたの首を切り落としてしまったでしょう。もし、孔子に「あなたは天ですか?」と聞いたなら、彼はおそらくこう答えたでしょう。「自然の則りに反する言葉は趣味が悪い」。

 

 我々の中にはイエスを、善良さや親切心を象徴する可愛い赤ちゃんとして受け入れたいと思う所があるようです。善意に満ちあふれているが、政治や社会問題に立ち入る人物ではなく、道徳的真実を伝えに来た人物として受け入れたいと考える傾向があるようです。その方が受け入れるのに簡単なのです。ルイスはさらにこんなことを言っています:

偉大な道徳教師は、絶対に、キリストのようなことを言いません。私の考えでは、イエスのようなことを言える人は、神か、人間の健全な心を害う幻想をわずらっている完全な狂人のどちらかです。ついでに言っておけば、イエスは一度として、単なる道徳教師と見なされたことはありません。実際にイエスに会った人は、そのような印象は受けませんでした。彼が引き起こした感情は主に、憎しみ、恐れ、賛美-------この三つでした。穏健な賛同をし

 

 

 

第三の点は、キリストは全てを調停し、和解をもたらす(v20)彼は平和をもたらすのです。

 

 我々はイエスが根本的なところで平和を創り出すことを見て来ました。堕落した罪深い者が十字架を通して、イエスとの関係を修復できるようにしています。 これは人間と神の間における縦の和解です。しかし、人間と人間の間における横の平和も彼にとってとても重要なのです。我々の世界で人々が憎しみ合い、殺し合うのを見ることは、彼の心が引き裂かれる思いなのです。人の命は神が創造した素晴らしいもので、これを破壊し合うことは、神が人間を創造した意図ではありません。今年は、特に、世界に平和が必要であると感じられます。世界では公式、非公式な戦争が拡大しています。もし我々の国が巻き込まれるような事態になれば、危険は現実のものとなりますが、その緊迫感を我々は感じています。

 

「平和の君」のリーダーシップのもとで暮らして行く必要性を今ほど強く感じた時はなかったのではないでしょうか。平安の御国をもたらすために来たメシア、平和の君の支配のもとに生活する必要を感じています。我々は公正で永続する平和を望んでいいます。キリストが生まれた時、ある種の平和がありました。ローマ帝国による平和が、ローマの軍隊によって押し付けられ、これに抵抗する者はいませんでした。しかしこれは正義ある平和ではありませんでした。イエスが赤子としてこの世に来る前、神の民の間には平和がある時期がありました。神の教えに従う善良な王達がイスラエルを導いていたときです。しかしそれは長くは続きませんでした。人々は神の導きではなく、自分たちのやりたいようにするからです。今日同じような行動パターンが見られます。というわけで、今年のクリスマス礼拝における重要な部分は、平和のための祈りです。世界が戦争から守られるように、我々が平和のために役立つことができるように神に祈ります。彼がこの世に来た理由の仕事を我々も手伝うことができれば、クリスマスにおけるキリストの意味がより深く理解できるようになります。

 

 要約すると、クリスマスを祝うということは、神が独り子イエスを我々の住む世界に送って下さったというその出来事を祝うということです。マリアがベツレヘムの馬小屋で抱いた子は、まさに神様だったのです。彼がなさったことを見ると実に神様であったことが分かります。彼が神でなければ、我々には救い主はいないことになります。

 

 キリストを単なる可愛い赤ちゃん、親切だが無知な男、偉大なる道徳教師にしてしまうことはやめましょう。信頼のおける人生のガイドとして、そのような存在では足りません。世界に本当の平和をもたらすためには、やはりそのような存在では足りません。

 

 イエスは神の子です。このことが分からなければクリスマスの意味を理解していないことになります。イエスの誕生によりあるプロセスが始まりましたが、それは東方の博士達がそれぞれの故郷に帰っても終わりませんでした。神はこれがどこへ続いていくのか語っており、それは終わることはありません。この世の終わりが来て、神の民が天国に召された後でも、ベツレヘムで生まれた赤ちゃんの歌を唱っていることでしょう。同じ人種の人々とだけではなく、世界中の国々の人々、全ての部族、あらゆる言語の人々、神の平和の下で暮らすために集められた全ての人々と唱っていることでしょう。(ヨハネの黙示録5:13

「玉座に座っておられる方と小羊とに、

 賛美、誉れ、栄光、そして権力が、

 世々限りなくありますように」

 

私とともに祈って下さい:

神様、あなたは、我々を救い、あなたの平和の下に暮らすことができるようにあなたの独り子をこの世にお送りくださいました。このように誠にすばらしい贈り物をくださいました。このように貴重なあなたの愛の証をしっかりと理解し無駄にしないように助けたまえ。救い主を持つことを知る者の喜びと希望を生きることができるように助けたまえ。シーズン限りの表面的で、はかない喜びで満足することがありませんように。それでは我々が必要とする深く永続する豊かさは得られないからです。あなたの独り子がこの世に来て、我々の人生にも来てくれましたから、我々は大胆に夢を見て、深く愛し、マリアが昔したように、あなたの独り子を我々の心に抱くことの意味をお教えてください。この命の贈り物を心から、貴方とともに祝うことができますように。キリストの名前によって祈ります。